2017年02月12日

雪がやんでくれた

奈良はまだ時折雪がちらつくが、ほぼやんでくれた。
最低気温は0℃前後なので、朝晩は冷え込んで、風が吹くととても寒い。
明日は叔父の故郷の三重県に行く。親戚や友人たちとも会えるので楽しみだ。
posted by Tats at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本でのこと

2017年02月11日

まだ声はガラガラ

この2日間、風邪薬を飲んで、外に出ないで、家で暖かくしていた。
喉の痛みは引いてきたが、声はまだガラガラだ。
雪もやんでくれたし、来週は叔父の郷里へ行く用事があるので、それまでには何とかして治したいものだ。
posted by Tats at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本でのこと

2017年02月09日

雪景色

2017.02.09.01.jpg
早朝から雪が降り始めた。
全国的に気温が下がり、雪が降っているところが多い。
ここ、奈良の平野部ではさほどでもないが、山の方ではかなり積もるだろう。
叔父の郷里を訪ねる予定だったが、すべてキャンセルして、来週に持ち越しである。
うっかりして風邪をひいてしまい、喉が痛くて、鼻水が出る。
今日は外に出ず、暖かくして家にいよう。
posted by Tats at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本でのこと

2017年02月07日

芦屋へ

今日は朝一で叔父叔母の様子を見に行き、それから芦屋に住む親族を訪ねてきた。
夜まで飲み食いさせてもらい、一年ぶりに会う親族と楽しいおしゃべりをした。
途中、ちょうどヘレンもポールの家へ夕食に行っていたので、スカイプでシドニーと芦屋をつなぎ、皆で話をした。離れていても顏が見えるのはいいものだ。
posted by Tats at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本でのこと

2017年02月06日

叔父・叔母の家の片付け

P1280221.jpg
今日は朝から妹と二人で神戸にある叔父・叔母の家に行ってきた。
人が住まなくなった家はすぐに痛んでくる。
窓を開けて空気を入れ替え、水道の水を流して配管が詰まらないようにする。
引っ越しの時に残してきた物を整理したりした。
P1280218.jpg
叔父が大事に育てていた鉢植えは残念ながらすべて枯れてしまって悲しい。
夏には美しい花が満開のシンピジウムでリヴィングが埋め尽くされていたのに。
P1280194.jpg
posted by Tats at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本でのこと

2017年02月05日

叔父と叔母の容態

P1280132.jpg
叔父は嚥下がうまくいかないので、水も含めて、とろみをつけたゼりー状の食べ物しか受け付けない。
今日は昨日より具合が良いようなので、一時間ほど、ベッドから車椅子に移動し、上体を起こした状態でTVの前に座らせた。
意味のある会話はほとんど成立しないので、TVをぼんやり見ながら、時々、ゼリー状の食べ物を、ベビーに食べさせるように、スプーンでほんの少しずつ口に運んでやる。一時にたくさん口に入れると呑み込めず、気管に入ってしまうので注意が必要だ。
それでも昨日より確実に体力が回復している様子を見てうれしかった。
P1280122.jpg
叔母は去年から車椅子生活だが、ホームに入ってから食事や入浴などの生活が安定したせいか、ずっと健康になった。
デイケア・サービスなどで使う多目的ホールに自宅から持ってきたピアノを設置したので、妹が叔母の車椅子を押してピアノを弾きに連れて行ってやれる。
ブルグミュラーの練習曲を、ぼろぼろになった楽譜を見ながら、右手で弾き、左は妹が弾いて、二人で合奏していた。
posted by Tats at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本でのこと

2017年02月04日

叔父のお見舞い

P1280003.jpg
シドニーからシンガポール経由で関空に飛び、奈良の実家に昼近くに着いた。
気温は5℃くらいまで下がったようだが、幸い天気が良く、陽射しが心地よかった。
午後、妹と一緒にナーシングホームに入っている叔父・叔母の様子を見に行った。
叔父の衰えぶりは想像以上で、言葉も不明瞭で何を言っているのかよくわからない。全身の筋肉が落ちて、悲しいほど細くなってしまった。
寝たきりで、ゼリー状の流動食を少し口にするだけだ。手を握りながら、そばにいることしかできない。
posted by Tats at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本でのこと