2017年03月24日

親子でホームステイ

今日も雨が降ったり止んだりの一日。
お昼近く、小さな子供二人を連れてホームステイに来られた方をお出迎え。
到着時、子供たちは眠そうで、ここはどこ?の様子だったが、すぐに落ち着いて、トトロを見たりしていた。
うちにはオモチャや絵本がたくさんころがっているので馴染みやすいのかも。
2017.03.24.01.jpg
posted by Tats at 21:09| Comment(2) | TrackBack(0) | ホームステイ

2016年05月08日

exホームステイと夕食

2016.05.08.01.jpg
昨夜は2ヶ月ほど前までホームステイしていた二人を招いて一緒に夕食。
二人の新しい生活や大学での様子を聞きながらの食事は賑やかで楽しい。
posted by Tats at 21:45| Comment(1) | TrackBack(0) | ホームステイ

2016年03月22日

ジャンベを聴く夜

2016.03.22.01.jpg
昨夜は以前うちにホームステイしていた人が遊びに来たので一緒に夕食。
一年間オーストラリアで過ごした彼はもうすぐ日本へ帰るそうだ。
彼はジャンベ奏者なので、食後にちょっと叩いてもらった。
やっぱりナマで聴くタイコの音はいいものだ。
2016.03.22.02.jpg
posted by Tats at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ホームステイ

2015年11月28日

昨夜の送別会

2015.11.28.01.jpg
昨夜はうちに長くホームステイしていた男の子の送別会で楽しい夜だった。
シドニー大学に交換留学生としてやってきた彼は、10ヶ月のハードな日程を終え、明日日本へ帰る。
彼が九州出身なので、夕食のメニューは少し甘くて濃い目の味にしてみた。
まずは宮崎名物のチキン南蛮を真似して作ってみた。これには、しば漬けを刻みこんだタルタルソースをかける。
牛肉は味噌に漬けてから焼いてスライスし、アヴォカドとクリームチーズのピュレの上に乗せ、さらに煮詰めたタレをかけるというコテコテの味である。
ご飯には明太子とワカメを混ぜ込んでみた。
サラダは九州風というのは思いつかなかったので、バルサミコ・ヴィネガー+オリーヴ・オイル+チェダー・チーズ+クルミというイタリア風のドレッシング。
まあイタリアもヨーロッパの九州みたいな位置づけということで(^^;)。
2015.11.28.02.jpg
デザートは、ファーンが作ってきてくれたラズベリーケーキにアイスクリームを添えて。
ファーンのケーキはいつもながらとても美味しい。男の子たちは皆おかわりしていた。
2015.11.28.03.jpg
posted by Tats at 21:26| Comment(2) | TrackBack(0) | ホームステイ

2015年10月19日

パンデイロを聴く

今日は少し涼しくなるとの予報だったが、午後からは晴れて気温も25℃くらいまで上がった。
その暑い中、庭で靴箱用の木材を切ったり磨いたりして、汗だくである。
夜、以前うちにホームステイしていた人が遊びに来て、一緒に夕食。
元気でやっているようでうれしい。
彼はミュージシャンの卵で、ジャンベ(アフリカのドラム)やパンデイロ(ブラジルのタンバリン)を演っている。
この日もちょっとだけパンデイロを披露してくれた。手と指の微妙な使い方で、様々な音が出せて面白い。
どんな楽器でもそうだが、目の前でナマで聴くのが一番いいものだ。
2015.10.19.01.jpg
posted by Tats at 20:28| Comment(2) | TrackBack(0) | ホームステイ

2015年04月09日

哲学者と料理人と音楽家

うちにホームステイに来られる人は女性が多い。大体3分の2は女性だ。
それがなぜか今ステイしているのは男性3人で、来月には知人の息子が来るのでまた男が増える。
今うちにステイしているのは哲学者と料理人と音楽家の卵たちで、それぞれ個性が違っていて、一緒に話をするのが楽しい。
彼らは皆若いのでまだその道で飯が食えるようなプロフェッショナルではないが、とてもチャレンジ精神にあふれていて好感が持てる。
親のカネでなんとなく英語学校に来て、ぶらぶら遊んでいる子も多いのだが、やっぱり「Boys, be ambitious」のほうがいい。
posted by Tats at 20:55| Comment(2) | TrackBack(0) | ホームステイ

2013年12月04日

デンマークからのお客

今日は27℃まで上がり、すっかり夏の気配。残念ながら明日の朝はシャワーが降って気温が下がるとか。
夜、ヘレンのお姉さんのロアスから紹介されたデンマーク人のカップルがステイに来た。
奥さんは英語が堪能で、晩御飯を食べながら、たくさん話をしてくれた。
二人はリタイアして時間ができたので、3ヶ月かけてオーストラリアとニュージーランドを旅して回っている途中だそうだ。
エアーズ・ロックから、ダーウィン、ケアンズとまわって、ケアンズからシドニーに向けて東海岸側をずっと車でドライヴし、あちこちでホームステイしながら南下してきた。
この後はキャンベラ、メルボルン、タスマニアへ行く予定だそうだ。
二人のホームタウンはデンマーク中心部の小さな町で、冬はマイナス20になるとのこと。なので、オーストラリアで過ごす暑いクリスマスに興味津々だそうだ。
普段あまり付き合いのない国の人からいろいろな話を聞けるのは楽しい。
posted by Tats at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ホームステイ

2013年02月11日

アメリカン・カップルが移動

昨日から雨で、今日もまる一日曇り時々シャワーで涼しい。
アメリカからホームステイに来ていたカップルが、次の住処を見つけたので、車に荷物を積んで送っていった。
クージー・ビーチのすぐそばのユニットの一室で、ビーチを望む絶好のロケーション。おまけにプールもある。
6週間だけという契約なので、また次の住処を探さなければならないが、夏を過ごすにはぴったりの場所だ。
二人はできればオーストラリアに永住したいという。オーストラリアでの新しい生活を、とても良い場所でスタートできると喜んでいた。
posted by Tats at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ホームステイ

2013年02月08日

しばらく満員御礼

今日からホームステイが増えて、またしばらく忙しくなる。
午後、アメリカから若い夫婦がホームステイにやってきた。彼は来月からUNSWの大学院に行き、彼女はヨーガの先生だそう。
テキサスから24時間かけて来たのでさすがに疲れた様子だ。
それから明日から来週にかけて、日本人が3人やってくる。
困ったことにエリザベス&クリスの新居の改装がまだ終わらず、うちで足止めをくっている。
ステイ客と重ならないよう、タイミング良く二人が引越しできればいいが。
posted by Tats at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ホームステイ

2012年12月29日

年末年始は満員御礼

2012122901.jpg
今日からホームステイが増えてくる。
昨日一昨日と急にステイ希望の問い合わせが入り、韓国人2人とオランダ人4人が来ることになった。最初は日本人二人だけの予定だったのだが。
この時期は皆、宿がなくて困っているのでしかたがない。
これで年末年始のステイ客は合計8人になる。犬3匹も面倒みなくてはならないので結構大変である。
上の写真はちょっと寂しそうなブーツ。
アナ&エイドリアンがニュージーランドへ遊びに行って今日で3日間、ようやくうちでの生活に慣れてきたが、やっぱり二人が恋しいらしい。
posted by Tats at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ホームステイ

2012年09月17日

また会おうね、T君

昨夜、以前うちにホームステイしていたT君が遊びに来くれたので、思い出話などしながら一緒に楽しい夕食。
彼は4年前に1ヶ月間ステイに来て、その翌年再度やって来てUNSWの大学院で研究生活を始めた。3年半でPh.Dを取るのは並大抵の努力ではできないが、頑張り屋の彼は今年で最終論文を仕上げ、日本へ帰ることになった。
もう早速10月から故郷の大学で教えることになっているので、これから講義の準備で大変だと笑っていた。なんと成田空港から大学ヘ直行するそうだ。
彼はうちに4ヶ月以上ステイしていた時も、論文の準備のため、ほとんど毎晩夜10時まで大学の図書館にこもっていた。うちで夕食を食べる時間があるのは週に一回くらいで、週末もほとんど学校に行っていた。
真面目で誠実な彼は、きっと良い先生になるだろう。いつか彼の教える大学へ訪ねて行きたいものだ。
posted by Tats at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ホームステイ

2012年08月01日

寒い夏のホームステイ

今日の夕方、うちに2週間ほどホームステイしていた17才の男の子が日本へ帰っていった。次の方が来るまで少し間があるので一休みできる。
ステイしていた男の子は高校3年生。夏休みを利用して、生まれて初めての海外旅行を自分一人で全部リサーチし手配してやってきた。好奇心旺盛で、きちんと話ができるとてもいい子だった。
毎日シドニーの見所を片っぱしから見て回り、クロナラ・ビーチでサーフィンをしたり、ブルーマウンテンにも電車で行ってきた。
エアーズロックにも行きたかったのだけど、18才以下は独りでツアー参加できないので諦めたそうだ。来年の春休みには友達と一緒にタイとカンボジアへ行く計画をしていると言う。
彼のように自分のやりたいことに正直な子を見ていると、こちらもうれしくなる。やっぱり人は、思っていることとやることの間に妙な屈折がなく素直なほうがいい。
今月中旬にステイに来る方はなんと15才の男の子で、やはり一人でやってくる。皆若いのに偉いものだ。
下旬には、UTS(University of Technology Sydney)の英語の夏期講習に参加する女の子がやってくる。
このUTSの特別英語コースには去年うちから4人の学生たちが通っていた。皆元気にしているかな?
夕食後、ダイニングに合宿みたいに仲良く集まって勉強していたのを、懐かしく思い出した。
ともあれ、今の時期は日本より気温が20℃も低いので、日本の夏にシドニーやメルボルンに来る人は防寒服をお忘れなく。
posted by Tats at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ホームステイ

2011年09月24日

「Sydney Essentilas」を付け加えました

昨夜から霧雨が降って、今日は最高気温18℃と、まるで冬に逆戻りしたようだ。明日もこんな天気だそうで、ちょっと冴えない週末である。
急に思いついて、ホームページwww.homestayinsydney.comの「Life in Sydney」のページに「Sydney Essentilas」というページを付け加えた。
「シドニーに来る前、そして暮らし始める時に、これだけは知っているといいこと」について書いてみた。リンク集みたいになってしまったが。
まあこういうのはシドニーにしばらく住んでいればいくらでも書けるのだが、長すぎても読むのが大変なので、これくらいでいいかな。
posted by Tats at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ホームステイ

2011年09月17日

少しずつお別れ

2011091701.jpg
今日は少し風はあるが暖かく、うちの中は25℃まで上がっていた。絶好の洗濯日和である。
今朝、うちにホームステイしていた二人が退居し、それぞれアデレードとケアンズへ移動していった。明日はもう二人が出ていくので、残りは一人だけ。急に静かになってしまう。
この5人はとてもいい子たちで、一緒に過ごしていて楽しかった。皆まだハタチそこそこなのでこれからいろいろな世界を見て廻って、またいつかシドニーへ来てくれるとうれしい。
posted by Tats at 15:49| Comment(2) | TrackBack(0) | ホームステイ

2011年09月07日

5人のホームステイ

今うちにはホームステイしている子たちが5人いて、夕食後は皆一緒にダイニングに集まって、パソコンをひろげ、ホームワークをしたり、週末の計画を練ったりしている。なんだか夏期講習の合宿みたいで微笑ましい。
4人は日本各地からやってきた大学生だが、シドニーでは同じ大学で3週間の英語のコースを取っている。
週末は皆で飲みに行ったり、昨夜はカラオケで歌いまくってきたそうだ。
うちにステイに来て、部屋に引きこもり状態になる人もいるが、彼らのように皆で楽しんでいる様子を見るとこちらもうれしくなる。
posted by Tats at 20:37| Comment(2) | TrackBack(0) | ホームステイ

2011年08月15日

ホームステイが増えてきた

今日からホームステイが一人増えて2人に。
今回はなぜか日本人ばかり集まって、月末には4人になる。夏休みを利用して英語の勉強に来る方が多い。
ステイが増えると何かと忙しいが、色々な人と話ができるのは楽しい。
posted by Tats at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ホームステイ

2011年06月09日

香港在住のK.S様へ

5月31日にホームステイのお問い合わせをいただいた香港在住のK.S様へ。
6月25日からのステイOKですので、よろしければおいでください。
5月31日に私の方から2度、6月3日以降にも何度かメールでお返事さしあげておりますが、もしまだ私のメールが受信できない可能性を鑑みて、このブログに記しておきます。
メールの送受信が不安定なようですので、ここのコメント欄に書いていただいたほうが確実かと思います。
K.S様がここを見られておられればいいのですが。
(尚、このエントリーは後日削除します)
posted by Tats at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ホームステイ

2011年06月06日

香港在住のK.S様へ

5月31日にホームステイのお問い合わせをいただいた香港在住のK.S様へ。
6月25日からのステイOKですので、よろしければおいでください。
5月31日に私の方から2度、6月3日にもメールでお返事さしあげておりますが、もしまだ私のメールが受信できない可能性を鑑みて、このブログに記しておきます。
メールの送受信が不安定なようですので、ここのコメント欄に書いていただいたほうが確実かと思います。
K.S様がここを見られておられればいいのですが。
(尚、このエントリーは後日削除します)
posted by Tats at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ホームステイ

2011年06月02日

香港在住のK.S様へ

5月31日にホームステイのお問い合わせをいただいた香港在住のK.S様へ。
6月25日からのステイOKですので、よろしければおいでください。
5月31日に私の方から2度メールでお返事さしあげておりますが、もしまだ私のメールが受信できない可能性を鑑みて、このブログに記しておきます。
K.S様がここを見られておられればいいのですが。
(尚、このエントリーは後日削除します)
posted by Tats at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ホームステイ

2011年03月06日

出戻りスイス人

以前うちにホームステイしていたスイス人の男の子が昨日ひょっこり訪ねてきた。今通っている英語学校のコースとケンブリッジの試験がもうすぐ終わるので、その後、スイスに居るお母さんを呼んで、シドニーとメルボルンを案内してあげたい、それで、数週間またうちにステイさせてほしいとのこと。
3月後半は日本人女性が一人ステイに来るだけで、まだまだ部屋には余裕がある。お母さんも一緒にステイに来るの? と聞いたら、お母さんはシティのいいホテルに泊まりたいそうだ。まあそのほうがお互い気楽なのだろう。
posted by Tats at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ホームステイ

2010年12月05日

豊かな社会で人は幸せか?

ホームステイを受け入れていると色々な国の人からナマの話が聞けて面白い。もちろんわざわざオーストラリアまで来るような人は特殊例だろうし、その人の個人的なバイアスがかかりすぎているかもしれない。それでも本やネットから得る情報とはリアリティが違う。
昨日もホームステイにきたスイス人のアレックスに興味深い話をたくさん聞かせてもらった。19才の彼はチューリッヒ郊外で生まれ育ち、スイス以外には住んだことがない。4人兄弟の末っ子で可愛がられて育ったが、親から離れて、何か自分一人でやってみたいとのこと。今はボンダイ・ジャンクションの英語学校に通っている。
彼はジャーマン・スイスで、第二言語はフランス語。英語もかなりできる。スイスには4つも公用語がある。ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語だが、圧倒的にドイツ語(ただしスイス訛り)が主流。彼によるとロマンシュ語はごく一部の山岳地帯でしか使われていないし、イタリア語も地域が限られるので、今は英語のほうが汎用性があるとのこと。パスポートも独・仏・伊・英の4ヶ国語表記だ。
スイスは今もEUに参加せず、ヨーロッパのど真ん中で大国に囲まれて孤高を貫いている。指標や調査者によって多少違いがあるが、一人当たりのGDPで、スイスは5位くらい。20位くらいの日本より遥かに豊かな生活を送っている。
スイス人にスイスの文化や社会について聞くと、皆、同じようなことを言う。一般的にスイス人は几帳面で清潔好き、保守的で人間関係のガードが固く、自分のテリトリーから出ようとしない。生活保護や社会保障が整っているため、まともに働かない人も多い。退屈を紛らわすため簡単にドラッグに手を出す。
そして、スイス人はあまりハッピーではないとアレックスは言う。どうして?と聞くと、たぶん恵まれすぎているから、という答え。
経済的に豊かで保障が行き届いた社会でも、それだけじゃ人は幸せになれないのだろうか? 何が足りないのか、何が過剰なのか?
posted by Tats at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ホームステイ

2010年06月26日

元気な子供たち

2010062601.jpg
今朝も曇り空だったが午後から少し晴れ間が出てきてうれしい。
うちには今ホームステイしている日本人の親子がいるのだが、あいにくの天気が続いていて残念だろう。
お母さんの方は英語も達者だし、以前シドニーに住んでいたので勝手知ったるものだが、もうすぐ5才になる女の子も、すっかりこちらの生活に馴染んだようで、オモチャで遊び、塗り絵をしたりしている。
どの子供もそうだが、チャーリーのことが大好きで、首の周りをもふもふ触ったり、夕食の残り物をあげるのを楽しみにしている。皆で一緒に外へ食べに行くと、チャーリーにお土産と言って、ポテト・フライを一つだけティッシュ・ペーパーに包んで持って帰ってきた。
昨夜は、夕食の後、ポールの家に遊びに行って、シエナと一緒に遊びまくっていた。今月末4才になるシエナとはちょうどいい遊び相手だ。二人の鬼ごっこに付き合わされて、ぼくもへとへとだったが、元気な子供と一緒にいるのは楽しいものだ。
posted by Tats at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ホームステイ

2010年05月01日

スイス人親子はもうすぐ帰国

今ホームステイしているスイス人の男の子のお父さんが昨夜フィジーから戻ってきた。いい色に日焼けして、ビーチライフを堪能してきたとのこと。すっかり涼しくなったシドニーの天気に驚いていた。
二人は来週月曜日にエアーズ・ロックを見に行き、その後、ケアンズ、バリと巡ってからスイスへ帰国する。
二人が退去した後、ぼくらはタムワースのファームへ行く予定。天気が良ければいいが。
posted by Tats at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ホームステイ

2010年04月15日

スイス人親子

今うちにステイしているスイス人の男の子の父親がタスマニア旅行から戻ってきた。
彼のお兄さんはボンダイ・ビーチのすぐ近くに住んでいる。息子をうちに置いて、兄弟でのんびりタスマニアをドライブしてきた。一人残されて毎日英語学校で勉強している男の子にとってはまったくヒドイ父親と叔父さんだ(^_^;)。
彼は来週はフィジーへ遊びに行き、5月の頭に息子と二人でエアーズロック、ケアンズ、バリと巡ってからスイスへ帰るとのこと。
二人とも毎日故国の奥さんや友人たちとSkypeで話している。寒さがぶり返して雪が降ったというスイスの人たちをうらやましがらせているようだ。
posted by Tats at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ホームステイ

2010年03月27日

親子連れホームステイ無事到着

心配していたステイの親子は昨日夕方5時過ぎにうちに来られた。
なんと関空で5時間待たされていたとのこと。4歳の男の子と8ヶ月の赤ん坊を連れて、夜中過ぎまで空港で過ごすのはさぞ大変だったろう。
男の子は初めての長旅で疲れてタクシーの中でも眠っていたそうだが、うちに入るとすぐにシエナと一緒に遊び始めた。さすがに子供は順応するのが早い。
せっかくの滞在が半日無駄になってかわいそうだが、ともあれ、無事に来られて良かった。
posted by Tats at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ホームステイ

2010年03月17日

スイスから来た父子

今朝、スイスから二人、ホームステイにやってきた。珍しいことに、父親と息子の組み合わせだ。
父親はぼくと同じ年である。息子がこちらで英語学校へ通っている間、自分はフィジーやメルボルンへ遊びに行くとのこと。
再度シドニーへ戻って、息子を迎え、それから二人でエアーズロックの辺りを旅してから帰国するそうだ。
長期休暇が取れるヨーロッパ人はうらやましい。
posted by Tats at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ホームステイ

2009年12月29日

楽しい年末年始を

2009122901.jpg
昨日までの雨模様とがらっと変わって、今日は気持ちの良い快晴。最高気温は24℃、カラッとしているので風が吹くと涼しい。
朝からドイツ人のカップル、オランダ人の女の子3人組(ドィッチェではなくダッチだった)、日本人夫婦が三々五々ホームステイにやってきた。
語学学校に通うような若い学生ではなく、インディペンデントなトラヴェラーなので受け入れるこちらも楽だ。皆、シドニーで楽しい年末年始を!
posted by Tats at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ホームステイ

2009年12月28日

ホームステイの準備

明日からホームステイが8人も来るので今日は一日中部屋の準備をしたり、食料の買出し。賑やかだったクリスマスの後、3日間の静かな日も今日で終わりだ。今回ステイに来るのはなぜかドイツ人と日本人ばかり。どんな人達か会うのが楽しみである。
あいにく昨夜からずっと雨で、最高気温も23℃くらいなので風に吹かれると肌寒い。そんな天気でも、チャーリーとタジーは散歩に行きたがる。タジーはびしょ濡れの芝生の上で転げまわって喜んでいる。濡れたモップみたいになった身体を拭いてやるのは大変なのだが。
posted by Tats at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ホームステイ

2009年08月13日

オーストラリアの魅力の一端

今うちにホームステイしている日本人カップルが1泊キャンプから戻ってきた。
南の方にあるビーチへ出かけて、キャンプ場でBBQを食べ、波の音を聞きながら寝袋にくるまって、満天の星の下で眠り、とても楽しかったとのこと。
こういうなんでもないようなことが実に楽しいのがオーストラリアの魅力だ。それを満喫されたようで、二人の話を聞いているだけでこちらもうれしい。
二人は明後日帰国してしまう。ぜひまたいつか戻って来てほしいものだ。
posted by Tats at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ホームステイ

2009年01月13日

Welcome back!

今朝日本から男性が一人ホームステイに来られた。彼は去年うちにステイしていて英語学校へ通っていた。年末年始に一旦帰国して、今年またシドニーに戻ってきた。
実は今もう一人日本人女性がステイしていて、彼女も数年前うちにホームステイしていた方で、次の居住地が見つかるまでの一時避難場所として泊まりにきている。
また来月にも日本人男性が出戻りでステイに来られる。以前にもステイした後でまた戻って来られた方が何人かいたが、今回はなぜか出戻り組みが重なって不思議だ。
posted by Tats at 20:40| Comment(2) | TrackBack(0) | ホームステイ