2017年11月15日

Cancer Councilのランチの会

2017.11.15.01.jpg
今日は25℃くらいまで上がったので、陽射しが強く感じる。湿度は低いので木陰に入ると涼しいのだが。
午後、Cancer Councilのランチの会なので、ナーシングホームへジョイスを迎えに行った。
ホームには、クリスマスのデコレーションが飾られ、華やかだ。
きれいに身支度を整えてもらったジョイスを車椅子に乗せ、近くのホテルのビストロへ、ゆっくりと押して歩いてゆく。
ジョイスは、大きな街路樹やきれいな花を目にするたび、感嘆の声をあげ、うれしそうにしていた。
101歳のジョイスと、あと何度この道をこうして歩けるだろう。
2017.11.15.02.jpg
posted by Tats at 20:22| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2017年11月14日

格安SIMカード

2017.11.14.01.jpg
この前買ったスマホには、Jeenee Mobileという会社の格安SIMカードを入れてある。
月額$9.90で、オーストラリア国内の電話とSMSは無制限という、オーストラリアで最安のSIMだ。
データは1GBまでだが、まあ、大丈夫だろう。
このスマホの内部にはDual SIM用にスロットが二つある。海外旅行する時には便利だ。
SIMカードを入れるときは、裏蓋を外さないと(いわゆる殻割り)いけないのが面倒だが。
2017.11.14.02.jpg
posted by Tats at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2017年11月13日

Newtown Festival

昨日の午後はNewtown Festivalを見に行ってきた。
天気の良い日曜日とあって、Newtownの駅を降りると、もう人でいっぱいだ。
2017.11.13.01.jpg
ゲートの前は長蛇の列ができていた。
2017.11.13.02.jpg
入口でバッグをチェックをされ、入場料の$5を払う。
2017.11.13.03.jpg
会場のCamperdown Memorial Rest Parkは広くて、普段は静かなのだが、今日は超満員だ。
2017.11.13.04.jpg
服やアクセサリー、陶器、鉢植えなど、たくさんのお店が出ている。
2017.11.13.05.jpg
食べ物も、パエリアからお好み焼きまで、各国の名物が揃っている。
2017.11.13.06.jpg
陽射しが強いので、人も犬も、大きな樹の下の木陰に集まって食べる。
2017.11.13.07.jpg
小さな子供たちから大人まで楽しめるよう、いろいろなアトラクションがある。
70年代風の衣装を借りて着飾って歌うカラオケから、
2017.11.13.08.jpg
たくさんの作家から話を聞けるWriters TentやSustainabilityのワークショップなど。
これはハチミツの採り方についてのレクチャー。
2017.11.13.09.jpg
音楽も、あちこちにステージが設けられ、ヒップホップからハードコアパンクまで、一日中楽しめる。
2017.11.13.10.jpg
ぼくのお目当てはメイン・ステージに登場したThe Crooked Fiddle Band。
オーストラリアで大好きなバンドの一つだ。
2017.11.13.11.jpg
ゴリゴリのヴァイオリンとドタバタのドラムがとてもウルサイのだが、クラシックもロックもジプシーもケルティックも好きなら、こう演るしかないと納得する。
2017.11.13.12.jpg
お馴染みの「The Rom Rebellion」から

「Vanishing Shapes of a Better World」も演ってくれて、大満足である。
posted by Tats at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2017年11月12日

Vaucluse

2017.11.12.01.jpg
今日は最高気温は23℃くらいだったが、陽射しが強く、かなり暑く感じた。
午前中、ホームステイしている方を、Bondi BeachからVaucluse, Watsons Bayへ連れて行ってあげた。
丘の上にある灯台からThe Gapと呼ばれる断崖絶壁の辺りを散歩していたら、日当たりがいいので、汗だくになった。
2017.11.12.02.jpg
posted by Tats at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2017年11月11日

61年の移住記念日

2017.11.11.01.jpg
今日も爽やかな良い天気でうれしい。
午後、お向かいのリナーテ&アーヴィン宅でアフタヌーンティー。
今日は、リナーテ&アーヴィンが61年前にオーストラリアへ移住してきた記念日なのだ。
オーストリアからイタリアを経て、船でメルボルンに着き、ウドンガという田舎町にある、移住者向けの小さなアパートメントに移り住んだ。
それから61年、今もまだ健在の二人を祝って、シャンパンとブランディーを開け、杯を重ねた。
2017.11.11.02.jpg
そして、もう一人のお祝いは、100歳になったリーン。
彼女は今もRose Bayの家で暮らしている。
ぼくらの名前はもう忘れてしまったけれど、昔の歌はたくさん憶えていて、歌ってくれた。
2017.11.11.03.jpg
posted by Tats at 21:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年11月10日

携帯電話を買った

2017.11.10.01.jpg
ついに携帯電話を買ってしまった。
「Homtom HT37 Pro」という聞いたこともないメーカーのモデルだ。
中国からの送料込みでAU$114(約1万円)という激安スマホである。
youtubeでレヴューを探しても中国人やロシア人くらいしか買っていないようで、当然オーストラリアでは売られていない。
画面は5.0inch、OSはAndroid 7.0、メモリー3GB、ストレージ 32GB、指紋認証センサーも付いているので、機能としては十分だ。
2017.11.10.02.jpg
日本で仕事をしていたときは携帯電話が必要だったが、2001年にシドニーへ来てからは、ずっと持っていなかった。
ヘレンが携帯を持っているし、いつもほとんど一緒に行動しているから、まあなくてもいいか、と思っていたのだ。だが、ヘレンがクイーンズランドの家とこちらを行ったり来たりがすることが増えたので、頼れなくなってきた。
それに、銀行は携帯電話にセキュリティ・コードを送ってくるし、携帯電話の番号を入力しないと先へ進めないサイトとかもある。
どうも今時は携帯を持っていないと、マトモな社会人扱いされないような感じなのだ。
家族や友人から、今おまえはどこにいるんだ?と文句が来るし(^^;)。
しょうがない、そろそろ潮時かなと思って、スマホを持つことにした。
とりあえず、充電して、基本的な設定をしたが、まだよく使い方がわからないので、いじりまわしているところである。
posted by Tats at 21:19| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2017年11月09日

初夏の海

2017.11.09.01.jpg
今日も晴れて良い天気だったが、湿度が低いのでしのぎやすい。
それでも日当たりのいいビーチ沿いを歩くと汗ばむほどの陽気だった。
今朝、北海道からホームステイに来られた方も、日本とは正反対の気候に驚いておられた。
2017.11.09.02.jpg
posted by Tats at 20:32| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2017年11月08日

Clovelly Beach

2017.11.08.01.jpg
今日も快晴で、素晴らしい青空が広がっていた。気温は23℃くらいなので、爽やかで気持ちがいい。 
Clovelly Beachに行ってみたが、ちょうど滿汐で波が荒い。
コンクリートのプラットフォームの上まで波が押し寄せていたので、泳ぐのは諦めた。
2017.11.08.02.jpg
posted by Tats at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2017年11月07日

Bondi Beach

2017.11.07.01.jpg
今日は快晴で、風もあり、絶好の洗濯日和。天気が悪くてできなかった洗濯物を片付けた。
午後、ボンダイ・ビーチへ行ったのだが、風が強くて、吹き飛ばされそうになった。
ビーチの端にあるプールにも、高波が押し寄せていた。
2017.11.07.02.jpg
posted by Tats at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2017年11月06日

ヘレンとチェスターはクイーンズランドへ

今日は雨の後、時々晴れたり曇ったりしたあげく、強風が吹いて、肌寒い。
今朝、ヘレンとチェスターはクイーンズランドへ向かって出発した。
ぼくはまたしばらくシドニーで留守番である。いろいろと向こうで用事があるのでしかたがない。
ヘレンは貸している家の様子を定期的に見に行かなければならないし、チェスターは先月、自分の家の改装をほとんど終え、部屋の借り手の募集をかけたら、何人か問い合わせがあり、その中の一人が、明後日、下見に来たいと言う。
良い借り手が見つかればいいが。
posted by Tats at 16:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち