2020年05月23日

セシリア&ヴァル宅で夕食

昨夜は、セシリア&ヴァル宅で夕食。友人のジョーも来ていた。
可愛い犬が出迎えてくれたのでびっくり。セスの姪の犬を一日だけ預かっているとのこと。何度か泊まりに来ているとのことで、すっかり馴染んでいた。
2020.05.23.02s.jpg
再会を祝ってオイスターとシャンパンで乾杯。
セスの息子が経営しているフイッシュショップで買ってきてくれたばかりのオイスターはとても新鮮で、ミルキーで美味しい。
2020.05.23.01s.jpg
メインは、魚を二種類とイカを軽く揚げて、
2020.05.23.03s.jpg
デザートはアップルケーキ。
セスのケーキは甘すぎず、リンゴの酸味が味わえるので、とてもいい。
2020.05.23.04s.jpg
食後はRummikub(ラミキューブ)というボードゲームをして遊んだ。僕は初めてやったのだが、なかなか面白いゲームだ。
2020.05.23.05s.jpg
やはり、人と会って一緒に何かをするということは楽しい。
今回のロックダウンで、オンラインでやれること、と、対面でやることの意義や価値が再確認されたことと思う。
下は、僕らがゲームをしている横で、すっかりくつろいでいた、セスの姪の犬。
2020.05.23.06s.jpg
posted by Tats at 18:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年05月08日

ジョージ&ファーンとランチ

2020.05.08.01s.jpg
今日は友人のジョージ&ファーンをランチに呼んだ。
ランチなので軽めに、キッシュとサラダを作っておいた。
シドニーがロックダウンしてからまだ2ヶ月経っていないのだが、こうして、家に誰かを招いて一緒に食事ができるのは本当に嬉しい。そんな日々が当たり前だったことが、遥か昔のような感じがする。
先週金曜日から行動制限が少し緩くなって、大人二人とその子供たちは、他の家庭を訪問してもよいことになったので、これから少しずつsocial lifeを復活させてゆくつもりだ。
posted by Tats at 16:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年05月03日

ポール一家と夕食

2020.05.03.01s.jpg
今夜は、ポール家で夕食。
ロックダウン中はお互いに訪問できなかったので、久しぶりに一緒に食事ができて嬉しい。やっぱり一家団欒というのはいいな。
ソムがタイのグリーンカレーを作ってくれた。
スパゲッティーにかけて食べたのだが、これがなかなか美味しい。ご飯ではなく、パスタにも合うとわかった。
ポール一家に新しい猫が加わっていた。生後6ヶ月くらいのオスの子猫で、名前はストーム。
ポールの車の下で泣いていたのを一家総出で捕獲し、キャット・レスキューへ連れて行って、検査や予防注射をしてもらった。これで飼い猫は4匹になった。
プルートゥに似ているが、ストームの方がお腹の白い部分が多く、ヒゲもマツゲも白い。
2020.05.03.03s.jpg
野良だったので、人馴れしていない。ポールたちにも触らせてはくれるが、抱っこはさせてくれないとのこと。
夜は、ソファの隅でひっくり返って寝ているそうで可愛い。
2020.05.03.02s.jpg
posted by Tats at 21:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年04月23日

ヘレンの一周忌

2020.04.23.01s.jpg
今日はヘレンの一周忌。
朝から家族や友人たちが、電話やsmsでメッセージを送ってくれて、ありがたかった。
夜はポール一家が夕食を買って持ってきてくれた。誰かと一緒に食事をするのは久しぶりなのでうれしい。
一周忌にはうちでランチパーティーをする予定だったのだが、このコロナ騒ぎでキャンセルせざるを得ず、代わりにタムワースのファームに行こうかなとも思ったが、これも、不要不急の外出は禁止との行動制限に引っかかるので、やめにした。

この1年、なんとかやり過ごしてきた。
長いとか短いとかよりも、重たいと感じた1年だった。
去年は、ヘレンの他にも、叔母や好きなミュージシャン、尊敬する作家などが次々と亡くなった。
昨夜は、いろいろな思いに押しつぶされたようになって、よく眠れなかった。
ヘレンの写真と遺灰の前に置いてあるキャンドルに火をつけて、ぼんやり見ていると、涙がたらたらと流れてくる。
不思議なことに、悲しいと思う間もなく、身体が先に反応するのだ。

今夜は、なぜかNick Caveの歌が聞きたくなった。
ヘレンの生まれ故郷はメルボルンの西に2時間ほど行ったところにある。ニック・ケイヴはそこから北に3時間行った小さな田舎町で生まれた。
「From Her to Eternity」は、もう40年近く前の曲だが、このライヴはすごい。

「I Need You」で歌われる
-You're still in me, baby
-I need you
という思いはとても良くわかるな。
posted by Tats at 23:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年04月08日

アナの誕生日

2020.04.08.02s.jpg
今日はアナの40歳の誕生日。
先週末にアナの家でバースデイパーティーをやるはずだったのだが、コロナ騒ぎのせいで中止になって残念だった。
それでもネットを駆使して友人たちとオンラインでつなげ、楽しい誕生日だったようで良かった。
アナ一家が住んでいるのはキャンベラに近いので、もう10以下に下がって寒い。夜は暖炉を焚いているそうだ。
エイドリアンがせっせとチェインソーと斧をふるって薪割りをしているとのこと。
2020.04.08.03s.jpg
posted by Tats at 23:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年03月20日

リアムの誕生日祝い

2020.03.20.01s.jpg
昨夜は、リアムの10歳の誕生日を祝って、ポール一家と一緒に、ビーチ沿いのクラブへ夕食に行って来た。
話題はどうしても新型コロナウイルスの方へ流れていった。
学校は閉鎖になっていないので、働いている親にとってはありがたいが、感染する可能性が増えるのは心配だ。建築現場で働いているポールは、人との接触はそれほどないが、ソムの仕事は他人の家を訪問するので、新型コロナウイルスをやり取りしないよう、注意しているとのこと。
2020.03.20.02s.jpg
このクラブも、ウイルスの感染を防ぐため、屋内には100人以上は入れないようにしていたり、子供が食事する場所を分けてあった。
感染しても抵抗力の強い子供と、重篤化しやすい老人を、できるだけ接近させないという施策は良いと思う。
オーストラリアは日本よりもずっと気を使っているようだ。
2020.03.20.03s.jpg
食後はポールの家に移動し、皆でチョコレートケーキを切ってお祝い。
2020.03.20.06s.jpg
posted by Tats at 21:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年03月17日

リナーテ&アーヴィン宅で夕食

2020.03.17.01s.jpg
今夜はお向かいのリナーテ&アーヴィン宅が夕食に呼んでくれた。
ドイツから遊びに来ていたマリアンネが明日の飛行機で帰国することになったので、お別れ会。
彼女はもう少しオーストラリアに滞在するつもりだったのだが、この新型コロナウイルス騒ぎのため、帰国を早めた。
シドニー⇒ドバイ⇒ミュンヘンというルートで帰るのだが、ドイツの入国制限がこれ以上厳しくならないといいが、と心配していた。
2020.03.17.02s.jpg
posted by Tats at 20:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年03月12日

リナーテ&アーヴィンとお茶

2020.03.12.01s.jpg
今日は快晴で気持ちの良い一日。
気温も25℃くらいまでしか上がらなかったので、爽やかだ。
午後、お向いのリナーテ&アーヴィンとお茶。
二人は、しばらくクイーンズランドへ遊びに行っていて、帰ってきたところだ。
ゴールド・コーストから南へ移動し、バイロン・ベイまで下ってきたそうだ。
映画の仕事で、ゴールド・コーストに来ていた、トム・ハンクス夫妻が、二人共、新型コロナウイルスに感染していて、病院で隔離されたことを、昨日、公表した。
リナーテ&アーヴィンは大丈夫そうで、ほっとした。
posted by Tats at 17:31 | Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年03月08日

アナが日本旅行をキャンセル

次女のアナが、4月の日本旅行をキャンセルしたと連絡してきた。
今の日本の状況では、あと一ヶ月で新型コロナウイルスが終息するとは思えないからだ。
アナは4月に40歳になる。その記念に、以前から行きたかった日本を家族3人で旅するのをとても楽しみにしていた。
飛行機やホテルなど、全部手配済みだったので、キャンセル料がかかるが、仕方がない。
お向かいのリナーテも5月に日本へ旅行に行く予定だったが、こちらもキャンセルするかもしれないと言っている。
中国と韓国に続き、イタリア、イラン、アメリカでも感染が拡大している。
旅行・観光業界は壊滅的だろう。
ウイルス自体による人的被害もさることながら、各国とも経済的な打撃が大きい。
僕らが生きている地球は一つだ。同じ一つの地球で暮らしている。空気も水も人もつながっている。対岸の火事はこちらにもやってくる。
そのことを再度肝に銘じる良い機会かもしれない。
posted by Tats at 16:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年02月29日

ポール一家と夕食

2020.02.28.01s.jpg
昨夜はポール一家とチャイニーズレストランへ。
ここはもうすっかり顔馴染みになった。
たわいもない話をしながら、皆で一緒に食事をするのは楽しい。
2020.02.28.02s.jpg
食後、子供たちが公園で遊びたいと言うので、向かい側にあるプレイグラウンドへ。
夕焼けに染まり始めた雲がきれいだった。
2020.02.28.03s.jpg
posted by Tats at 17:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年02月26日

昨夜の集まり

2020.02.26.01s.jpg
昨日は、シティのチャイナタウンで日本人9人が集まって、夕方4時から夜10時ころまで、ずうっと飲み食いしながらおしゃべりしていた。
久しぶりの日本語での会話で、あっという間に時間が過ぎていた。
あれこれ悩みながらもいろいろなことに挑戦している若い人たちの話を聞くのは楽しい。
これからどうしようと悩んでいるのは僕も同じだが。
posted by Tats at 21:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年02月23日

10ヶ月目の月命日

ヘレンが逝ってしまってから今日で10ヶ月が過ぎた。
どう過ごそうかと思っていたが、うちに泊まりに来ていた友人が、ほぼ一日中外へ連れ出してくれた。
別の友人宅を訊ねたり、ビーチへ散歩に行ったりして楽しんだ。何より一人で食事をしなくてすんだのでありがたい。
下の写真は、2年前の今頃、タイへ旅行に出かけた時のもの。
それがヘレンとの最後の旅行になるとは思ってもみなかった。
2020.02.23.01s.jpg
posted by Tats at 21:29 | Comment(3) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年02月22日

セシリア宅で夕食

2020.02.22.01s.jpg
昨夜は友人のセシリアの家で、総勢7人が集まって夕食。
セシリアの息子はフィッシュ・ショップをやっているので、いつも良いモノを買ってきてくれる。
まずはオイスターから。刻んだ柑橘類を振りかけてある。
2020.02.22.02s.jpg
オイスターとキッシュを食べながらシャンパンを空けてから、裏庭のデッキへ移動してディナー。
2020.02.22.03s.jpg
メインはグリルしたエビとサーモン。
2種類作ってくれたサラダも美味しかった。
デザートは、リンゴとシュガー・プラムのケーキで、もうお腹いっぱいである。
2020.02.22.04s.jpg
posted by Tats at 17:06 | Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年02月21日

socialiseの一日

今日も晴れ時々曇りで、爽やかな風が吹き、気持ちがいい。
ヨーガのレッスンの後、友人のジョージ&ファーンとコーヒー。
午後、今うちにステイしているエミリーの両親が突然遊びに来た。
二人に会うのは4ヶ月ぶりくらいか。
明日、知り合いのバースデイ・パーティーに行くそうだ。
彼らの家はブッシュファイアーのために避難命令が出た地域にあるのだが、幸い家は無事で、今は火災も収まったとのことでよかった。
夜は、友人のセシリアが夕食に呼んでくれているので楽しみだ。
posted by Tats at 21:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年02月13日

ポール一家と夕食

2020.02.13.01s.jpg
昨夜は、ポール一家とチャイニーズ・レストランで夕食。
にぎやか子供たちと一緒の食事は楽しい。
ポールの奥さんのソムはソフィアを連れてタイへ里帰りしていたのだが、先週金曜日にシドニーへ帰ってきた。
タイでも新型コロナ・ウイルスの問題は大きく、バンコックなどの都市や観光地へは行かないようにしていたとのこと。
旧正月を祝うため中国からの人の行き来が激しい時期だったので、懸命な判断だったろう。
2020.02.13.02s.jpg
posted by Tats at 18:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年02月12日

友人たちとレバノン料理

2020.02.12.01s.jpg
昨夜は友人のジョージ&ファーンとレバノン料理を食べに行ってきた。
日本の炭火焼きの焼き鳥とそっくりなチキンの串焼き、ポークではなくラム肉のロール・キャベツ、カリフラワーのオーブン焼きなど、どれもスパイスやヨーグルトがきいていて美味しい。
一人$20くらいで収まる。
2020.02.12.02s.jpg
食事の後、ジョージ&ファーンの家に寄って、お茶とケーキをご馳走になった。
2020.02.12.03s.jpg
二人の猫のトフィーと会うのは久しぶりなので、最初は僕を見て、誰だっけなという顔をしていたが、
2020.02.12.04s.jpg
すぐに、すりすりして挨拶に来てくれたので嬉しい。
2020.02.12.05s.jpg
posted by Tats at 18:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年02月04日

友人宅でお茶

2020.02.04.01s.jpg
昨日の雨で、気温が一気に下がり、今日は最高気温が24℃と、涼しい一日。湿度も下がったので風に当たると肌寒く感じるほどだ。陽にあたりながら芝刈りをしていても気持ちがいい。
午後、友人宅へ遊びに行って、お茶を飲んできた。
彼はリサーチャーで、このところ仕事が忙しく、長時間パソコンでタイプしていたので、右肩から上腕にかけて、ひどい痛みに悩んでいるとのこと。
パソコン作業をしばらく控えれば治るのだろうが、締切があるのでそうもいかない。
大学生の息子に肩を揉んでもらっているお父さん。
2020.02.04.02s.jpg
posted by Tats at 20:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年02月02日

アナ一家が帰っていった

今日は一日、曇って蒸し暑かったが、夕方、雷が鳴り始め、雨が降ってきた。おかげで少し気温が下がってくれてほっとした。
午後、アナ&エイドリアンがエリーを連れて帰路についた。こうして時々遊びに来てくれるのは嬉しい。
下は、初めて見るいろいろなおもちゃに興味津々のエリー。ヘレンが集めてきたおもちゃは40年モノだが、まだまだ現役だ。
2020.02.02.01s.jpg
posted by Tats at 16:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年02月01日

真夏の動物園

今日のシドニーは35℃、キャンベラは43℃、シドニーの内陸部も軒並み40℃を越えた。湿度が高いので、まるで赤道直下の熱帯の国にいるようだ。
朝一で、アナ&エイドリアンの車でエリーを連れて、Taronga Zooへ。モニーク一家と待ち合わせ、大人5人、子供3人で、園内を見て回った。
2020.02.01.01s.jpg
この動物園へ来るのは久しぶりだが、以前と変わらず、メンテが良く、アトラクションが面白い。大人も子供も丸一日楽しめるように工夫されている。入園料は、オンラインで買うと大人$44.10、60歳以上$35.10、とそれなりにするが、その価値はある。東京ディズニーランドのチケットが8,200円もすることに比べたら安いものだ。広い園内に世界各地の動物たちが集められていて、大きな樹々やピクニックエリアもあるので、丸一日楽しめる。
2020.02.01.02s.jpg
食べる時の横顔が可愛いゾウ。
2020.02.01.07s.jpg
子供たちに大人気のシールズのショー。
2020.02.01.09s.jpg
午後、あまりの暑さに、カピバラも
2020.02.01.10s.jpg
トラも水につかって涼を取っていた。
2020.02.01.11s.jpg
子供たちも顔が真っ赤なので、そろそろ引き上げることに。
近くのBalmoral Beachへ泳ぎに行ってクールダウンしてきた。
2020.02.01.12s.jpg
posted by Tats at 18:07 | Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年01月29日

さようならブーツ

2020.01.29.01s.jpg
アナ&エイドリアンの犬、ブーツが逝ってしまった。
昨夜、アナが泣きながら電話してきた。
ブーツの容態が悪いことはしばらく前から聞いていた。
食欲がなく下痢が続くので、検査をしたところ、前立腺ガンが見つかったのは、4ヶ月ほど前のことだ。
しばらくは薬でなんとか持っていたが、肝臓や腎臓へ転移したようで、この2ヶ月で体重が10キロ近く落ち、とうとう起き上がれなくなった。
やせ細ったブーツの身体を見ながら、獣医に電話をするのがどれほど辛かったか、僕にもよくわかる。

大きな犬はたいていそうだが、ブーツも子供たちに優しく、一緒に遊んでくれた。
2020.01.29.02s.jpg
下の写真のヘレンもチャーリーもタジーもブーツももういない。
見るのが辛い写真が増えていくのは悲しいものだ。
2020.01.29.03s.jpg
posted by Tats at 17:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年01月26日

お向かいさんで夕食

2020.01.26.04s.jpg
昨夜は、お向かいのリナーテ&アーヴィン宅に友人たちと集まって夕食。
三重県菰野市(こもの)に住む遠縁のゆうちゃんが作っているハムやソーセージを持って帰ってきたので、皆に振る舞った。
冷たいままで出せるハムや燻製はリナーテがスライスしてきれいに盛り付けてくれた。
2020.01.26.03s.jpg
2種類のソーセージは5分ほどボイルして、
2020.01.26.05s.jpg
リナーテが作ったローストポーク、ザワークラウト、ポテトなどと一緒に。
2020.01.26.02s.jpg
ゆうちゃんのハム・ソーセージは、どれもこんな美味しいのは食べたことがないと、皆が大絶賛。
この夜のメンバーの出自は、日本人とオーストラリア人以外に、カナダ、ハンガリー、オーストリア、トランシルヴァニア、ラトヴィア、アイルランド。いろいろな国の人にも好まれるとのお墨付きだ。
シドニー空港で見つかって没収されたら嫌だなあと、どきどきしながらも、密輸してきた甲斐があった。昔、マヨネーズと梅干しを没収された苦い経験があるのだ。
ドイツで修行してきたゆうちゃんのハムやソーセージは、ドイツやオランダのコンテストで金賞を取っている。着色料や防腐剤を使わないハム・ソーセージは本当に美味しいのだ。スモーク・ダックもお勧め。脂身が口の中で甘くとろける絶品だ。
ゆうちゃんの店のサイトはここ。
「角屋」
posted by Tats at 17:49 | Comment(3) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年01月23日

子供たちとMaritime Museumへ

今日のシドニーは熱波に襲われ、40℃を越えた。車の温度計では、外は45℃の表示が出ていた。
あまりに暑くて外で何かするわけにはいかないので、シエナとリアムをMaritime Museumへ連れて行ってやった。
2020.01.23.01s.jpg
海洋博物館タウンホール駅から橋を渡ってすぐなのだが、コンクリートの照り返しが猛烈に強くて熱い。熱風の中を歩いていると身体が煮えたぎるようになった。
館内は冷房が効いているので、ほっと一息。
2020.01.23.02s.jpg
今日のお目当ての3D movie「Sea Monster」はなかなか良くできていて、子供たちでいっぱいだった。
映画の後、階上にある「Sea Monster」特別展示を見てきた。
2020.01.23.03s.jpg
こちらも力の入った展示で、かつ、大人も子供も楽しめるような工夫がされている。
2020.01.23.04s.jpg
僕は古生物が大好きなので、こういう異形のモノを見ていると、わくわくする。
2020.01.23.05s.jpg
posted by Tats at 20:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年01月22日

子供たちとプールへ

2020.01.22.01s.jpg
今日もシエナとリアムのお守り。
ポールの家から車で10分の所にあるプールに連れて行ってやった。
3年前に改築されたばかりなので、設備が良く、とてもきれいだ。
シドニー近郊で数カ月間続いてたブッシュファイアーが収まり、青空が戻ってきた。
陽光を浴びながら泳ぐのは久しぶりで、気持ちがいい。
プールで泳いだ後、ポールの家に戻り、寄り添ってきた猫を横に、ソファで本を読んでいると眠くなってきた。
2020.01.22.02s.jpg
昨日はスイーティーが横にきてくれたが、今日は、ロキが寝そべってきた。
なでてやると喉をごろごろぶくぶく鳴らして、ローリングしていた。
2020.01.22.03s.jpg
posted by Tats at 16:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年01月21日

子供たちのお守り

2020.01.21.01s.jpg
今日はポールに頼まれて、子供たちを映画に連れて行ってやった。まだスクールホリデイなので、退屈しているとのこと。
10日前から奥さんのソムがソフィアを連れてタイへ里帰りしているので、ポール一人でシエナとリアムの面倒をみるのは、結構大変だ。二人とももう大きくなったとはいえ、大人抜きで出かけさせるわけにも行かない。
二人が選んだ映画は「Spies in Disguise」というアニメーション。
子供たちを飽きさせないよう、テンポよくできていて、なかなか面白いが、まあ、意地悪く言えば、ポリティカル・コレクトネスに配慮した007シリーズという感じ。「日本」の使い方がピクサーっぽい。

ポールの家に行くと、三匹の猫たちが代わる代わる挨拶にきてくれて嬉しい。
2020.01.21.02s.jpg
ソファに座っていると、横にすり寄って来てくれたり、靴下を嗅ぎに来る。
2020.01.21.03s.jpg
2020.01.21.04s.jpg
10歳を越えた人間の子供より、猫のほうが歓待してくれるような気がする(^^;)。
posted by Tats at 22:06 | Comment(1) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年12月27日

夏らしい一日

2019.12.27.01s.jpg
今日も夏らしく暑い一日でうれしい。
明日の夜は日本へ向けて出発するので、その準備や掃除洗濯をしていると、汗だくになった。
朝、お向かいのリナーテ&アーヴィンが朝食に呼んでくれた。
二人は明日の朝、南の方にある別荘へ行く。古い友人たちと年末年始を過ごしてくるとのこと。
夜はポール一家と彼の友人たち12人と一緒に、近所のパブで夕食。
夜風が心地良いので歩いて行った。
2019.12.27.02s.jpg
posted by Tats at 21:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年12月25日

ポール宅でクリスマス・ディナー

2019.12.25.21s.jpg
昨夜、チェスターがクイーンズランドからやってきた。
以前彼に頼んでおいたように、クイーンズランドの家に置いてあった家具などをトレーラーに積んで運んできてくれた。
それで、夜はチェスターも一緒にポール宅に集まってクリスマス・ディナー。
ブッシュファイアーで煙たかったシドニーは、このところ以前よりずっとましになっている。
今日も心地良い夜風が吹いていて、外で夕食にするのは快適だった。
posted by Tats at 20:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

クリスマス・ランチ

2019.12.25.11s.jpg
今日のお昼は友人宅でクリスマス・ランチ。
大人10人子供2人犬4匹がうろうろしている中で飲み食いするのは賑やかで楽しい。
2019.12.25.12s.jpg
ロースト・ハムや魚、イカ、サラダなど、どの料理も美味しかったが、とりわけクイーンズランドのKing Prawnが気に入った。さっとグリルするだけでエビの甘みが口いっぱいに広がる。
2019.12.25.13s.jpg
posted by Tats at 20:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年12月24日

うちでディナーパーティー

2019.12.24.01s.jpg
昨夜は、友人たちが夕食に来てくれて、総勢10人で飲み食いして4時間楽しんだ。
途中、皆でラウンジに移動して、余興に音楽。
若い友人たち二人はミュージシャンで、ギターを弾いて歌い、カホン (Cajón) という楽器を演奏してくれた。
2019.12.24.02s.jpg
カホンは、もともとはペルーの楽器だそうで、見かけはスピーカーのガワというか、ただの木箱である。
この箱の上に座って演奏する。これ一つでかなり多彩な音が出せるので面白い。
下のヴィデオのように、ストリートでバスキングをやるにはもってこいだ。
posted by Tats at 16:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年12月18日

セス宅でヘレンの誕生日祝い

2019.12.18.01s.jpg
今日はヘレンの誕生日なので、一緒にお祝いをしようと、セス&ヴァルが夕食に呼んでくれた。
セスの孫娘二人も遊びに来ていた。
セスはヘレンの好きだったロースト・ラムを作ってくれていた。
オーブンで二度火を入れた肉は柔らかく仕上がり、ジューシーでとても美味しい。
2019.12.18.02s.jpg
セスはヘレンの一番古い友人で、お互いに知り合ったのはもう50年以上前だ。
去年の今頃もセスの家に集まって食事をした。
家の中で車椅子は使えないので、ヘレンはウォーカーを使って裏庭のテーブルまで歩き、身体の痛みにじっと耐えて座っていた。
その時のことを思い出すのはとても辛い。
posted by Tats at 21:31 | Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年12月17日

明日はヘレンの誕生日

2019.12.17.01s.jpg
明日18日はヘレンの誕生日なので、うちに誰かを呼んでディナーにしようと思ったのだが、都合で今夜やることになった。
ポール一家と友人のロス&キャロルが来てくれて、ゆっくり夕食を楽しんだ。
ソムがバラの花を持ってくれたので、ヘレンの写真の横に飾った。
ヘレンが好きだった濃いピンク色で、とてもきれいだ。
2019.12.17.02s.jpg
posted by Tats at 20:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち