2017年03月18日

リアムのバースデイ

2017.03.18.01.jpg
今日はリアムの7歳のバースデイを祝って、Fun HouseというAdventure Play and Party Centreで、パーティー。
設備が整っているので、今日のように外が雨でも、子供たちが思いっきり遊べる。
2017.03.18.02.jpg
子供たち用のパーティールームでケーキを切る。
2017.03.18.03.jpg
夕方5時の閉館近くなっても子供たちはなかなか帰ろうとせず、汗だくで走り回っていた。
下は、カラフルなボールの中でもがいて遊んでいるソフィア。
2017.03.18.04.jpg
posted by Tats at 21:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年03月17日

まだまだ雨の日々

昨夜から風が強くなり、時折、横殴りの雨が激しく窓を叩いている。
こんな強風だと傘が役に立たない。小さな折りたたみ傘などは、すぐに裏返ってしまい、壊れてしまう。
昨日、ホームステイに来られた方も、寒い日本から逃れようとしてシドニーを選んだというのに、さぞガッカリされていることだろう。
明日は、リアムの誕生日会なので、少しは天気が良くなって欲しいものだ。
posted by Tats at 14:10| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2017年03月16日

リナーテ&アーヴィン宅でお茶

今日も雨が降ったり止んだりして、蒸し暑い一日。どうも今週末までずっとこんな鬱陶しい天気が続くようだ。
昼前、お向かいのリナーテ&アーヴィン宅でお茶。
ドイツから遊びに来ていたマリアンネが明日帰国するので、ちょっとしたお別れ会である。
リナーテ&アーヴィンは明後日からニュージーランドへクルーズに行く。
80歳を越えても元気でじっとしていない人たちだ(^^)。


posted by Tats at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年03月15日

Cancer Councilのランチの会

2017.03.15.01.jpg
昨日から晴れたり曇ったり時々シャワーが降るという不安定な天気だ。
午後、マルーブラ・ビーチのクラブで、Cancer Councilのランチの会。
先月の会の時は日本にいたので、皆に会うのは二ヶ月ぶりだ。
ヘレンが話していたので、ぼくが叔父のお見舞いに日本へ行っていたことは皆知っていて、様子を聞いてくれた。
皆、ぼくの親や叔父叔母と同世代で、介護の経験もあるから話は尽きない。
2017.03.15.02.jpg
外に出ると、天気が回復してきれいな海と空が広がっていた。
遠くにコンテナを積んだ大きな船が見える。
ぼくの叔父も商船に乗って世界中を航海していた。
ナーシングホームのベッドで寝たきりの叔父は、今もその頃の夢を見ているかもしれない。
2017.03.15.03.jpg
posted by Tats at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2017年03月14日

日本人シェフによるディナーの会

2017.03.14.01.jpg
昨夜は、シドニーにいる日本人の若手シェフ3人が企画したディナーの会に行ってきた。
会場はNewtownの日本料理店「Shinmachi」。
この夜は完全予約制。6時の開店と同時に入店すると、カウンターから見えるキッチンで、皆が忙しそうに準備をしていた。
2017.03.14.02.jpg
店内はモダンな居酒屋といった雰囲気の内装だ。
2017.03.14.03.jpg
料理は、前菜・魚・肉・デザートの4コース。
カクテルが2杯ついて$50はなかなかのお値打ちである。
今のシドニーでこの値段でFine Diningをやれる店はないだろう。
2017.03.14.04.jpg
前菜はグリルした野菜。
香ばしく焼かれた野菜に加えて、3種類のソースと醤油味を付けた塩が美味しい。
欲を言えば、キノコは、味気のないマッシュルームではなく、シイタケにすればもっとよかっただろう。
2017.03.14.05.jpg
続いて、鯛とカニの皿。
鯛はちょっと火を入れすぎか? 中をもう少ししっとり仕上げてほしかった。
2017.03.14.06.jpg
メインは、豚の角煮とメニューには書いてあったのだが、角煮はナス田楽の上に、ほんの一欠乗っていただけで、主素材はどうみても牛肉だった。角煮が売り切れたのかも(^^)。
この料理もソースやペッパーがとても美味しい。
2017.03.14.07.jpg
最後のデザートは力作。
ココナッツ・ケーキとアイスクリームにチョコレートとラズベリーソース、どれも素晴らしい。
見た目を豪華にする効果はあるが、味にも香りにも貢献しない金箔は不用だと思うが。
2017.03.14.08.jpg
魚や肉のポーションが小さいのでインパクトが弱いとか、素材を盛り込みすぎて料理の焦点がぼけるとか、いろいろと改善点はあるだろうが、料理人たちは皆まだ若い。これからも応援してあげたい。
posted by Tats at 21:22| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2017年03月13日

ウイリアムのバースデイ・パーティー

2017.03.13.01.jpg
昨日はウイリアムの8歳の誕生日を祝って、アイス・スケート場でパーティー。
スケート・リンクの横にイス・テーブルを設置して、パーティーができるようになっている。
2017.03.13.02.jpg
子供たちはスケートの講習を受けたり、思い思いに滑って楽しんでいたが、
2017.03.13.03.jpg
ケーキを切る時間になると、ちゃんと席に戻ってくるのが不思議だ(^^)。
クリスとエリザベスが用意したバースデイ・ケーキは、スケートシューズをデザインしたチーズケーキで、子供たちは大喜び。
2017.03.13.04.jpg
3時間、とても楽しいバースデイ・パーティーだった。
posted by Tats at 21:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年03月12日

The Summer is back

2017.03.12.01.jpg
急に気温が上がり、今日も28℃くらいある。
海風が吹いて心地良く、まるでシドニーの爽やかな夏が戻ってきたようだ。
今日は午後からウイリアムのバースデイ・パーティに行く。
posted by Tats at 14:38| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2017年03月11日

5年目の福島

5年前の今日、東日本大震災が起こった。たくさんの人々が亡くなり、さらにたくさんの人々は避難所生活を余儀なくされ、破壊された原子力発電所からは、放射能が今も漏れ続けている。
http://edition.cnn.com/2016/03/08/asia/fukushima-five-year-anniversary/
ずっと忘れない、どころか、惨劇は今も目の前にある。昔の生活は戻ってこない。
斉藤和義が歌ったように「ずっとクソだったんだぜ それでも続ける気だ」とわかったら、どうすればいい?

平沢進が問う「日本のためより誰のため?」と。誰のために愚かなことを続けるつもりなのだろう?

遠藤ミチロウの「浪江」に描かれたように、「誰もいない町に日が落ちる」まで、続けるつもりか?
posted by Tats at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2017年03月10日

ヘレンとチェスターはクイーンズランドへ

2017.03.10.01.jpg
今日の午後の飛行機で、クイーンズランドへ行くヘレンとチェスターを空港へ送っていった。
クイーンズランドの家のメンテがあるので、ヘレンはまたシドニーと行ったり来たりが続く。
チェスターは自分の家の補修をしなければいけないし、仕事が山積みだ。
明後日はウイリアムの誕生日。昨日の夕方、一足先にヘレンのプレゼントを渡しに行った。
ヘレンはカーディガンと手袋を編んでやった。色はウイリアムのお気に入り、ブルーだ。
2017.03.10.02.jpg
posted by Tats at 21:28| Comment(3) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年03月09日

Premier's Gala Concert

2017.03.09.01.jpg
3月3日から12日まで「NSW Senior Week」というイヴェントが開催されている。
あちこちで、シニア向けのコンサート、映画やダンスがあり、博物館の入場料が無料になるという特典もある。
昨日は、「Premier's Gala Concert」という無料のコンサートを観に行ってきた。
会場は、ICC Sydney(International Convention Centre) Theatre。
Darling Harbourの再開発で造られて、去年オープンしたばかりだ。
Convention CentreとExhibition Centreに隣接した、巨大なコンプレックスだ。
2017.03.09.02.jpg
8千人も収容できる大型ホールなので、後ろの席からは、ステージ上のパフォーマーは豆粒のようにしか見えないが、大型スクリーンが設置されているので、様子がよくわかる。
2017.03.09.03.jpg
このコンサートは毎年聴きにきているが、ミュージシャンは一流で、音響も良く、1時間半、とても楽しめた。
2017.03.09.04.jpg
posted by Tats at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記