2020年07月04日

セス&ヴァル宅で夕食

昨夜は、友人のセス&ヴァルが夕食に呼んでくれた。
オイスターと一緒にヴァルが出してくれたビールは、チェコのピルスナー・ウルケル(Pilsner Urquell)。その名の通り、元祖ピルスナーだ。コクがあるのに後口はさっぱりしていて飲み飽きない。
2020.07.04.01s.jpg
メインは、ローストラム。大きな塊りをオーヴンで焼いてスライスしてくれた。
2020.07.04.02s.jpg
ワインはポルトガルのロゼワイン。辛口なので食事に合う。
2020.07.04.03s.jpg
ここらでもうお腹がいっぱいになってきたが、まだデザートがある。
レモンケーキとルバーブ。
2020.07.04.04s.jpg
爽やかなレモン味に、カルダモンとジンジャーがきいたルバーブがぴったり。
2020.07.04.05s.jpg
食後は、Rummikubで遊んだ。一度もセスに勝てないのがくやしい。
2020.07.04.06s.jpg
posted by Tats at 17:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年06月30日

リナーテの戸籍帳

2020.06.30.01s.jpg
昨日の午後、またお向かいのリナーテ&アーヴィンがランチに呼んでくれた。友人のエルフィーも来ていて、皆で美味しいチキン・グーラッシュをごちそうになった。
僕がシティの日本領事館へ行ってヘレンの死亡届を出して来たことを話し、日本には戸籍というものがあって、ファミリートゥリーが辿れることを説明していたら、リナーテが、私もこんなのを持っているのよ、と、戸籍帳を持ってきた。
なんと400年前の先祖までたどれる、すごい記録だ。カウンシル(市役所)ではなく、教会が記録していたそうだ。
オーストリアがヒットラーに占領された頃、ユダヤ人ではないことを証明するために提出させられたとのこと。
もしこの記録がなかったら、ガス室送りだったかもしれないと思うと感無量だ。
2020.06.30.02s.jpg
posted by Tats at 20:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年06月27日

お向かいさんとランチ

2020.06.27.01s.jpg
今日は雨が降ったりやんだりで寒い。
午後、お向かいのリナーテ&アーヴィンがランチに呼んでくれた。
liver caseを買ってきたので、フライにするという。liver caseと言っても、肝は入っていない。
なぜそう呼ぶのか知らないが、オーストリアではそう呼んでいるそうだ。
leberwurst(liver sausage)というのは本当に肝が入っているのだが。
liver caseはスライスして、小麦粉をはたいてから、フライパンで軽く揚げる。
2020.06.27.02s.jpg
まずはレンティルとジャガイモのスープ。寒い日にはこういう温かいスープがいい。
2020.06.27.03s.jpg
カリフラワー、マッシュルーム、ビーンズを付け合せに、liver caseにマスタードをつけて食べる。軽い食感なのでぱくぱく食べて、お腹いっぱいである。
2020.06.27.04s.jpg
リナーテは歯の治療がうまくいってほっとしていた。
二人が戻ってきてくれて嬉しい。
posted by Tats at 17:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年06月24日

リナーテ&アーヴィンが帰ってきた

2020.06.24.01s.jpg
お向かいのリナーテ&アーヴィンが別荘から帰ってきた。二人と会うのは二ヶ月以上振りだ。今朝一緒にコーヒーを飲んできたが、二人とも少し疲れた様子だった。
アーヴィンは脚が悪くて、もう車の運転ができない。代わりにリナーテが2日間かけて車を飛ばして帰ってきた。
リナーテは前歯が3本抜けてしまったので、これからしばらくは歯医者通いになるそうだ。さらに左肩に痛みがあり、レントゲン検査に行ってきた。アーヴィンは脚が痛くて、杖をついてよろよろと歩いている。
そんな二人の姿を見るのは悲しいが、ともあれ二人が無事に帰ってきてくれたのは嬉しい。
posted by Tats at 19:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年06月22日

アナ一家との週末

2020.06.22.00s.jpg
週末を過ごしたアナ&エイドリアンの家は、キャンベラ近くのファームエリアにある。道路から遠くに牛や羊の群れが見え、ブッシュではカンガルーが飛び跳ねている。ファームの横に車を停めると、牛たちに不審げに睨まれる。
2020.06.22.01s.jpg
アナ&エイドリアンの家に来るのは久しぶりだ。家の周りに植えた樹木が育ってきて、いい雰囲気だ。
2020.06.22.02s.jpg
半年前に設置したプール。今は零下になるので、見ているだけで寒いが。
2020.06.22.03s.jpg
エリーはすっかりおしゃべりになり、僕の名前もちゃんと言えるようになっていた。久しぶりに僕に会ってちょっと興奮しているのだろう、いろいろなモノを持ってきて見せて説明してくれる。なぜか女の子は財布が好きだな。
2020.06.22.04s.jpg
新しく家族に加わった子犬のビグジー。スパニエルとプードルのミックスで、茶色の巻毛が柔らかい。
2020.06.22.05s.jpg
すぐに仲良くなって一緒に遊んだ。まだ子供なので、手や靴下をがじがじ噛んでくるが(笑)。
2020.06.22.06s.jpg
アナ一家が住んでいる土地は歩くと一周2時間くらいかかる。ブッシュやダムがあり、カンガルー、ウォンバット、エキドナ、キツネが住んでいる。
2020.06.22.10s.jpg
夜のうちに降った大雨で、ダムが溢れて濁流が流れていた。
2020.06.22.11s.jpg
子供にとって親と一緒に森の中を歩くことは良い体験になる。危険に対して注意することや自分のできることの範囲を知り、必要な時には助けを得ることを学べる。
2020.06.22.15s.jpg
一時間もするとさすがにエリーが疲れてきたので、エイドリアンがバックパックにして担いでやった。
2020.06.22.16s.jpg
毎日卵を生んでくれるチキン。以前、フェンスの下から入り込んだキツネに襲われて、3羽が殺された。
2020.06.22.17s.jpg
土曜日はキャンベラへ遊びに行った。アナが次の車はジープを買いたいと言うので、ディーラーに見に行った。
2020.06.22.18s.jpg
ランチは二人がお気に入りの、豚骨ラーメン。ここは、ちゃんと日本の味だった。値段は$18と、日本の倍くらいするが。
2020.06.22.19s.jpg
食後は、National Arboretum Canberraへ。アーボリータムと言うのは、樹木が中心の植物園で、まだできて7年なので森にはなっていない。
2020.06.22.20s.jpg
丘の上からガーデンを巡って歩く。
2020.06.22.21s.jpg
世界各国の植物もあるが、基本的に外で育つモノだけで、温室はない。
2020.06.22.22s.jpg
素晴らしい盆栽のコレクションも見られる。
2020.06.22.23s.jpg
Village Centreには、カフェやショップがあり、
2020.06.22.24s.jpg
外にはプレイグラウンドが併設されている。ここの遊具はどれも工夫してあって、いかにもな子供っぽい色や素材、デザインとは一線を画している。
2020.06.22.25s.jpg
これはバンクシアのデザイン。エリーはなかなか帰りたがらなかった。
2020.06.22.26s.jpg
ほんの数日だけだったが、子供たちと過ごすのはやはり楽しい。皆そうだと思うが、自分の家もいいが、外に出かけるのもいいものだ。
posted by Tats at 21:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年06月21日

週末はアナ&エイドリアン宅で

金曜日からアナ&エイドリアンの家で過ごし、今夜、うちに帰ってきた。
すっかりおしゃべりになったエリーや、新しい犬のビグジーにも会え、とても楽しい週末だった。
詳細は明日にでも。
posted by Tats at 18:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年06月18日

再開したフードコートでランチ

2020.06.18.01s.jpg
ようやくショッピングセンターのフードコートが再開し始めたので、今日は、友人3人と一緒にランチに行ってきた。
再開したとはいえ、social distanceを取らないといけないので、フードコートのイス・テーブルは半分くらいしか使えない。
ランチの後、コーヒーとチョコレートケーキを食べ、2時間おしゃべりして、とても楽しかった。
やはり対面で人と会うのはいいものだ。
posted by Tats at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年06月06日

友人一家とランチ

2020.06.06.01s.jpg
今日は若い日本人一家が遊びに来てくれた。
最初はちょっと人見知り風だった1歳半くらいの娘さんもだんだん馴染んでくれてよかった。
2020.06.06.02s.jpg
持ってきていただいた抹茶ロールケーキは、真ん中にあんこが入って美味しい。こういうモノを食べるのは久しぶりだ。
2020.06.06.03s.jpg
食後はピアノを弾いたりして、5時間あっという間の楽しい時間だった。
2020.06.06.04s.jpg
posted by Tats at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年05月30日

4人でランチ

2020.05.30.01s.jpg
今日は、セス&ヴァルとエミリーと一緒に4人でランチ。
エミリーは一週間ほどうちにステイに来ている。大学はまだオンライン授業だけとのこと。
白ワインを開けて乾杯。
セスがオイスターを1ダース持ってきてくれたのだが、実はセスもエミリーもオイスターが好きではない。新鮮で身がぷっくりしたオイスターはとても美味しくて、僕とヴァルであっという間に平らげてしまった。
2020.05.30.02s.jpg
メインはキッシュとサラダ。
2020.05.30.03s.jpg
デザートは洋梨とプルーンのコンポートとアイスクリーム。
2020.05.30.04s.jpg
セスはヘレンと50年以上前からの友人だ。僕よりもずっと長くたくさんヘレンのことを知っている。ヘレンのために作った祭壇みたいなモノの前で思い出話をした。
2020.05.30.05s.jpg
本来ならば、先月、ヘレンの一周忌に合わせて、うちでパーティーをするつもりだったのだが、このコロナ騒ぎで中止せざるを得なかった。
ロックダウン中の行動制限は少しずつ緩くなってきているが、今もソーシャル・ディスタンスを取ることが要請され、握手もハグもしない。他の家庭を訪問できる人数は5人までだ。なので、大人数でのパーティーは諦めて、少しずつうちに来てもらうか、僕が訪問しようと思っている。
posted by Tats at 22:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年05月23日

セシリア&ヴァル宅で夕食

昨夜は、セシリア&ヴァル宅で夕食。友人のジョーも来ていた。
可愛い犬が出迎えてくれたのでびっくり。セスの姪の犬を一日だけ預かっているとのこと。何度か泊まりに来ているとのことで、すっかり馴染んでいた。
2020.05.23.02s.jpg
再会を祝ってオイスターとシャンパンで乾杯。
セスの息子が経営しているフイッシュショップで買ってきてくれたばかりのオイスターはとても新鮮で、ミルキーで美味しい。
2020.05.23.01s.jpg
メインは、魚を二種類とイカを軽く揚げて、
2020.05.23.03s.jpg
デザートはアップルケーキ。
セスのケーキは甘すぎず、リンゴの酸味が味わえるので、とてもいい。
2020.05.23.04s.jpg
食後はRummikub(ラミキューブ)というボードゲームをして遊んだ。僕は初めてやったのだが、なかなか面白いゲームだ。
2020.05.23.05s.jpg
やはり、人と会って一緒に何かをするということは楽しい。
今回のロックダウンで、オンラインでやれること、と、対面でやることの意義や価値が再確認されたことと思う。
下は、僕らがゲームをしている横で、すっかりくつろいでいた、セスの姪の犬。
2020.05.23.06s.jpg
posted by Tats at 18:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年05月08日

ジョージ&ファーンとランチ

2020.05.08.01s.jpg
今日は友人のジョージ&ファーンをランチに呼んだ。
ランチなので軽めに、キッシュとサラダを作っておいた。
シドニーがロックダウンしてからまだ2ヶ月経っていないのだが、こうして、家に誰かを招いて一緒に食事ができるのは本当に嬉しい。そんな日々が当たり前だったことが、遥か昔のような感じがする。
先週金曜日から行動制限が少し緩くなって、大人二人とその子供たちは、他の家庭を訪問してもよいことになったので、これから少しずつsocial lifeを復活させてゆくつもりだ。
posted by Tats at 16:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年05月03日

ポール一家と夕食

2020.05.03.01s.jpg
今夜は、ポール家で夕食。
ロックダウン中はお互いに訪問できなかったので、久しぶりに一緒に食事ができて嬉しい。やっぱり一家団欒というのはいいな。
ソムがタイのグリーンカレーを作ってくれた。
スパゲッティーにかけて食べたのだが、これがなかなか美味しい。ご飯ではなく、パスタにも合うとわかった。
ポール一家に新しい猫が加わっていた。生後6ヶ月くらいのオスの子猫で、名前はストーム。
ポールの車の下で泣いていたのを一家総出で捕獲し、キャット・レスキューへ連れて行って、検査や予防注射をしてもらった。これで飼い猫は4匹になった。
プルートゥに似ているが、ストームの方がお腹の白い部分が多く、ヒゲもマツゲも白い。
2020.05.03.03s.jpg
野良だったので、人馴れしていない。ポールたちにも触らせてはくれるが、抱っこはさせてくれないとのこと。
夜は、ソファの隅でひっくり返って寝ているそうで可愛い。
2020.05.03.02s.jpg
posted by Tats at 21:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年04月23日

ヘレンの一周忌

2020.04.23.01s.jpg
今日はヘレンの一周忌。
朝から家族や友人たちが、電話やsmsでメッセージを送ってくれて、ありがたかった。
夜はポール一家が夕食を買って持ってきてくれた。誰かと一緒に食事をするのは久しぶりなのでうれしい。
一周忌にはうちでランチパーティーをする予定だったのだが、このコロナ騒ぎでキャンセルせざるを得ず、代わりにタムワースのファームに行こうかなとも思ったが、これも、不要不急の外出は禁止との行動制限に引っかかるので、やめにした。

この1年、なんとかやり過ごしてきた。
長いとか短いとかよりも、重たいと感じた1年だった。
去年は、ヘレンの他にも、叔母や好きなミュージシャン、尊敬する作家などが次々と亡くなった。
昨夜は、いろいろな思いに押しつぶされたようになって、よく眠れなかった。
ヘレンの写真と遺灰の前に置いてあるキャンドルに火をつけて、ぼんやり見ていると、涙がたらたらと流れてくる。
不思議なことに、悲しいと思う間もなく、身体が先に反応するのだ。

今夜は、なぜかNick Caveの歌が聞きたくなった。
ヘレンの生まれ故郷はメルボルンの西に2時間ほど行ったところにある。ニック・ケイヴはそこから北に3時間行った小さな田舎町で生まれた。
「From Her to Eternity」は、もう40年近く前の曲だが、このライヴはすごい。

「I Need You」で歌われる
-You're still in me, baby
-I need you
という思いはとても良くわかるな。
posted by Tats at 23:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年04月08日

アナの誕生日

2020.04.08.02s.jpg
今日はアナの40歳の誕生日。
先週末にアナの家でバースデイパーティーをやるはずだったのだが、コロナ騒ぎのせいで中止になって残念だった。
それでもネットを駆使して友人たちとオンラインでつなげ、楽しい誕生日だったようで良かった。
アナ一家が住んでいるのはキャンベラに近いので、もう10以下に下がって寒い。夜は暖炉を焚いているそうだ。
エイドリアンがせっせとチェインソーと斧をふるって薪割りをしているとのこと。
2020.04.08.03s.jpg
posted by Tats at 23:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年03月20日

リアムの誕生日祝い

2020.03.20.01s.jpg
昨夜は、リアムの10歳の誕生日を祝って、ポール一家と一緒に、ビーチ沿いのクラブへ夕食に行って来た。
話題はどうしても新型コロナウイルスの方へ流れていった。
学校は閉鎖になっていないので、働いている親にとってはありがたいが、感染する可能性が増えるのは心配だ。建築現場で働いているポールは、人との接触はそれほどないが、ソムの仕事は他人の家を訪問するので、新型コロナウイルスをやり取りしないよう、注意しているとのこと。
2020.03.20.02s.jpg
このクラブも、ウイルスの感染を防ぐため、屋内には100人以上は入れないようにしていたり、子供が食事する場所を分けてあった。
感染しても抵抗力の強い子供と、重篤化しやすい老人を、できるだけ接近させないという施策は良いと思う。
オーストラリアは日本よりもずっと気を使っているようだ。
2020.03.20.03s.jpg
食後はポールの家に移動し、皆でチョコレートケーキを切ってお祝い。
2020.03.20.06s.jpg
posted by Tats at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年03月17日

リナーテ&アーヴィン宅で夕食

2020.03.17.01s.jpg
今夜はお向かいのリナーテ&アーヴィン宅が夕食に呼んでくれた。
ドイツから遊びに来ていたマリアンネが明日の飛行機で帰国することになったので、お別れ会。
彼女はもう少しオーストラリアに滞在するつもりだったのだが、この新型コロナウイルス騒ぎのため、帰国を早めた。
シドニー⇒ドバイ⇒ミュンヘンというルートで帰るのだが、ドイツの入国制限がこれ以上厳しくならないといいが、と心配していた。
2020.03.17.02s.jpg
posted by Tats at 20:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年03月12日

リナーテ&アーヴィンとお茶

2020.03.12.01s.jpg
今日は快晴で気持ちの良い一日。
気温も25℃くらいまでしか上がらなかったので、爽やかだ。
午後、お向いのリナーテ&アーヴィンとお茶。
二人は、しばらくクイーンズランドへ遊びに行っていて、帰ってきたところだ。
ゴールド・コーストから南へ移動し、バイロン・ベイまで下ってきたそうだ。
映画の仕事で、ゴールド・コーストに来ていた、トム・ハンクス夫妻が、二人共、新型コロナウイルスに感染していて、病院で隔離されたことを、昨日、公表した。
リナーテ&アーヴィンは大丈夫そうで、ほっとした。
posted by Tats at 17:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年03月08日

アナが日本旅行をキャンセル

次女のアナが、4月の日本旅行をキャンセルしたと連絡してきた。
今の日本の状況では、あと一ヶ月で新型コロナウイルスが終息するとは思えないからだ。
アナは4月に40歳になる。その記念に、以前から行きたかった日本を家族3人で旅するのをとても楽しみにしていた。
飛行機やホテルなど、全部手配済みだったので、キャンセル料がかかるが、仕方がない。
お向かいのリナーテも5月に日本へ旅行に行く予定だったが、こちらもキャンセルするかもしれないと言っている。
中国と韓国に続き、イタリア、イラン、アメリカでも感染が拡大している。
旅行・観光業界は壊滅的だろう。
ウイルス自体による人的被害もさることながら、各国とも経済的な打撃が大きい。
僕らが生きている地球は一つだ。同じ一つの地球で暮らしている。空気も水も人もつながっている。対岸の火事はこちらにもやってくる。
そのことを再度肝に銘じる良い機会かもしれない。
posted by Tats at 16:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年02月29日

ポール一家と夕食

2020.02.28.01s.jpg
昨夜はポール一家とチャイニーズレストランへ。
ここはもうすっかり顔馴染みになった。
たわいもない話をしながら、皆で一緒に食事をするのは楽しい。
2020.02.28.02s.jpg
食後、子供たちが公園で遊びたいと言うので、向かい側にあるプレイグラウンドへ。
夕焼けに染まり始めた雲がきれいだった。
2020.02.28.03s.jpg
posted by Tats at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年02月26日

昨夜の集まり

2020.02.26.01s.jpg
昨日は、シティのチャイナタウンで日本人9人が集まって、夕方4時から夜10時ころまで、ずうっと飲み食いしながらおしゃべりしていた。
久しぶりの日本語での会話で、あっという間に時間が過ぎていた。
あれこれ悩みながらもいろいろなことに挑戦している若い人たちの話を聞くのは楽しい。
これからどうしようと悩んでいるのは僕も同じだが。
posted by Tats at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年02月23日

10ヶ月目の月命日

ヘレンが逝ってしまってから今日で10ヶ月が過ぎた。
どう過ごそうかと思っていたが、うちに泊まりに来ていた友人が、ほぼ一日中外へ連れ出してくれた。
別の友人宅を訊ねたり、ビーチへ散歩に行ったりして楽しんだ。何より一人で食事をしなくてすんだのでありがたい。
下の写真は、2年前の今頃、タイへ旅行に出かけた時のもの。
それがヘレンとの最後の旅行になるとは思ってもみなかった。
2020.02.23.01s.jpg
posted by Tats at 21:29| Comment(3) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年02月22日

セシリア宅で夕食

2020.02.22.01s.jpg
昨夜は友人のセシリアの家で、総勢7人が集まって夕食。
セシリアの息子はフィッシュ・ショップをやっているので、いつも良いモノを買ってきてくれる。
まずはオイスターから。刻んだ柑橘類を振りかけてある。
2020.02.22.02s.jpg
オイスターとキッシュを食べながらシャンパンを空けてから、裏庭のデッキへ移動してディナー。
2020.02.22.03s.jpg
メインはグリルしたエビとサーモン。
2種類作ってくれたサラダも美味しかった。
デザートは、リンゴとシュガー・プラムのケーキで、もうお腹いっぱいである。
2020.02.22.04s.jpg
posted by Tats at 17:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年02月21日

socialiseの一日

今日も晴れ時々曇りで、爽やかな風が吹き、気持ちがいい。
ヨーガのレッスンの後、友人のジョージ&ファーンとコーヒー。
午後、今うちにステイしているエミリーの両親が突然遊びに来た。
二人に会うのは4ヶ月ぶりくらいか。
明日、知り合いのバースデイ・パーティーに行くそうだ。
彼らの家はブッシュファイアーのために避難命令が出た地域にあるのだが、幸い家は無事で、今は火災も収まったとのことでよかった。
夜は、友人のセシリアが夕食に呼んでくれているので楽しみだ。
posted by Tats at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年02月13日

ポール一家と夕食

2020.02.13.01s.jpg
昨夜は、ポール一家とチャイニーズ・レストランで夕食。
にぎやか子供たちと一緒の食事は楽しい。
ポールの奥さんのソムはソフィアを連れてタイへ里帰りしていたのだが、先週金曜日にシドニーへ帰ってきた。
タイでも新型コロナ・ウイルスの問題は大きく、バンコックなどの都市や観光地へは行かないようにしていたとのこと。
旧正月を祝うため中国からの人の行き来が激しい時期だったので、懸命な判断だったろう。
2020.02.13.02s.jpg
posted by Tats at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年02月12日

友人たちとレバノン料理

2020.02.12.01s.jpg
昨夜は友人のジョージ&ファーンとレバノン料理を食べに行ってきた。
日本の炭火焼きの焼き鳥とそっくりなチキンの串焼き、ポークではなくラム肉のロール・キャベツ、カリフラワーのオーブン焼きなど、どれもスパイスやヨーグルトがきいていて美味しい。
一人$20くらいで収まる。
2020.02.12.02s.jpg
食事の後、ジョージ&ファーンの家に寄って、お茶とケーキをご馳走になった。
2020.02.12.03s.jpg
二人の猫のトフィーと会うのは久しぶりなので、最初は僕を見て、誰だっけなという顔をしていたが、
2020.02.12.04s.jpg
すぐに、すりすりして挨拶に来てくれたので嬉しい。
2020.02.12.05s.jpg
posted by Tats at 18:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年02月04日

友人宅でお茶

2020.02.04.01s.jpg
昨日の雨で、気温が一気に下がり、今日は最高気温が24℃と、涼しい一日。湿度も下がったので風に当たると肌寒く感じるほどだ。陽にあたりながら芝刈りをしていても気持ちがいい。
午後、友人宅へ遊びに行って、お茶を飲んできた。
彼はリサーチャーで、このところ仕事が忙しく、長時間パソコンでタイプしていたので、右肩から上腕にかけて、ひどい痛みに悩んでいるとのこと。
パソコン作業をしばらく控えれば治るのだろうが、締切があるのでそうもいかない。
大学生の息子に肩を揉んでもらっているお父さん。
2020.02.04.02s.jpg
posted by Tats at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年02月02日

アナ一家が帰っていった

今日は一日、曇って蒸し暑かったが、夕方、雷が鳴り始め、雨が降ってきた。おかげで少し気温が下がってくれてほっとした。
午後、アナ&エイドリアンがエリーを連れて帰路についた。こうして時々遊びに来てくれるのは嬉しい。
下は、初めて見るいろいろなおもちゃに興味津々のエリー。ヘレンが集めてきたおもちゃは40年モノだが、まだまだ現役だ。
2020.02.02.01s.jpg
posted by Tats at 16:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年02月01日

真夏の動物園

今日のシドニーは35℃、キャンベラは43℃、シドニーの内陸部も軒並み40℃を越えた。湿度が高いので、まるで赤道直下の熱帯の国にいるようだ。
朝一で、アナ&エイドリアンの車でエリーを連れて、Taronga Zooへ。モニーク一家と待ち合わせ、大人5人、子供3人で、園内を見て回った。
2020.02.01.01s.jpg
この動物園へ来るのは久しぶりだが、以前と変わらず、メンテが良く、アトラクションが面白い。大人も子供も丸一日楽しめるように工夫されている。入園料は、オンラインで買うと大人$44.10、60歳以上$35.10、とそれなりにするが、その価値はある。東京ディズニーランドのチケットが8,200円もすることに比べたら安いものだ。広い園内に世界各地の動物たちが集められていて、大きな樹々やピクニックエリアもあるので、丸一日楽しめる。
2020.02.01.02s.jpg
食べる時の横顔が可愛いゾウ。
2020.02.01.07s.jpg
子供たちに大人気のシールズのショー。
2020.02.01.09s.jpg
午後、あまりの暑さに、カピバラも
2020.02.01.10s.jpg
トラも水につかって涼を取っていた。
2020.02.01.11s.jpg
子供たちも顔が真っ赤なので、そろそろ引き上げることに。
近くのBalmoral Beachへ泳ぎに行ってクールダウンしてきた。
2020.02.01.12s.jpg
posted by Tats at 18:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年01月29日

さようならブーツ

2020.01.29.01s.jpg
アナ&エイドリアンの犬、ブーツが逝ってしまった。
昨夜、アナが泣きながら電話してきた。
ブーツの容態が悪いことはしばらく前から聞いていた。
食欲がなく下痢が続くので、検査をしたところ、前立腺ガンが見つかったのは、4ヶ月ほど前のことだ。
しばらくは薬でなんとか持っていたが、肝臓や腎臓へ転移したようで、この2ヶ月で体重が10キロ近く落ち、とうとう起き上がれなくなった。
やせ細ったブーツの身体を見ながら、獣医に電話をするのがどれほど辛かったか、僕にもよくわかる。

大きな犬はたいていそうだが、ブーツも子供たちに優しく、一緒に遊んでくれた。
2020.01.29.02s.jpg
下の写真のヘレンもチャーリーもタジーもブーツももういない。
見るのが辛い写真が増えていくのは悲しいものだ。
2020.01.29.03s.jpg
posted by Tats at 17:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2020年01月26日

お向かいさんで夕食

2020.01.26.04s.jpg
昨夜は、お向かいのリナーテ&アーヴィン宅に友人たちと集まって夕食。
三重県菰野市(こもの)に住む遠縁のゆうちゃんが作っているハムやソーセージを持って帰ってきたので、皆に振る舞った。
冷たいままで出せるハムや燻製はリナーテがスライスしてきれいに盛り付けてくれた。
2020.01.26.03s.jpg
2種類のソーセージは5分ほどボイルして、
2020.01.26.05s.jpg
リナーテが作ったローストポーク、ザワークラウト、ポテトなどと一緒に。
2020.01.26.02s.jpg
ゆうちゃんのハム・ソーセージは、どれもこんな美味しいのは食べたことがないと、皆が大絶賛。
この夜のメンバーの出自は、日本人とオーストラリア人以外に、カナダ、ハンガリー、オーストリア、トランシルヴァニア、ラトヴィア、アイルランド。いろいろな国の人にも好まれるとのお墨付きだ。
シドニー空港で見つかって没収されたら嫌だなあと、どきどきしながらも、密輸してきた甲斐があった。昔、マヨネーズと梅干しを没収された苦い経験があるのだ。
ドイツで修行してきたゆうちゃんのハムやソーセージは、ドイツやオランダのコンテストで金賞を取っている。着色料や防腐剤を使わないハム・ソーセージは本当に美味しいのだ。スモーク・ダックもお勧め。脂身が口の中で甘くとろける絶品だ。
ゆうちゃんの店のサイトはここ。
「角屋」
posted by Tats at 17:49| Comment(3) | TrackBack(0) | 家族と友人たち