2016年03月21日

ウイリアムのバースデイ・パーティー

2016.03.21.01.jpg
昨日は小雨が降る中、ウイリアムの7歳のバースデイ・パーティー。
ノースの閑静な公園に集まって、ポールが持ってきてくれたガゼボを設置し、テーブルを置いて、食べ物を用意した。
子供たちは走り回って遊んで、時々テーブルに戻ってきて飲み食いし、また走り去って、一時もじっとしていない。
2016.03.21.02.jpg
ケーキを切る段になると、子供たちは我先にとテーブルに集まってくる。
風が強く、ウイリアムは何度もキャンドルに火を点け直していた。
2016.03.21.03.jpg
ケーキの後は、アフリカン・ドラムのワークショップ。
エリザべスが手配してくれたガーナから来たドラム奏者は子供たちをノセるのがとてもうまく、子供たちは太鼓を叩いて踊って大喜び。
残念ながら雨が強くなってきたので少し早めに切り上げてしまったが、楽しいパーティーだった。
2016.03.21.04.jpg
posted by Tats at 20:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2016年03月19日

リアムの6歳の誕生日

2016.03.19.01.jpg
昨日18日はリアムの6歳の誕生日だったので、今日はポールの家に集まってお祝い。
ランチを食べた後、ポールがケーキを持ってきて皆でハッピー・バースデイを歌い、リアムがキャンドルの火を吹き消そうとしたとたん、先にシエナとソフィアに二人がかりでフゥーと吹き消されてしまい、リアムは泣き出してしまった。
男の子だがワイルドな姉妹には勝てないらしい(^^;)。
2016.03.19.02.jpg
今うちにホームステイしている女の子が、リアムのために折り紙を作ってきてくれたので、シエナとリアムで飾りつけ。
2016.03.19.03.jpg
posted by Tats at 21:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2016年03月17日

オーストラリアでも介護の話

昨日のCancer Councilのランチの会では、皆ぼくが日本へ帰っていた理由を知っているので、心配してくれた。
もと看護婦だったりケアハウスでヘルパーとして働いていた人や、パートナーの介護をしていた(orしている)人もいて、実情をよく知っているので、いろいろと認知症や介護の話ができた。
今日は散髪に行ったのだが、いつも髪を切ってもらっているマイケルは、昨年、お母さんを93歳で亡くした。夫を90歳で亡くした後、独りで暮らしていたが、91歳の時、自宅で転んでから、ケアハウスへ移ったそうだ。
マイケルは毎日、様子を見に行き、お母さんは幸い亡くなる直前まで頭はしっかりしていて、最期は静かに眠るように逝かれ、マイケルは「悲しいけれど、Happy Endingだったよ」と言っていた。
下は、昨日のランチの会で、昼間っからシャンパンを空けて楽しんでいるメンバーたち。
ここに写っているおばあちゃんたちの一番年下は86歳、右奥のジョイスィは来月100歳を迎える。
2016.03.17.01.jpg
posted by Tats at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2016年03月11日

あれから5年

あれから5年後の3.11を日本で迎えるとは思ってもいなかった。
シドニーで息が詰まるようにTVとネットにへばりついていた日のことは忘れられない。
東日本大震災はまだ終わっていない。災害は今も引き続いている。
2016.03.11.00.jpg
先週、少し暖かい日があったが、また気温が下がり、このところ寒い日が続いている。
朝は零下、日中も10℃でまでしか上がらず、顔に当たる空気が冷たい。
桃や梅はきれいに咲いているが、桜のつぼみが膨らむまではもう少しかかるだろう。
2016.03.11.01.jpg
奈良公園の鹿たちも、餌になる草がほとんどないので、お腹をすかせている。
「鹿せんべい」をねだる鹿に、たくさんの観光客が取り囲まれていた。
2016.03.11.02.jpg
3日前から始まった叔父と叔母のケアハウスでの新しい生活は、少しずつ落ち着いてきて、皆ほっとしている。
明日は、叔父叔母が神戸に残してきた家に行き、服や書類など必要なモノを取ってこなければならない。
片道2時間以上かかるので、一日仕事である。
posted by Tats at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2016年03月05日

介護の現場 2

昨日はケア・マネジャーと夜8時まで打ち合わせや契約などの事務作業をして、叔母の退院とケアハウスへの移動が来週8日に決まり、少しほっとしたのだが、叔父が昨夜、寝る前に飲むようにと処方されていた睡眠薬を4日分一気に飲んで昏睡状態になり大騒ぎになった。
幸い意識はあり、大事には至らなかったが、丸一日眠っていた。時折目を覚まし、ぼくらの顔を見ると話そうとするが、良く聞き取れない。
もう叔父は自分では薬の管理ができないと判断し、すべての薬をヘルパーさんに投薬補助してもらうことにした。
これでも今の叔父の要介護度は、「要支援1」という低いレベルだ。介護認定の見直し申請を出しているが、まだいつになるかわからない。
一方、叔母は少し元気になったせいか、車椅子から立ち上がろうとしたり、夜もベッドから降りようとしたりするので、夜間だけではなく24時間、誰か付き添いをしてくれと、病院から頼まれた。
こちらも費用はかかるが、フルケアの特養ホームに移るまでの数日間、しかたがない。
posted by Tats at 20:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2016年03月02日

神戸の叔父叔母を奈良へ移動

2016.03.02.01.jpg
神戸の叔父叔母の認知症が進行し、この一か月間、奈良の妹と母が奔走して、二人の介護をしてくれていた。
まず衰弱の激しかった叔母を入院治療させ、介護認定やケアハウスの選定を進めてくれた。
先週、神戸の病院から奈良の病院へ、叔母を移動させ、昨日、神戸から奈良のケアハウスへ、叔父を引っ越しさせることができた。
これで、奈良から神戸まで電車で2時間かけて世話をしにいかなくてもすむし、二人とも十分なケアを受けることができる。
これからは一人暮らしをせざるをえない叔父のため、今日も必要なモノの買い出しや設置に追われた。
叔父は毎日のように叔母に会いに行きたがるので、タクシーで叔母が入院している病院へ連れて行く。
叔母はもう歩くことができないので車椅子生活である。
早く叔母が退院できて、叔父と同じケアハウスで暮らせるようになればいいのだが。
2016.03.02.02.jpg
posted by Tats at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2016年02月23日

ジョージ&ファーンと夕食

今日は30℃まで上がり、蒸し暑い一日だった。
夜、友人のジョージ&ファーンが来て一緒に食事。
2016.02.23.01.jpg
まずはワインを空けて、ズッキーニのスープとサワードウのパン。
2016.02.23.02.jpg
メインはタラのクリームソース。ブロッコリーと赤ピーマン、マッシュルームを一緒に調理する。
オーヴンに入れて、火を入れすぎないように注意するだけなので、結構楽である。
クリームソースはターメリックとニンニクを入れて炊いたライスにも良く合う。
2016.02.23.03.jpg
デザートはファーンが作ってきてくれたラズベリーケーキ。いつもながらとても美味しい。
アイスクリームも用意しておいたのだが、もうお腹いっぱいで出番がなかった。
2016.02.23.04.jpg
posted by Tats at 21:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2016年02月20日

Crunchy noodle

2016.02.20.01.jpg
昨日の午後、ジュリエットのお守りをしていた時、ランチにラーメンを作ってやったのだが、半分だけ食べた後で、「crunchy noodle」が食べたいという。
袋から出したラーメンをあげたら喜んでそのままバリバリ食っていた、
子供は変なモノが好きだな。
posted by Tats at 19:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2016年02月19日

リナーテ&アーヴィン宅で夕食

2016.02.19.10.jpg
今日も30℃まで上がるビーチ日和。夕方またClovelly Beachへ泳ぎに行ってきたのだが、波は昨日よりずっと静かになっていたので、人で賑わっていた。
夜、お向かいのリナーテ&アーヴィンが夕食に呼んでくれた。
ビールとワインを空け、リナータが作ってくれたグーラッシュやザワークラウトなど、いつものドイツ料理で美味しい。
一緒に連れて行ったホームステイの子たちもぱくぱく食べていた。
2016.02.19.11.jpg
デザートはクレーム・ブリュレで、もうお腹一杯である。
posted by Tats at 21:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2016年02月16日

セシリア宅でランチ

2016.02.16.10.jpg
今日は友人のセシリアとジョーがランチに招いてくれた。
ボンダイ・ビーチにほど近いセシリアの家の裏には居心地のいいテラスがある。
まずはオイスターとシャルドネで乾杯。定番の組み合わせだが美味しい。
2016.02.16.11.jpg
セシリアの息子は魚屋をやっているので、いつも良い魚を手に入れてくれる。
こちらでは、ナマで食べられるほど新鮮な魚を「Sashimi Grade」というのだが、今日はツナ(マグロ)を用意してくれていた。
醤油と味醂に漬け込み、白ごまをふってからグリルしてくれた。
焼き方も、さっと炙るだけでいいと、息子に教えてもらったそうだ。
2016.02.16.12.jpg
巨大なツナ・ステーキにセシリアの育てた野菜のサラダをたっぷり食べてお腹一杯である。
2016.02.16.13.jpg
帰りにセシリアの飼いネコのモイラを触らせてもらおうと思い、どこにいるのかと探したら、庭の隅でぐるぐる巻きにしたホールの上で寝ていた。
太陽熱で暖められた水が入った柔らかいホースの上で寝るというのはさぞ快適で、いいアイディアである。
2016.02.16.14.jpg
posted by Tats at 19:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2016年02月07日

ウイリアムとジュリエットのお守り

2016.02.07.01.jpg
今日も暑い夏日で、30℃近くまで上がった。
午後、ウイリアムとジュリエットのお守り。
エリザベス一家は年末からハワイに行っていたので、二人に会うのは久しぶりだ。
子供たちは、今、お気に入りの映画「Hotel Transylvania」を観たり、お絵かきをしたりして、夕方まで遊んでいた。
下はジュリエットの本日の作品。これはヘレンの似顔絵なのかな?
2016.02.07.02.jpg
posted by Tats at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2016年02月06日

ポール一家と夕食

2016.02.06.01.jpg
昨夜少しシャワーが降ったのだが、今日は一日中良い天気。
気温は27℃くらいまで上がり、絶好のビーチ日和だ。あまり暑すぎるとビーチに長くはいられないので、30℃以下の方がいい。
夜、ポール一家が遊びに来て、一緒に夕食。
家の中で子供たちのはしゃぐ声がするのはいいものだ。
posted by Tats at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2016年02月03日

ジョージ&ファーンと夕食

2016.02.03.01.jpg
昨夜は友人のジョージ&ファーンと一緒にKensingtonでチャイニーズの夕食。
ビーフ、ポーク、チキン、エビ、フライドライスをお腹いっぱい食べて、一人あたり$16と格安である。
KensingtonにはNSW大学があり、中国を始めアジアからの留学生が多い。
外食費は高いシドニーだが、大学周辺には安くて気楽に食べられるお店が、たくさん集まっている。
夕食後は、ジョージ&ファーンの家でケーキとお茶。ファーンのラズベリー・ケーキはいつも美味しい。
下はジョージ&ファーンの家の前の道で。
Paperbark Treeと言う巨大な街路樹が立ち並んでいて、とても良い雰囲気の通りである。
2016.02.03.02.jpg
posted by Tats at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2016年01月31日

メリー&アイヴァンとお茶

午後、友人のメリー&アイヴァンの所へ遊びに行ってきた。
まず、二人が住むユニットがあるLittle Bayでひと泳ぎ。
海の水は少し暖かくなり、天気がいいので、大勢の人で賑わっていた。
このビーチがこんなに人で埋まっているのを見るのは初めてだ。
2016.01.31.01.jpg
それから二人を訪ね、メリーがお茶とケーキを用意してくれていた。
2016.01.31.02.jpg
アイヴァンはもうすぐ87才になるが、まだまだ元気だ。
スポーツの本を何冊か出版したアイヴァンは、今書いている本のことをうれしそうに話してくれた。
アイヴァンと同い歳の、神戸にいるぼくの叔母は、認知症が進行したため一昨日から入院している。
メリー&アイヴァンと楽しく話しながらも、叔母のことが頭から離れなかった。
posted by Tats at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2016年01月04日

Cape Conranで迎えた年末年始

一昨日の夜Cape Conranのキャンプ場から帰ってきて、ようやく落ち着いた。
昨日は丸一日かかってキャンプ用具のクリーニングや掃除・洗濯を終えた。
2016.01.04.01.jpg
Cape Conranでは昨年と同じように、犬や子供たちと泳ぎ、
2016.01.04.02.jpg
シエナとリアムはボディ・ボードに挑戦し、
2016.01.04.03.jpg
砂で色々なモノを作ったりしていた。
2016.01.04.04.jpg
2016.01.04.05.jpg
キャンプ場では昼間は暖を求めてゴアナがのし歩き、
2016.01.04.06.jpg
夕暮れ時にはウォンバットが草を食べに出てくる。
2016.01.04.07.jpg
暗くなるとポッサムたちが跳びはね、時々夜中にテントの上にドサっと落ちてきて驚かされる(^^;)。
2016.01.04.08.jpg
12月31日は夕食後、皆で夕陽を見にWest Capeへ行った。
2016.01.04.09.jpg
海岸の岩の上に登って、シャンパンを飲みながら、
2016.01.04.10.jpg
この年最後の太陽が海に沈んで行く様を見ていた。
2016.01.04.11.jpg
大人たちはキャンプ・ファイヤーの周りで真夜中まで起きていて、年が明けると同時にビーチに行き、満天の空に輝く天の河を見上げながら、Happy New Yearを祝った。
posted by Tats at 11:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2015年12月21日

友人宅でのクリスマス・パーティー

2015.12.21.01.jpg
昨夜はボンダイ・ビーチにほど近い友人宅でクリスマス・パーティー。
まずはシャンパンと白ワインにイチゴを入れたpunchで乾杯した。
招いてくれた友人はドイツ人なのだが、このガラス製のカップはドイツから持ってきた100年モノだそうだ。
2015.12.21.02.jpg
ちらし寿司は皆好きで、パーティーにももってこいだ。
他の料理がハムやパテ、ポテトサラダといった少々重たいドイツ料理なので、バランス的にもいい。
2015.12.21.03.jpg
デザートはナッツがたくさん入ったチョコレート・ケーキとチーズケーキ。
2015.12.21.04.jpg
夜10時まで飲み食いしてお腹いっぱいで、おしゃべりして楽しい夜だった。
posted by Tats at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2015年12月19日

ソフィアのバレエの発表会

2015.12.19.01.jpg
今日はポール一家と一緒にソフィアのバレエの発表会を観に行ってきた。
会場はソフィアが毎週バレエのレッスンに通っている教会のホール。
2015.12.19.02.jpg
まあ皆小さいので先生の振りを真似て、一緒にお遊戯するようなモノだが、
2015.12.19.03.jpg
ちゃんとソロのパートもあって、一時間、皆一生懸命に可愛い踊りを披露してくれた。
2015.12.19.04.jpg
最後は一人ずつ先生からクリスマスカードと花をもらって大喜びである。
2015.12.19.05.jpg
posted by Tats at 19:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2015年12月18日

今日はヘレンの誕生日

今日も素晴らしい夏日。陽射しが強く、30℃近くまで上がった。
ヨーガのレッスンは今年は今日で最後なので、終わってからお菓子やサンドイッチなどを持ち寄ってパーティー。
その後も友人とお茶、お向かいのリナーテ&アーヴィン宅でお茶、その間をぬって、エリザベスに頼まれたユニットでルーターのテストという忙しい一日。
今日はヘレンの誕生日なのだが、今日は家族皆が忙しくて集まれないので、明日お祝いすることになった。
posted by Tats at 15:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2015年12月17日

マリーとランチ

昨日の暴風雨がうそのように、今日は朝からきれいに晴れて良い天気だった。
午後、友人のマリーとPenrithにあるクラブのビストロでランチ。
ヘレンとマリーは共に12月生まれなので、この時期にはいつも一緒に食事に行くことにしているのだ。
2015.12.17.01.jpg
ランチの後、チェススターの提案でGlenbrookへ。
ここは彼が昔住んでいた所で、ブルーマウンテンの入り口にある小さな町だ。
2015.12.17.02.jpg
山の空気が心地良いカフェでお茶を飲み、夕方までおしゃべりして楽しんだ。
2015.12.17.03.jpg
posted by Tats at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2015年12月15日

賑やかな日々が戻ってきた

2015.12.15.01.jpg
昨日の午後、ヘレンとチェスターが帰ってくる前に済ませようと、クリスマス・ツリーの飾り付け。
ウイリアムとジュリエットもちょっと手伝ってくれた。
夕方、二人は帰ってきたヘレンとチェスターに会えて大喜びで、家中のクリスマス・デコレーションを説明して回っていた。
2015.12.15.02.jpg
少し暑さが和らいだ夕暮れ時、子供たちを連れて近所のClovelly beachへ。
家族連れがたくさん泳ぎに来ていた。
2015.12.15.03.jpg
下は子供たちと一緒に作った砂のお城。
子供たちがお堀に水を入れすぎて、お城が土台から崩壊し始めていた(^^;)。
2015.12.15.04.jpg
posted by Tats at 07:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2015年12月14日

ヘレンが帰ってくる

今日も早朝から気温がぐんぐん上がり、暑くなりそうだ。
夕方、ヘレンがチェスターと一緒にクイーンズランドから帰ってくるので、朝から芝刈りや掃除・洗濯、クリスマスの飾り付けをしている。
クリスマスから一週間ほど家族皆で海辺にキャンプに行くのだが、チェスターの車が使えるのでありがたい。ウチの30年モノの車と違って、クーラーが付いているのだ(^^)。
ヘレンとチェスターがやっている貸家のセットアップはまだまだかかるようだが、クリスマスのおかげでここらで一旦ブレイクが入るのはいい。
クイーンズランドは今猛烈に蒸し暑くて、家具の移動や家の手入れをするのはとても大変なのだ。
posted by Tats at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2015年12月06日

ジュリエットのバレエ発表会

ジュリエットはバレエを習っていて、昨日の夕方、その発表会があるので、近所のカレッジのコンサートホールへ観に行ってきた。
まあ三歳児だとまともに踊れないので、先生と一緒に幼稚園のお遊戯をするようなモノだが、ステージに突っ立っているだけで可愛い。
2015.12.06.01.jpg
もう少し年長組はちゃんとポーズも決まってきて、
2015.12.06.02.jpg
全体の構成やコリオグラフィーもしっかりしているし、
2015.12.06.03.jpg
ソロで踊った子たちは、皆とてもうまくて感心した。
2015.12.06.04.jpg
posted by Tats at 20:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2015年12月05日

ソフィアのお守り

2015.12.05.01.jpg
昨夜はポール&ソム宅に泊まって、留守番兼ソフィアのお守り。
ポール&ソムは職場のクリスマスパーティーに行って夜中まで帰ってこなかった。
二人が出かけた後、ソフィアと一緒に彼女のお気に入りのオモチャで、延々と遊んでいた。
9時半頃、ようやくベッドに入ってくれてホッとした(^^:)。
今朝は帰りにポール&ソムが庭で育てている葉物野菜やスイートコーンを一杯もらってきた。
2015.12.05.03.jpg
コーンは昨夜も食べたのだが、甘みがあって、さっと茹でるだけでとても美味しいのだ。
2015.12.05.02.jpg
posted by Tats at 09:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2015年11月30日

ヘレンとチェスターは再びクイーンズランドへ

2015.11.30.01.jpg
昨夜遅く、ヘレンとチェスターがレンタルしたトラックで帰ってきた。
1ヶ月前から準備して、フロントガレージと1階に山積みになっていたモノが、これでようやくきれいに片付く。
2015.11.30.02.jpg
チェスターと一緒に、朝から昼過ぎまで、暑い中、せっせと荷物を積み込んだ。
3トン・トラックの荷台が満杯になった。
2015.11.30.03.jpg
クイーンズランドへ向かう二人を見送った後、全身汗だくなので、Clovelly beachへ泳ぎに行ってきた。
2015.11.30.04.jpg
まだ少し冷たい海の水が火照った身体に心地良い。
真っ青な空と海を見ていると身も心も和んでくる。
2015.11.30.05.jpg
ヘレンとチェスターはクイーンズランドまで14時間以上運転しなければならないので大変だ。
ばくはまた2週間ほど留守番だが、ホームステイの世話をしなければならないので仕方がない。
向こうで荷降ろしを手伝えないのが心苦しい。
posted by Tats at 19:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2015年11月23日

ジュリエットのお守り

今日は曇り時々晴れ。気温は27℃まで上がったが、爽やかな風が吹いていたので、割りとしのぎやすかった。
昼近く、エリザベスがジュリエットを連れてやってきた。
午後、エリザベスがウイリアムを学校へ迎えに行っている間、木工作業の手を止めて、ジュリエットのお守り。
普段ならヘレンの役目なのだが、今はぼく独りなのでしかたがない。
ジュリエットはオモチャを床いっぱいにぶちまけてしばらく独りで遊んでいたが、それにも飽きて、ジュースが飲みたいとかアイスが食べたいとか、あの映画を観たい、お気に入りの場面まで早送りしてくれ、等など、女の子は要求が多いのだ(^^;)。
下は、大好きな「Frozen」を観ながらアイスクリームを食べているジュリエット。
なんだか木にとまっている小動物のようで可笑しい。
2015.11.23.01.jpg
独りだとTVを占領できてうれしいけど、やっぱりちょっとさびしいので、ソファにヌイグルミをいっぱい並べて一緒に観ていた。
posted by Tats at 15:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2015年11月21日

またしばらく留守番

昨夜、7時半頃から冷たい強風が吹き出し、41℃もあった熱気を吹き飛ばしてくれた。
おかげで今日は気温が20℃近く下がって、一日中曇りで涼しい。
今日キャンベラからホームステイに来られた人によると、キャンベラはまだheatwaveが去っていないそうだ。
ヘレンは昨夜、急遽、ブリスベンへ向かった。数ヶ月前から手続きしていた投資用の家の売買契約がようやく完了になる。
テナントを入れる前にいろいろ準備をしないとならないので、しばらく行ったり来たりが続く。
ぼくはまたしばらく留守番である。
posted by Tats at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2015年11月18日

Heatwaveの日にランチの会

今日のオーストラリア各地は熱波に襲われ、シドニーは36℃まで上がり、南のアデレードは40℃の猛暑だったそうだ。
暑いといっても湿度が低いドライ・ヒートなので、窓を閉めきって熱い外気が入らないようにしておけば、家の中は暑くならずしのぎやすい。
午後、近所のビストロでCancer Councilのランチの会。
脳卒中で倒れてこの2ヶ月間療養していたジョイシィも復帰してくれて皆ほっとした。
98才の彼女を筆頭に、80代後半の彼や彼女たちのまだまだ元気な姿を見るのはうれしい。
posted by Tats at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2015年11月17日

Walk at Wollongong

2015.11.17.01.jpg
今日は友人たちと一緒にWollongongへウォーキング。
ウーロンゴンは、シドニーから南へ車で2時間ほど行った所にある、石炭で栄えた街だ。
街のすぐ近くにCity Beachという素晴らしいビーチがある。
2015.11.17.02.jpg
今日は見事な快晴だが、風が強いので海から上がると少々寒い。それでも子供たちやサーファーで賑わっていた。
2015.11.17.03.jpg
プロムナードのカフェの辺りでランチを食べ、
2015.11.17.04.jpg
Break Water(防波堤)の方へ歩いて行った。
2015.11.17.05.jpg
ここには近くの山から切りだされてきた巨大な岩がごろごろ置かれている。
2015.11.17.06.jpg
防波堤側から見ると、波と風で揺れる水面に光が輝き、係留されているボートとビーチ側の風景がきれいだ。
2015.11.17.07.jpg
posted by Tats at 20:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2015年11月15日

友人宅でバースデイ・パーティー

2015.11.15.01.jpg
今日は友人宅で女の子のバースデイ・パーティー。
子供たちがたくさん集まって賑やかで楽しい。
彼女はプレゼントにもらったマニキュア・セットをさっそく試していた。
こういう時、女の子たちは真剣な眼差しである。
2015.11.15.02.jpg
posted by Tats at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2015年11月12日

リナーテ&アーヴィン宅でお茶

今日も雨が降ったりやんだり。朝方は少し晴れ間が出ていたが、昼前からシャワーが降り始めた。
午後、お向かいのリナーテ&アーヴィン宅でお茶。
46年前、1969年の11月11日は二人が今の家に住み始めた記念日なのでシャンパンを空けてお祝い。
引っ越してきた当初は家の状態が悪く、あちこちボロボロで、改装に次ぐ改装で大変だったよと、アーヴィンがしみじみ話していた。
今、二人はうちのストリートで一番古いファミリーだ。ヘレンより先に引っ越してきた。
それから来年、リナーテとアーヴィンは結婚60周年を迎える。
かつオーストリアからオーストラリアへ移住して60年目、かつリナーテの80才の誕生日もある。
二人とも元気でお祝いの日を迎えてほしいものだ。
posted by Tats at 16:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち