2019年09月19日

ブーツが前立腺癌

夜、次女のアナが泣きながら電話してきた。
ブーツが前立腺癌で、あちこちに転移しており、もう救いようがないとのこと。
犬が前立腺癌になるとは、全然知らなかった。かなり稀な例らしい。
ブーツの具合が悪そうなので、獣医で検査したところ、癌が見つかったそうだ。
お腹の調子が悪く、おしっこをするのが困難で、苦しそうだとのこと。
今は薬を飲ませているが、近いうちにお別れすることになるだろう。
僕も涙を抑えられない。
アナ&エイドリアンは、去年タジーを13歳で亡くしたばかりだ。
ブーツはまだ8歳なのに。
posted by Tats at 21:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年09月18日

やはりミニ・ストローク

お向かいのアーヴンのお見舞いに行ってきた。
アーヴィンは昨日、MRIを撮り、夜遅く病院から帰ってきた。
やはり脳梗塞を起こした痕が見られるとのこと。
アーヴィンは椅子に座って、身体の左半身を刺激するため、マッサージ器を当てていた。
舌が少し麻痺しているので、発音がちょっと不明瞭になる。
口の中の左側もあまり感覚がないので、噛まないよう気をつけないといけない。
とりあえず、軽度の脳梗塞でよかった。
ダメージを受けた脳細胞はどうしようもないので、地道にリハビリをするしかない。
少しずつでも機能が回復することを祈るばかりだ。
posted by Tats at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年09月15日

アーヴィンが半身麻痺

2019.09.15.01s.jpg
今朝、お向かいのリナーテから電話が来て、アーヴィンの具合が悪いと言う。
昨日の朝、突然、アーヴィンは左半身が麻痺したような状態になった。
頭痛がし、左脚の感覚が全くないとのことで、リナーテがすぐに救急へ連れて行った。
CTを撮ったが、何も異常は見つからなかったので、夕方、一旦、家に帰ってきた。
僕が様子を見に行くと、二人の娘夫婦も来ていた。
アーヴィンはなんとか話すことはできるが、身体の左側が麻痺していて、腕や脚にはほとんど感覚がない。
動かせるが、触ってもわからないという。
僕らの意見は、たぶんミニ・ストローク(軽度の脳梗塞)だろうということで一致した。
感覚がないと、歩くときにバランスを崩しやすいので、ヘレンが使っていたウォーカーを貸してあげることにした。
明日、また病院で診てもらうことにしているそうだ。大事に至らなければいいが。
posted by Tats at 14:50| Comment(3) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年09月14日

昨夜のディナー

2019.09.14.01s.jpg
昨夜は総勢8人で、3時間、飲み食いしておしゃべりして、とても楽しい夜だった。
セスはオイスターを持ってきてくれた。小ぶりだが、味が濃くて美味しい。
2019.09.14.02s.jpg
ローストポークは、150℃くらいでゆっくり加熱したので、柔らかく仕上がってよかった。
2019.09.14.03s.jpg
デザートは、またリナーテが作ってきてくれた。
ティラミスみたいな感じのチョコレートクリームケーキで、アイスクリームと一緒に食べるとぴったりだ。
2019.09.14.04s.jpg
昨夜来てくれた友人たちは、皆、ヘレンが逝ってしまった後、僕を食事やお茶に呼んでくれたり励ましてくれた。
彼らとの良い関係をこれからも大切にしていきたい。
posted by Tats at 18:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年09月13日

夕食の仕込み中

今夜は友人たちを夕食に呼んだので、午後から仕込み中。
一人増えたので、総勢8人になる。
メインはロースト・ポークを作ることにした。
昨日の夜からガーリックとローズマリーをすり込んでマリネしておいた。
これからオーブンに入れて、一時間半ほど焼く。
2019.09.13.01s.jpg
スープはクラムチャウダー。
アサリが小粒で、殻から身を剥がすのが面倒くさいが、仕方がない。
2019.09.13.02s.jpg
後は、野菜を切って、オーブンで焼けば完了だ。
posted by Tats at 16:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年09月08日

昨日は叔母の四十九日

2019.09.08.01s.jpg
昨日は、7月に亡くなったK叔母の四十九日。
奈良の実家で妹たちが法要を執り行ってくれた。
叔母は認知症を患い、車椅子生活だったが、ピアノだけは最期まで弾いていた。
記憶が曖昧になり言葉を失っても、人は音楽を忘れないらしい。
叔母はもう長い曲は弾けなくなっていたけれど、ブルグミュラーの練習曲やモーツァルトやショパンの小曲を弾くのが好きだった。
僕が5月に叔母を訪ねて行った時も、叔母は妹と一緒にピアノを弾いてくれた。
これは、Burgmüller 25 Étudesの全曲。
久々に全部通して聴いてみたが、改めて感激した。こんなに短い練習曲なのに、素晴らしい曲ばかりだ。
叔母のことを思い出してしまって涙が出るが。

ナーシングホームに叔母のピアノを寄付して本当に良かった。
これから先、また誰かが弾いてくれるいいのだが。
posted by Tats at 20:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年09月07日

ベルナデッタとマリーとランチ

2019.09.07.01s.jpg
ベルナデッタとマリーとPenrithのクラブでランチ。
二人と最後に会ったのはヘレンの葬儀の時なので、4ヵ月以上前だ。
このクラブは、昔から二人と待ち合わせて、ヘレンと一緒にランチを食べに来たところなので、なんだか懐かしい。
チャイニーズ・レストランでランチを食べ、ラウンジでコーヒーを飲み、お互いの近況やヘレンの思い出話をしていると、あっという間に3時間半たっていた。
ヘレンのことを気兼ねなく話し合える人たちがいてくれるのはありがたい。
2019.09.07.02s.jpg
ベルナデッタの旦那さんのイーアンは6年前、脾臓ガンで亡くなった。
後片付けは大変だったと聞くと、イーアンは株や投資をやっていたのだが、具合が悪くなってからはいろいろな手続きを放ったらかしだったそうで、その事務処理が煩雑で、もう半年くらい、毎日アタマにきていたわよ、とベルナデッタは笑っていた。
posted by Tats at 22:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年09月06日

リナーテ&アーヴィン宅で夕食

今日はお向かいのリナーテ&アーヴィンが夕食に呼んでくれた。
カリフラワーのスープに、
2019.09.06.01s.jpg
メインはドイツハムと野菜料理。
2019.09.06.02s.jpg
デザートは、イチゴのコンポートにアイスクリーム。
いつもながらリナーテの家庭料理はとても美味しい。
2019.09.06.03s.jpg
リナーテは、昨日colonoscopy(結腸内視鏡検査)を受けてきた。
2週間前くらいからずっとお腹の調子が悪かったので、医者に検査を勧められたそうだ。
コロノスコピーは僕も受けたことがあるので知っているが、前準備が結構辛い。
腸内をきれいにするため下剤と水をたくさん飲んで、頻繁にトイレに通い、前日は完全絶食になる。
なので、今日はやっとまともなモノが食べられるお祝いだ。
posted by Tats at 22:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年08月30日

金柑をおすそ分け

シドニーは今週ずっと冷たい雨の日が続いていて、もう結構うんざりである。
暦の上では春間近のはずなのだが、冬のような寒さだ。
2019.08.30.01s.jpg
この前、ジョージ&ファーンの家で摘んできた金柑をセシリアにおすそ分けに行ってきた。
たくさんあるので、箱ごと持っていって、好きなだけ取ってもらった。彼女はマーマレードとリキュールを作るという。
お礼にと、セシリアが取っておきの金柑酒を出してきてくれた。彼女が漬けた3年物である。
まろやかで美味しい。セシリアとヴァルと一緒に、3人であっという間に空けてしまった。
posted by Tats at 18:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年08月29日

9人で夕食

昨夜は、総勢大人6人子供3人で、にぎやかな夕食だった。
6時頃、三々五々集まって、アヴォカドにクリームチーズ、スモークサーモン、マヨネーズを混ぜて作ったディップをパンにつけて食べ、枝豆をつまみながら、シャンパンを空けて乾杯。
前菜は、雨が降って寒いので、暖かいスープがいいだろうと思って作った、ポークミートボールと白菜のクリームスープ。
2019.08.29.01s.jpg
メインは、チキンカレーとオーブンで焼いた野菜。
皆、喜んで食べてくれて、うれしかった。
2019.08.29.02s.jpg
デザートは、リナーテが作ってきてくれたピーチ&アップル・ケーキにアイスクリームを添えて、お腹いっぱいである。
2019.08.29.03s.jpg
posted by Tats at 19:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年08月28日

今夜は皆とディナー

今朝、泥だらけになった車を洗った。
アナ&エイドリアンの家はファームエリアにあり、山道は舗装されていない。一度走っただけで、土埃で覆われてドロドロになる。
その後、お向かいのリナーテ&アーヴィンを訪ねてコーヒー。
リナーテは胸の手術の痕の抜糸をしたのだが、胃の辺りに不快感があるという。
何が原因かわからないので、精密検査が必要だそうだ。
今夜は、エミリー、リナーテ&アーヴィンに加えてポール一家が夕食に来るので、これから準備である。
posted by Tats at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年08月27日

シドニーへ戻ってきました

2019.08.27.01s.jpg
今日の午後、アナ&エイドリアンの家からシドニーへ帰ってきた。
アナと一緒にJPに会って、遺言検認申請書類にサインをもらって、これで一安心。来週月曜日にシティの最高裁判所へ行って提出する。
僕が彼らの家に居る間に天気が良くなり、ファームにはカンガルーの群れが出てきて、草を食べていた。
2019.08.27.02s.jpg
昨夜は皆でワインを空けてディナーを食べ、たった一泊だったが、のんびり過ごせてうれしかった。
下は、ファームから見る素晴らしい夕暮れ時。
2019.08.27.05s.jpg
posted by Tats at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年08月26日

アナ&エイドリアンの家へ

これから車で3時間くらい走って、アナ&エイドリアンの家に行く。
今日のシドニーは冷たい雨がしとしと降っている。
彼らの家の辺りはもっと寒いだろう。
posted by Tats at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年08月21日

Cancer Councilのランチの会

2019.08.21.01s.jpg
今日はCancer Councilのランチの会。
ここに来ている人たちは皆、伴侶をガンで亡くした。
生き残ってしまった者の悲しみも苦労も共有している。
月に一度、一緒にランチに行く。
ほとんどの人たちとは、ただそれだけの付き合いだが、それだけのことが、うれしくてありがたい。
posted by Tats at 19:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年08月16日

リナーテの手術

一昨日、お向かいのリナーテが胸骨にできた突起を削り落とす手術を受けた。
今日の午後、退院してきたので様子伺いに行ってきた。
運悪く手術の日に外科医が救急にかりだされてしまい、リナーテは朝から夜8時まで待たされたそうだ。
手術前なので何も食べさせてもらえず辛かっただろう。
まだ縫合痕が痛むので、上体を曲げたりはできないとのこと。
ともあれ、突起のせいで寝返りするのも痛かったという状態が改善されたのは良かった。
posted by Tats at 20:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年08月14日

リナーテ&アーヴィン宅で夕食

昨夜は、リナーテ&アーヴィン宅に、友人のジョージ&ファーン、セシリア&ヴァルも来て、総勢7人で夕食。
リナーテは一日かけて美味しいディナーを用意してくれていた。
まずはパンプキンスープに、
2019.08.14.01s.jpg
メインはチキンと各種野菜。
いつもながらどれもヨーロッパの伝統的な家庭料理で心がほっとする。
2019.08.14.02s.jpg
デザートはリンゴとアプリコットのケーキにアイスクリーム。
2019.08.14.03s.jpg
皆でシャンパンから白赤のワインを空け、夜10時すぎまで飲み食いしておしゃべりして、とても楽しい夜だった。
posted by Tats at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年08月04日

エミリーがステイに

今日から、エミリーがうちにステイすることになった。
ヘレンの姪、ジュリーの娘で、シドニー大学へ通うために住むところを探していて、僕に打診してきた。
僕はまだホームステイを受け入れる気になれなかったのだが、エミリーならファミリーの一員なので、気兼ねはいらないし、料理もしなくていい。
エミリーは夕方、車にいっぱい荷物を積んでやってきた。
二人で一階の奥の部屋へ運び込んだ後、キッチンでお茶を飲みながら話をした。
家に誰かがいて、おしゃべりできるのはうれしいものだ。
posted by Tats at 22:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年08月03日

メリーとお茶

2019.08.03.01s.jpg
今日はリトル・ベイに住んでいる友人のメリーを訪ねて一緒にお茶。
2019.08.03.02s.jpg
メリーの旦那さんのアイヴァンは二年前に亡くなった。
キッチンの壁には、アイヴァンの写真が貼られている。
2019.08.03.03s.jpg
ぼくが昨日お墓の話を聞きに行った霊園に、アイヴァンも眠っている。
ヘレンの遺灰は家にも少し置いておきたいと話したら、メリーが金色の容器をくれた。
ブラス製でずっしりと重い。
こんな良い物を頂いてありがたいことだ。
2019.08.03.05s.jpg
posted by Tats at 22:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年07月31日

セス&ヴァル宅で夕食

2019.07.31.01s.jpg
昨夜はセス&ヴァル宅で夕食。
黒パンとサーモンのディップと一緒に、ヴァルが日本のビールを見つけたよと言って出してきてくれたのは「KIRIN 恵み」。
オーストラリアで製造されていて、「First Press Beer」と書いてある。日本の「キリン 一番搾り」と似たようなモノなのだろう。まるでオリーヴ・オイルの宣伝文句みたいだねとヴァルは笑っていた。
少し果実風味のある爽やかで軽い味なので料理の邪魔をしない。苦味やコクはないので、このビール単体を味わうには物足りないが。
ラトヴィア人のヴァルは、オーストラリアのビールはあまり好きではないが、これは気に入っているそうだ。
2019.07.31.02s.jpg
セスが作ってくれた料理はいつものようにどれも美味しい。
スパイスがきいたインド風のトマトスープの後、メインはブルーコッドの蒸し物。
上にナッツやハーブをかけてある。
2019.07.31.03s.jpg
デザートは、リンゴとルバーブのタルトで、お腹いっぱいである。
2019.07.31.04s.jpg
posted by Tats at 22:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年07月27日

アナが泊まりに来ている

昨夜からアナが泊まりに来ている。
今日、シティの近くで友人の結婚祝いのパーティがあるので出席するためだ。
先週のスクールホリデイ中に、アナ&エイドリアンはエリーを連れて、バリ島へ遊びに行っていた。
そのときの写真やヴィデオを見ながら、お土産話を聞いた。
インドネシアで大きな地震が起きた時、二人は小さな島のカフェで食事をしていて、急に椅子がガタガタ揺れ始めたので、誰かがいたずらしているのかと思って後ろを振り返ったら、店内の客が皆、お互いの顔を不安そうに見合っていたとか、エリーが、慣れない食べ物でお腹がユルくなり、プールで二度もうんちをもらしてしまったとか、いろいろなエピソードを聞けて楽しかった。
二人は来年の4月、日本へ旅行に行く。どこへ行こうかと、今から相談中である。
posted by Tats at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年07月23日

さようならK叔母

昨夜、妹から連絡が来て、奈良の病院に入院中だったK叔母が亡くなったことを知らされた。
妹は病院から電話が来てすぐに駆けつけたが、もう逝ってしまっていたそうだ。
昨日の朝のヴァイタル・チェックでは何も異常はなかったのに。ヘレンの時もそうだったが、急変するものらしい。
叔母が90歳の寿命を全うし、苦しまず静かに眠りについたことは、せめてもの幸いだ。
下は、2002年にヘレンを連れて、叔父叔母の家へ泊まりに行ったときの写真。
ぼく以外の三人はもうこの世にいないと思うと悲しくて堪らない。
2019.07.23.01s.jpg
posted by Tats at 15:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年07月18日

ジュリーの誕生日祝い

読めなくなっていたSDカードのデータが、なんとか8割くらいは復旧できて、ほっとした。
先週の金曜日、Tathraまで7時間ほど車を飛ばして、ジュリーの60歳の誕生日を祝いに行ってきた。
2019.07.18.00s.jpg
ジュリー&ロスの家は高台にあるのでとても眺めがいい。
前面に海、後ろに山を望める。天気は良かったがこの日は猛烈に風がきつかった。
2019.07.18.01s.jpg
金曜日の夜は家族だけで集まり、15人でお祝い。
ロスがチキンをローストし、娘たちがケーキを焼いてくれた。
2019.07.18.02s.jpg
ぼくが泊まったB&Bは海のすぐ近くだったので、翌朝はビーチの辺りを散歩してきた。
なんとこの寒い中、海で泳いでいた人が二人いたのにはびっくり。
2019.07.18.14s.jpg
岬にはTathra Wharfという歴史的な桟橋がある。
160年くらい前に作られた古い木造桟橋で、かつては重要な船着き場だった。
今は釣り人たちで賑わっている。
2019.07.18.15s.jpg
ここのカフェは居心地が良く、コーヒーが美味しい。
ローカルのアーティストが作った陶器もたくさん展示販売されている。
2019.07.18.16s.jpg
午後、またジュリー&ロスの家へ。
この土曜日は友人知人もやってきて総勢50人ほどで賑やかにお祝い。
2019.07.18.03s.jpg
この日も風が強く、日が沈むに連れ、猛烈に寒くなってきた。
久しぶりに、手がかじかむとか耳が痛いとかの感覚を思い出した。
ロスが焚き火を二つ用意しておいてくれて助かった。
2019.07.18.04s.jpg
たくさんの人達と楽しいおしゃべりをして、食べて飲んで、最後にはまたケーキが二種類出てきて、お腹いっぱいである。
ロス&ジュリーがスピーチをして、夜9時頃に解散。
2019.07.18.05s.jpg
翌日の日曜日、B&Bを退去し、キャンベラへ向かう。
途中の山道はアイスバーンになっていた。
2019.07.18.20s.jpg
雪景色のファームの写真を撮るため、車を止めて外へ出ると、身震いするほど寒かった。
2019.07.18.21s.jpg
posted by Tats at 22:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年07月11日

明日からTathraへ

明日は朝一で、シドニーから車で7時間ほど南に走って、Tathraという町に行く。
ヘレンの姪のジュリーが60才の誕生日を迎えるので、盛大なお祝いをする。
明日の夜はファミリー・ディナーで、土曜日は各地からたくさんの友人たちもやって来て、昼間からパーティーをする。
ぼくは、せっかくなので、日曜日はキャンベラに立ち寄り、美術館を見てから、アナ&エイドリアンの家に泊めてもらうことにした。
といっても二人は今日からバリ島へ遊びに行っているので、誰もいない家で一人で寝ることになるのだが。
posted by Tats at 19:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年07月10日

「Choys」で夕食

2019.07.10.01s.jpg
昨夜は、リナーテ&アーヴィン、ジョージ&ファーンと一緒に、チャイニーズ・レストラン「Choys」で夕食。
ここは一人$20くらいで十分満足できるし、20年以上同じ場所で毎日営業しているのはすごい。
店の親父さんともすっかり顔馴染みになった。
posted by Tats at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年07月07日

子どもたちとの一日

昨日は雨でまた気温が下がったせいか、ちょっと喉が痛くなった。
悪化しないよう気をつけないと。
今日は、クリスがウイリアムとジュリエットを連れて遊びに来てくれた。
子どもたちと過ごせて楽しい一日だった。
下の写真は、目下ジュリエットがいつも持ち歩いているヌイグルミの犬。
ぼくのカメラで勝手に自撮りしていた。
2019.07.07.01s.jpg
posted by Tats at 22:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年07月06日

叔母の容態

奈良の叔母の容態が悪くなり、ナーシングホームから病院へ移されて、三週間以上経った。
幸い病院は母の家から歩いて行ける距離なので、毎日、妹や母が様子を見に行ってくれている。
叔母はもう口からは何も摂取できないので、点滴で生きながらえているのだが、昨日から血管に針を刺せなくなり、輸液は皮下に入れているそうだ。
叔母の腕は肉が削げ落ちて骨と皮になり、血管は血の色が赤く見えるほど薄くなっていた。
10日前、日本を去る前の日、お見舞いに行った時、目を開けて微笑んで手を振ってくれたおばの姿を思い消すと、堪らない気持ちになる。
posted by Tats at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年07月05日

連日のお呼ばれ

2019.07.05.01s.jpg
昨夜は、お向かいのリナーテ&アーヴィン宅で、牛肉のグーラッシュ。
今日は、友人宅でロシア料理と、連日ごちそうになっている。
本当にありがたいことだ。
お土産に日本で買ってきた日本酒を持っていってあげた。
2019.07.05.02s.jpg
posted by Tats at 20:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年06月30日

今日はシエナの誕生日

2019.06.30.01s.jpg
昨夜は友人のジョージ&ファーンが夕食に呼んでくれた。
彼らの家に来るのはしばらくぶりなので、猫のトフィーは、うーん、誰だったかなあ、というような顔で僕を見ていた。
ジョージは、スープにチキン、野菜はポテトとビーンズを用意していてくれた。
いつながらジョージの料理はほっとするような家庭料理で、寒い夜にはぴったりだ。
2019.06.30.02s.jpg
デザートはファーンが作ったアップルケーキ。
少し酸味のあるリンゴが美味しい。
2019.06.30.03s.jpg
今日はシエナの13才の誕生日なので、夜、皆でチャイニーズ・レストランへ。
シエナには、日本で買ってきた猫のカードとスティッカーをあげた。
2019.06.30.04s.jpg
posted by Tats at 20:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年06月28日

皆と一緒に夕食の日々

2019.06.28.01s.jpg
昨夜は、ポール宅で夕食。
子供3人と猫3匹がうろうろする中で食事をするのは賑やかで楽しい。
2019.06.28.02s.jpg
今夜は、お向かいのリナーテ&アーヴィン、
2019.06.28.03s.jpg
明日はジョージ&ファーンが夕食に呼んでくれている。
僕が寂しくならないようにと、皆に気を使ってもらって本当にありがたい。
posted by Tats at 20:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年06月10日

リナーテ&アーヴィン宅でランチ

今日はクイーンズ・バースデイなので祝日。
一日中、遺言の検認申請関連の文書を読んで、準備をしていた。
ようやく必要な申請書と添付書類がわかった。
お昼はお向かいのリナーテ&アーヴィンがランチに呼んでくれた。
パンプキン・スープに、
2019.06.10.01s.jpg
メインはポーク・ベリーとキャベツの煮込み。
とろとろの豚肉と旨味を吸い込んだキャベツが美味しい。
2019.06.10.02s.jpg
デザートにティラミスを食べて、満腹である。
2019.06.10.03s.jpg
posted by Tats at 22:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち