2017年09月20日

ジョイスはホスピスに

2017.09.20.01.jpg
今日はCancer Council のランチの会。
101歳のジョイスは、ナーシングホームから、先週、ホスピスに移った。うちからすぐのところなので、迎えに行ってあげた。
見事な造作の歴史的な邸宅を改装したホスピスで、以前、お隣のカーメルも入っていた所だ。
ジョイスを車椅子に乗せ、3分ほど離れたホテルのビストロまで押して行った。
2017.09.20.02.jpg
馴染みのメンバーに囲まれて、ジョイスはうれしそうにランチを食べていたが、半分くらい残した。飲み物は水を少しだけ飲んでいた。3か月前はグラスワインを飲みながらランチを平らげていたのだが、もうそういうことは無理なのだろう。
2017.09.20.03.jpg
ランチの後、車椅子を押して、ビストロからホスピスへ戻ろうとすると、うちは反対方向よ、とジョイスが後ろを指して言う。
ジョイスの家にはもう誰もいない。それでもうちに帰りたいと言うジョイスが、まだ自分の家の方角を憶えていることが、悲しい。
どんなに居心地の良いホスピスだろうが、皆うちに帰りたいに違いない。でもそれは、まずかなわぬ願いだ。
ぼくの叔父もそう言って、逝ってしまった。
人は、生まれる時より、死ぬ時のほうが、もっと一人だ。
Antony and The Johnsons の「Hope There's Someone」を思い出す。

ジョイスを送って行き、また来るね、バイバイと言って、部屋を出る。
彼女の部屋はきれいに整えられ、美しい絵や調度品に囲まれている。それでもそこがWaiting Room of Deathには変わりないことが、悲しい。
ホスピスにはたくさんの花々が活けられ甘い香りが漂っている。それでも隠しきれない糞尿の臭いに気づくのが、悲しい。ぼくの叔母が入っているナーシングホームと同じ臭いがするのだ。
ジョイスがランチの会に来られるのは、あと何回あるだろうか。
posted by Tats at 22:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年09月09日

モーニング・ティー

2017.09.09.01.jpg
お向かいのリナーテ&アーヴィンは、明日からMoreeの温泉に入りに行く。
しばらくお別れなので、今朝、モーニング・ティーに呼んでくれた。
コーヒーとケーキだけだと思っていたら、他にもサンドイッチを作ってくれていて、お腹一杯。
シャンパンやウォッカをあけて、昼間っから結構いい気分である。
夜は、友人たちとポルトガル料理を食べに行くので、こちらも楽しみ。
posted by Tats at 13:53| Comment(3) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年09月07日

Maroubra Beachで夕食

2017.09.07.01.jpg
このところずっと晴れているのだが、なかなか気温が上がらない。
朝晩は冷えるので、まだウールのセーターを着こんでいる。
今、クイーンズランドの家に行っているヘレンによると、向こうは27℃くらいまで上がっているそうで、うらやましい。
昨夜は、友人たちとMaroubra Beachのクラブで夕食。
窓の外にはきれいな満月が出ていた。
posted by Tats at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年09月02日

子供たちと夕食

2017.09.02.01.jpg
昨夜は子供たちが集まって、賑やかな夕食。
チキンと野菜を炊きこんだ玄米と、ポークとマッシュルームのクリームソース煮を作っておいた。
子供たちが大騒ぎしている中で食べると、気がそがれて、なんだか味がよくわからないが、皆ぱくぱく食べてくれてうれしかった。
大勢で囲むテーブルは楽しい。
下は、ウイリアムが、いい絵が描けたと自慢して持ってきた絵。
先生に手伝ってもらったに違いない、と、エリザベスは笑っていたが(^^;)。
2017.09.02.02.jpg
posted by Tats at 21:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年08月31日

アイヴァンのお葬式

2017.08.31.01.jpg
今日は、アイヴァンのお葬式。
アイヴァンを偲んで、教会にはたくさんの人たちが参列に来ていた。
2017.08.31.02.jpg
敬虔なカトリックだったアイヴァンはメリーと一緒に、毎週この教会のミサに来ていた。
見事な意匠の棺桶と飾られた美しい花を見ると、アイヴァンがもういないという事実を突きつけられたようで、よけいに悲しくなる。
2017.08.31.03.jpg
アイヴァンの甥のジョンがスピーチし、1時間15分ほどで、式は終わった。
2017.08.31.04.jpg
それから、親族は墓地へ向い、他の人たちは出棺を見送った。
2017.08.31.05.jpg
葬儀の後のレセプション(会食)は、メリーとアイヴァンが住むリタイアメント・ヴィレッジのラウンジで行われた。
コーヒーやワインがふるまわれ、サンドウィッチなどをつまみながら、思い出話に花を咲かせた。
2017.08.31.06.jpg
ラウンジの片隅には、アイヴァンが書いた本や思い出の品が飾られ、
2017.08.31.07.jpg
TVモニターには、アイヴァンの子供の頃からの写真がたくさん映し出され、話しは尽きなかった。
2017.08.31.08.jpg
8年前の今日、8月31日は、ぼくの父が逝ってしまった日だ。その同じ日にアイヴァンの葬儀が行われた。二人の思い出を重ね合わせてしまう。
posted by Tats at 16:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年08月30日

二人のお守り

2017.08.30.01.jpg
今日はソフィアとジュリエットのお守り。
子供は一人の時は静かでも、人数が増えると、その2倍はしゃぎまわって、うるさい。女の子二人だし(^^)。
2人だと、うるささが、4倍になり、3人だと6倍に、4人だと8倍になるように気がする。
おとなしくしているのは、アニメを見ながらアイスクリームを食べているときだけである。
家の中で暴れ回わっていた二人を車に乗せ、ランチを持って、昨日に引き続き、Centennial Parkへ。
また池の鳥たちにパンくずをやったり、プレイグラウンドで遊んだり。
2017.08.30.02.jpg
今日は素晴らしい快晴で、陽射しが暖かく、カモの群れが気持ちよさそうに日向ぼっこしていた。
2017.08.30.03.jpg
posted by Tats at 18:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年08月29日

ソフィアのお守り

2017.08.29.01.jpg
今日も曇り時々晴れで、寒い一日だった。
ポール&ソムに頼まれて、朝からソフィアのお守り。
午前中、ソフィアはyoutubeで映画を見たり、塗り絵をして遊んでいた。
2017.08.29.02.jpg
午後、少し晴れ間が出てきたので、Centennial Parkへ連れて行ってやった。
池にいる鳥たちにパンくずをやるのをいつも楽しみにしているのだ。
2017.08.29.03.jpg
家から持ってきたパンをちぎってやろうとすると、あっという間に、鳥たちに囲まれて、奈良公園の鹿状態になってしまった。あまりの鳥の多さにソフィアはちょっと怯えていた。
冬はもともと餌になるモノが少ないし、こう寒いとパンくずを持って来てくれる人も少ないので、お腹がすいているのだろう。
コカトゥーは遠慮なく飛び乗ってくるし、黒鳥にズボンやシャツをついばまれて催促される。
2017.08.29.04.jpg
このコカトゥーはチェスターの頭のてっぺんが気に入ったようで、ずっととまっていた。
コカトゥーはするどい爪とくちばしを持っていて、うっかり手を出すと怪我をするのだが、むこうからやってきてこちらの肩や頭にとまるときは、爪を出したりしないで、柔らかく乗っていてくれる。
餌をもらうときのマナーをちゃんと心得ているのはエライな。
2017.08.29.05.jpg
posted by Tats at 19:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年08月24日

さようなら、アイヴァン

今朝、友人のアイヴァンが亡くなった。88歳だった。
アイヴァンの具合が悪くなり、入院していることは、奥さんのメリーから聞いていたが、こんな急に逝ってしまうとは。それどころか、もうすぐ家に帰れるのではと思っていたところだ。
病院から電話があってメリーが駆けつけたのは、最期の20分前だったそうだ。
ぼくとヘレンは、メリーとアイヴァンにはとてもお世話になってきた。
結婚式の時、メリーとアイヴァンにはスピーチを頼んだ。アイヴァンにはヘレンの父親役をしてもらった。
2017.08.24.02.jpg
シドニー大学で薬学を学んだアイヴァンは、長く薬屋に勤めていた。音楽とスポーツも大好きで、リタイアしてから、本を書き始めた。アイヴァンのお兄さんは、オリンピックの短距離走者だったし、高校の同級生のお父さんがボクシング・チャンピオンだったこともあり、スポーツ関係の伝記を何冊か書いた。
メリーとアイヴァンの家に遊びに行くといつも歓待してくれて、アイヴァンは今書いている本のことをうれしそうに話していた。
アイヴァンとは、たくさんの思い出でいっぱいだ。もう彼に会えないと思うと寂しくてたまらない。
posted by Tats at 20:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年08月23日

セシリア宅でコーヒー

2017.08.23.01.jpg
今日も良い天気で気持ちがいい。
午後、友人のセシリアを訪ねて、一緒にコーヒー。いつものように、猫のモイラが出迎えてくれた。
セシリアはガーデニングが好きで、家の庭だけでは物足らず、前の道にまで、いろいろな植物を植えて育てている。
葉物野菜も作っているので、取り立ての野菜で作るサラダはとても美味しい。
帰りに、ハーブや花の苗を分けてもらってきた。
2017.08.23.02.jpg
posted by Tats at 16:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年08月16日

Cancer Councilのランチの会

2017.08.16.01.jpg
101歳のジョイスが自宅からナーシング・ホームへ移ってからほぼ一ヵ月たった。
今日のCancer Councilのランチの会に参加できるかわからなかったのが、幸いホームから外出許可が出たので、車で迎えに行った。
ホームのホールで会ったジョイスは危惧していたよりも元気そうに見え、車いすを使わないでも歩いていた。
自宅で一人暮らしをするより、ナーシング・ホームのほうが食事や衛生面でのケアは行き届いているからだろう。
近所のクラブのビストロで、ジョイスはきちんと一人前のランチをたいらげた。
これだけ食べられば、きっと来月もまだ大丈夫だろう。
posted by Tats at 14:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年08月13日

ポールの誕生日

2017.08.13.01.jpg
今日はポールの誕生日なので、ビーチ沿いのクラブのビストロでお祝い。
窓から、ヨットやカヌーが行きかう、きれいなビーチが見える。
2017.08.13.02.jpg
ここのビストロは安くてボリュームがあるし、ロケーションがいいので人気がある。
2017.08.13.03.jpg
お腹いっぱいのランチの後、ポールの家へ移動して、お茶とケーキ。
チョコレートケーキはポールが、クリームチーズの方はソムが作ったそうだ。
2017.08.13.04.jpg
カメラを向けると、子供たちは可笑しな顔しかしないので困ったものだ(^^;)。
2017.08.13.05.jpg
下は、今日は人が多くて騒がしいなと思っているに違いないSweetie。
2017.08.13.06.jpg
posted by Tats at 19:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年08月07日

今夜は満月

2017.08.07.01.jpg
今日のシドニーは天気は良いのだが、猛烈な強風で、外を歩けないほどだった。
午前中、お向かいのリナーテ&アーヴィンとコーヒー。
リナーテは脚が痛くて、昨日は一日中寝ていたとのこと。リナーテは両足の骨を骨折し、金属製のプレートを入れる手術をした後、歩けるようにはなったが、痛みが引かない。X線写真を撮って調べてもらっているそうだが、どう処置したらよいか、まだよくわからないとのこと。
メリーから電話があり、入院中のアイヴァンにガンが見つかったそうだ。モルヒネを使っているというから、かなり痛みがあるのだろう。もしかするとアイヴァンにはもう会えないかもしれない。
今夜は満月で、窓の外が明るい。病院にいるジョイスやアイヴァンにも、同じこの美しい月が見えるだろうか。
posted by Tats at 19:41| Comment(3) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年07月29日

Whale Watching

2017.07.29.01.jpg
今日はエリザベス一家と一緒にWhale Watching Cruiseに行ってきた。
シティのCircular Quayからフェリーに乗る前から、ウイリアムとジュリエットは興奮して走り回り、じっとしていたのは、船内でお菓子を食べているときだけである(^^;)。
2017.07.29.02.jpg
シドニー・ハーバーを出て、外洋を北へ向かう。
2017.07.29.03.jpg
船上では、スタッフが海を見張り、マイクでクジラが見える所を教えてくれる。
2017.07.29.04.jpg
何頭かクジラを見ることができたが、クジラが息をしに海上に出てくる瞬間をカメラにとらえるのはとても難しい。
2017.07.29.05.jpg
これは、南へ下って行ったときに見えたクジラ。
2017.07.29.06.jpg
3時間のツアーを終えると、サーキュラー・キーに戻る。
フェリーは結構揺れるので船酔いして吐いている人や寝込んでいる人もいる。ぼくもちょっと気持ちが悪くなった。
フェリーを降りてもまだ体が揺れている不快な感じがするので、気分をリフレッシュするため、オペラハウスの方へ散歩に行った。
2017.07.29.07.jpg
路上で大きな絵を描いているおじさんがいて、なぜか子供たちが気に入って、おじさんと一緒に座りこんでいた。
2017.07.29.08.jpg
オペラハウスの北端には海に降りる階段があり、
2017.07.29.09.jpg
そこに数年前から一頭のSeal(アシカ)が住んでいる。
2017.07.29.10.jpg
運よく、心地よさそうに寝転んでいる姿を見られた。
2017.07.29.11.jpg
ハーバーブリッジに落ちてきた夕日を見ながら帰路に着く。
そろそろお腹がすいてきた子供たちはオペラハウスの階段を駆け下りて行った。
2017.07.29.12.jpg
posted by Tats at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年07月18日

ジョージ&ファーンと夕食

2017.07.18.01.jpg
今日も快晴で、20℃まで上がった。外に出て暖かい陽射しにあたるのが心地良い。
夜、友人のジョージ&ファーンと一緒にレストランで夕食。
ジョージは胃が痛いので検査に行ったと聞いていたので心配していたが、胃が荒れているので、固いナッツや辛い刺激物を食べないようにと言われただけとのこと。
この日もかなりボリュームのある皿をぺろりと平らげていた。
2017.07.18.02.jpg
食後は、ジョージ&ファーンの家に寄って、お茶とケーキをごちそうになってきた。
2017.07.18.03.jpg
ファーンが作ってくれたチェリーケーキはいつもながら、とても美味しかった。
2017.07.18.04.jpg
posted by Tats at 21:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年07月13日

子供たちが襲来

昨日の大雨がやんで、今日からまたしばらくは晴れるとのことで、ほっとした。暖かい陽射しがうれしい。
体調も良くなって、書きモノをする気力がわいてきたので、たまっていたメールを片付けた。
2017.07.13.01.jpg
クリスが子供たちを連れてやってきたので、タジーとブーツと遊んだり、一緒にビデオを見たりしていた。
お昼に、ラーメンを作ってやったら、二人とも一人前をぺろりと平らげてくれた。
2017.07.13.02.jpg
下は、「Monsters University」を見ながら、ブーツの背中をかいてやっているジュリエット。
2017.07.13.03.jpg
posted by Tats at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年07月08日

犬と子供たち

2017.07.08.01.jpg
今日もまだ喉が痛くて絶不調なのだが、午後、クリスがウイリアムとジュリエットを連れて来た。
タジーとブーツと会うのは久しぶりなので、興奮して、大はしゃぎ。犬と遊んで、アイスクリームを食べて、やっと落ち着いて一緒にTVを見ていた。
posted by Tats at 19:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年07月06日

バリ島からの電話

2017.07.06.10.jpg
一昨日の夜からアナ&エイドリアンはバリ島へ10日間ほど遊びに行っている。
その間、うちで二匹の犬たちを預かっているのだが、昨日の朝早く、アナから、犬たちの様子はどう?と電話がかかってきた。最近はウブドの山の中でも携帯がつながるので、楽なものだ。
タジーはもう13歳、あちこち具合が悪いので、心配なのだろう。
いろいろな薬を朝晩飲ませているおかげで、以前よりは元気になったが。
ブーツはいつものように朝7時にはぼくを起こして、散歩に行こうとねだりに来る。
2017.07.06.12.jpg
下は、二人がシドニー空港に向かう前、アナのスーツケースに入り込んで、どうかぼくを置いていかないで下さいとデモンストレーションしているタジー。
どうも犬には、飼い主がどこかへ行ってしまう、という状況がわかるらしい。
2017.07.06.11.jpg
posted by Tats at 15:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年07月01日

シエナの誕生日

2017.07.01.01.jpg
昨日はシエナの11歳の誕生日なので、ポールの家で一緒に夕食。
ソムがオーヴンで美味しいチキン料理を作ってくれた。
レシピを聞いてきたので、うちでも作ってみよう。
2017.07.01.02.jpg
ケーキもソムが作ったチョコレートとチーズのケーキ。
2017.07.01.03.jpg
飾りつけは子供たちがやったので、ちょっとぐちゃぐちゃだが味はいい。
切り分けるとき、子供たちは大きさを真剣にチェックしていて、すぐケンカになるのは困ったものだ(^^;)。
2017.07.01.04.jpg
下は、チキンの残りをもらって、ごきげんのスウィーティー。
2017.07.01.05.jpg
posted by Tats at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年06月22日

Cancer Councilのランチの会

2017.06.22.01.jpg
昨日はCancer Councilのランチの会。
ヘレンとチェスターと一緒に、うちの近所に住む主催者のジョイスを迎えに行ったら、ケアラーのアマンダがいて、ジョイスに出かける用意をさせていた。
ところが、ジョイスは服を着替えたものの、なんだか気分がダウンしているので、家に居たほうがいいかもと言う。
手が冷たいというので、チェスターが手をさすって温めてあげた。
アマンダが、少しでも歩いたほうがいい、身体も温まるし、となだめ、ジョイスはようやく腰を上げて、出かける気になってくれた。
近所のクラブのビストロまで、杖を突き、アマンダの腕に支えられて、ゆっくりゆっくり歩いて行った。
4月にこの同じビストロで、ジョイスの101才の誕生日をお祝いした時の写真をあげた。
ジョイスは写真を一枚ずつ丁寧に見ながら喜んでくれた。
ジョイスは、ランチにローストポークを頼み、ちゃんと食べていた。食べられるうちはまだまだ大丈夫だ。
2017.06.22.02.jpg
posted by Tats at 22:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年06月21日

Barangaroo

2017.06.21.01.jpg
昨日は友人たちと一緒に、シティのBarangarooへウォーキング。
2017.06.21.02.jpg
あいにくの雨模様の天気だったが、サンドストーンを活かしたガーデンや、シドニー・ハーバーにひらけた眺めはいいものだ。
2017.06.21.03.jpg
ランチを食べに、すぐ近くにあるLord Nelsonへ。
2017.06.21.04.jpg
ここは176年も続いているシドニー最古のパブで、雰囲気の良いカウンターがある。
2017.06.21.05.jpg
ポークパイとピッツァを頼み、ダーク・エールのビールを飲む。香りが良く、コクのあるとても美味しいビールだ。
2017.06.21.06.jpg
昔、オーストラリアに来たばかりの頃、昼間から(時には朝から)パブでビールを飲んでいる人がたくさんいるのでびっくりしたが、いつの間にかぼくもそういう人たちの仲間入りである。
2017.06.21.07.jpg
posted by Tats at 23:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年06月19日

ポール一家とブッシュ・ウォーキング

2017.06.19.01.jpg
昨日はポール一家と一緒に、ブルーマウンテンへ遊びに行ってきた。
幸い天気が良く、ブッシュ・ウォーキングには最適だ。
山に着くなり、子供たちは大喜びで走り回っていた。
2017.06.19.02.jpg
野生のカンガルーが跋扈する中で、ランチを食べ、
2017.06.19.03.jpg
あちこちにあるLookoutと呼ばれる展望台からは、Blue Mountainsの深い森が見渡せる。
2017.06.19.04.jpg
このLeuraのGordon Fall Lookoutからは、隣町のKatoombaにある、Echo PointのThree Sistersという有名な岩を後ろから見ることができる。
2017.06.19.05.jpg
子供たちは岩登りが大好きで、どんどん歩いていく。
2017.06.19.06.jpg
崖の端や荒れた岩場も、自分の力量で行けるかどうか、ちゃんと判断できるのが偉いな。
2017.06.19.07.jpg
滝を見に山道を降りていくと、この冷たい水で泳いでいる子供たちがいてびっくり。
2017.06.19.08.jpg
大人たちはいい加減へばってきて、コーヒーを飲んで一息つくが、子供たちはまだまだ遊び足りない。
2017.06.19.09.jpg
キャンディ・ストアでお菓子を買ってもらい、大はしゃぎである。
帰りの車の中では即、爆睡しただろう。
2017.06.19.10.jpg
posted by Tats at 19:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年06月18日

子供たちのピアノコンサート

2017.06.18.01.jpg
昨日の午後、ウイリアムが教えてもらっているピアノの先生が主催するミニコンサートに行ってきた。
ナーシング・ホームでの慰問の一つで、年に二回、行われている。
ピアノを習っている子たちにとって、こういう発表の場が定期的にあることは励みになるし、ホームに入居しているお年寄りにとっては、元気な子供たちが来てくれるだけでもうれしい。
ピアノを習いたての小さな子が、ほんの数小節弾く、たどたどしい演奏でもいいものだ。
posted by Tats at 19:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年06月17日

ポール一家と夕食

2017.06.17.01.jpg
昨夜はポール一家がやってきて、一緒に夕食。
ローストチキンとサラダ、ボイルした野菜など、ありふれた物ばかりだが、大勢の家族たちと囲む食卓は楽しい。
にぎやかな子供たちと過ごす時間が何よりのご馳走だ。
2017.06.17.02.jpg
posted by Tats at 15:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年06月11日

Three events on a day

昨日はイベントが3つもあって忙しくも楽しかった。
2017.06.11.01.jpg
まずはエリザベスの誕生日を祝って、マラバー・ビーチのそばでランチ。
ウイリアムとジュリエットはアナ&エイドリアンに会うのが久しぶりなので、べったりくっついていた。
テーブルの上に敷いてある紙には落書きしてもいいことになっているので皆で落書き。
2017.06.11.02.jpg
いつ見ても子供の絵は面白い。
2017.06.11.03.jpg
ランチの後は皆でうちに来て、夕方まで遊んでから帰っていった。
夕食は、アナ&エイドリアンの希望で、シティのCentral Park(通称Green Building:壁面に植物がいっぱい生えているから)の裏にある、「Spice Alley」へ。
2017.06.11.04.jpg
新築のビル群の間にわざと残された狭い横町に、中国、インド、タイ、インドネシア、日本など、アジア料理の小さな店がひしめき合っている。このせまっ苦しいアジアン・テイストが受けて大人気だ。
インド料理のタリー、飲茶店から蒸し物と野菜、タイ料理のパッド・タイを食べながら、アサヒビールを飲むという、無茶苦茶な組み合わせを4人で楽しんだ。
アナ&エイドリアンはカレーも割りばしで食べていてなんだか可笑しい。2017.06.11.05.jpg
食後にジェラートを食べてから、Vivid Sydneyを見に、The Rocksへ移動。
雨が降ったりやんだりする悪天候だが、たくさんの人で賑わっていた。2017.06.11.06.jpg
オペラハウスに映し出されるプロジェクションは刻々と変化してとても面白い。
2017.06.11.07.jpg
2017.06.11.08.jpg
2017.06.11.09.jpg
2017.06.11.10.jpg
もっと長く見ていたかったのだが、土砂降りの雨が降ってきたので切り上げて、夜10時過ぎにうちに帰ってきた。
posted by Tats at 20:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年06月10日

タジーとブーツ

2017.06.10.01.jpg
アナ&エイドリアンの犬、タジーとブーツは、早寝早起きで育てられているので、朝6時半になると、ブーツが起こしに来る。濡れた鼻をぼくの顔に押し付け、それでも起きないと、でかい身体でのしかかって、前脚で叩いて、早く散歩に連れて行けとねだる。
タジーは、ぼくらがTVを見ていると、ソファの横に座って一緒に見ている。画面に鳥などが写るとちゃんと反応している。
アナが座ると、二匹とも横にくっついてべったり。小さな子供がマミーに甘える様子と一緒である。
2017.06.10.02.jpg
posted by Tats at 08:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年06月08日

リナーテ&アーヴィン宅でお茶

2017.06.08.01.jpg
今日は、曇り時々雨。この2日間の猛烈な雷雨がようやくおさまってくれてほっとした。
午後、お向かいのリナーテ&アーヴィン宅でお茶。
二人の娘夫婦の犬のサ二ーがいて、駆け寄ってきた。
娘夫婦は今、ギリシャの島巡りをしていて、二人の子供たちが留守番をしている。
サ二ーが寂しがるので、リナーテとアーヴィンが時々連れてきて遊んでやっているのだ。
コーヒーを飲んでいると、サ二ーは、テーブルの上に置かれているお菓子が欲しくて、膝の上に乗ってくる。
そうするとテーブルの上に、まず顎を乗せ、しばらくしたら前脚を一本、それからもう一本と、じりじりと乗り出してお菓子に近づこうとするので、サニーの身体を抑えていないとならない。
2017.06.08.02.jpg
リナーテの脚の状態は、まだまだリハビリに時間がかかりそうだ。
短時間ならサポートなしで立っていられるが、車に乗って出かけると疲れるとのこと。
posted by Tats at 20:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年06月04日

ポール宅で夕食

2017.06.04.01.jpg
今日はポールの家に遊びにいって、一緒に夕食。
3人の子供たちがはしゃぎまわる中で食べるのは楽しい。
ソムが作ってくれたタイ・チキン・カレーはいつものように本格的に辛いのだが、後を引く美味しさで、ついたくさん食べてしまう。ちゃんと甘めの照り焼きチキンも用意してくれていた。
猫のSweetieもぼくのことは憶えているので、食後は、膝の上に乗ってきてくつろいでいる。
2017.06.04.02.jpg
Sweetieの眼に斜めからフラッシュを焚いて写すと、眼の色が違って見えて面白い。
2017.06.04.03.jpg
お土産に、庭で獲れたカボチャをもらってきた。
まだ三つ、大きなのが生っているそうだ。
2017.06.04.04.jpg
posted by Tats at 21:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年05月27日

リナーテ&アーヴィンとコーヒー

今日も晴れて、絶好の洗濯日和である。
朝、掃除洗濯を済ませたあと、お向かいのリナーテ&アーヴィンとコーヒー。
アーヴィンは庭から車庫に上がる階段の横に、手すりを設置しているところだ。
手すりを支える棒を地中深く埋めないと行けないのだが、ちょうど下に水道管が通っていてじゃまになるので、どうしようかと悩んでいた。
リナーテはまだまだ思うように動けないが、家から出られないと退屈で死にそうになるタイプなので、来週、一緒に夕食に行くことになった。
posted by Tats at 22:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年05月25日

ジョージ&ファーンと夕食

2017.05.25.01.jpg
このところ晴天続きで気持ちがいい。
気温は20℃くらいだが、陽当りの良い所を歩くと汗ばむほどだ。
昨夜、近所のレストランで、友人のジョージ&ファーンと夕食。ホームステイしている男性二人も一緒に連れて行ってあげた。
食後は二人の家に寄って、お茶とケーキをごちそうになった。
いつもファーンが作ってくれるケーキはとても美味しい。
2017.05.25.02.jpg
猫のトフィーは人好きで、皆にしっぽを撫でられ、興奮して喜んで走り回っていた。
2017.05.25.03.jpg
posted by Tats at 18:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年05月19日

雨の一日

昨夜から降り出した雨が、今日も一日中続いている。残念ながらこの週末はずっと雨のようだ。
午後、お向かいのリナーテ&アーヴィンとコーヒー。友人のセシリアも来ていた。
リナーテは、手術した脚の痛みは軽減してきたそうだが、やはり家から出て、外を出歩けないので、相当フラストレーションが溜まっているようだ。
地道にリハビリするしかないのは本人もわかってはいるのだが。
posted by Tats at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち