2017年06月22日

Cancer Councilのランチの会

2017.06.22.01.jpg
昨日はCancer Councilのランチの会。
ヘレンとチェスターと一緒に、うちの近所に住む主催者のジョイスを迎えに行ったら、ケアラーのアマンダがいて、ジョイスに出かける用意をさせていた。
ところが、ジョイスは服を着替えたものの、なんだか気分がダウンしているので、家に居たほうがいいかもと言う。
手が冷たいというので、チェスターが手をさすって温めてあげた。
アマンダが、少しでも歩いたほうがいい、身体も温まるし、となだめ、ジョイスはようやく腰を上げて、出かける気になってくれた。
近所のクラブのビストロまで、杖を突き、アマンダの腕に支えられて、ゆっくりゆっくり歩いて行った。
4月にこの同じビストロで、ジョイスの101才の誕生日をお祝いした時の写真をあげた。
ジョイスは写真を一枚ずつ丁寧に見ながら喜んでくれた。
ジョイスは、ランチにローストポークを頼み、ちゃんと食べていた。食べられるうちはまだまだ大丈夫だ。
2017.06.22.02.jpg
posted by Tats at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年06月21日

Barangaroo

2017.06.21.01.jpg
昨日は友人たちと一緒に、シティのBarangarooへウォーキング。
2017.06.21.02.jpg
あいにくの雨模様の天気だったが、サンドストーンを活かしたガーデンや、シドニー・ハーバーにひらけた眺めはいいものだ。
2017.06.21.03.jpg
ランチを食べに、すぐ近くにあるLord Nelsonへ。
2017.06.21.04.jpg
ここは176年も続いているシドニー最古のパブで、雰囲気の良いカウンターがある。
2017.06.21.05.jpg
ポークパイとピッツァを頼み、ダーク・エールのビールを飲む。香りが良く、コクのあるとても美味しいビールだ。
2017.06.21.06.jpg
昔、オーストラリアに来たばかりの頃、昼間から(時には朝から)パブでビールを飲んでいる人がたくさんいるのでびっくりしたが、いつの間にかぼくもそういう人たちの仲間入りである。
2017.06.21.07.jpg
posted by Tats at 23:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年06月19日

ポール一家とブッシュ・ウォーキング

2017.06.19.01.jpg
昨日はポール一家と一緒に、ブルーマウンテンへ遊びに行ってきた。
幸い天気が良く、ブッシュ・ウォーキングには最適だ。
山に着くなり、子供たちは大喜びで走り回っていた。
2017.06.19.02.jpg
野生のカンガルーが跋扈する中で、ランチを食べ、
2017.06.19.03.jpg
あちこちにあるLookoutと呼ばれる展望台からは、Blue Mountainsの深い森が見渡せる。
2017.06.19.04.jpg
このLeuraのGordon Fall Lookoutからは、隣町のKatoombaにある、Echo PointのThree Sistersという有名な岩を後ろから見ることができる。
2017.06.19.05.jpg
子供たちは岩登りが大好きで、どんどん歩いていく。
2017.06.19.06.jpg
崖の端や荒れた岩場も、自分の力量で行けるかどうか、ちゃんと判断できるのが偉いな。
2017.06.19.07.jpg
滝を見に山道を降りていくと、この冷たい水で泳いでいる子供たちがいてびっくり。
2017.06.19.08.jpg
大人たちはいい加減へばってきて、コーヒーを飲んで一息つくが、子供たちはまだまだ遊び足りない。
2017.06.19.09.jpg
キャンディ・ストアでお菓子を買ってもらい、大はしゃぎである。
帰りの車の中では即、爆睡しただろう。
2017.06.19.10.jpg
posted by Tats at 19:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年06月18日

子供たちのピアノコンサート

2017.06.18.01.jpg
昨日の午後、ウイリアムが教えてもらっているピアノの先生が主催するミニコンサートに行ってきた。
ナーシング・ホームでの慰問の一つで、年に二回、行われている。
ピアノを習っている子たちにとって、こういう発表の場が定期的にあることは励みになるし、ホームに入居しているお年寄りにとっては、元気な子供たちが来てくれるだけでもうれしい。
ピアノを習いたての小さな子が、ほんの数小節弾く、たどたどしい演奏でもいいものだ。
posted by Tats at 19:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年06月17日

ポール一家と夕食

2017.06.17.01.jpg
昨夜はポール一家がやってきて、一緒に夕食。
ローストチキンとサラダ、ボイルした野菜など、ありふれた物ばかりだが、大勢の家族たちと囲む食卓は楽しい。
にぎやかな子供たちと過ごす時間が何よりのご馳走だ。
2017.06.17.02.jpg
posted by Tats at 15:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年06月11日

Three events on a day

昨日はイベントが3つもあって忙しくも楽しかった。
2017.06.11.01.jpg
まずはエリザベスの誕生日を祝って、マラバー・ビーチのそばでランチ。
ウイリアムとジュリエットはアナ&エイドリアンに会うのが久しぶりなので、べったりくっついていた。
テーブルの上に敷いてある紙には落書きしてもいいことになっているので皆で落書き。
2017.06.11.02.jpg
いつ見ても子供の絵は面白い。
2017.06.11.03.jpg
ランチの後は皆でうちに来て、夕方まで遊んでから帰っていった。
夕食は、アナ&エイドリアンの希望で、シティのCentral Park(通称Green Building:壁面に植物がいっぱい生えているから)の裏にある、「Spice Alley」へ。
2017.06.11.04.jpg
新築のビル群の間にわざと残された狭い横町に、中国、インド、タイ、インドネシア、日本など、アジア料理の小さな店がひしめき合っている。このせまっ苦しいアジアン・テイストが受けて大人気だ。
インド料理のタリー、飲茶店から蒸し物と野菜、タイ料理のパッド・タイを食べながら、アサヒビールを飲むという、無茶苦茶な組み合わせを4人で楽しんだ。
アナ&エイドリアンはカレーも割りばしで食べていてなんだか可笑しい。2017.06.11.05.jpg
食後にジェラートを食べてから、Vivid Sydneyを見に、The Rocksへ移動。
雨が降ったりやんだりする悪天候だが、たくさんの人で賑わっていた。2017.06.11.06.jpg
オペラハウスに映し出されるプロジェクションは刻々と変化してとても面白い。
2017.06.11.07.jpg
2017.06.11.08.jpg
2017.06.11.09.jpg
2017.06.11.10.jpg
もっと長く見ていたかったのだが、土砂降りの雨が降ってきたので切り上げて、夜10時過ぎにうちに帰ってきた。
posted by Tats at 20:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年06月10日

タジーとブーツ

2017.06.10.01.jpg
アナ&エイドリアンの犬、タジーとブーツは、早寝早起きで育てられているので、朝6時半になると、ブーツが起こしに来る。濡れた鼻をぼくの顔に押し付け、それでも起きないと、でかい身体でのしかかって、前脚で叩いて、早く散歩に連れて行けとねだる。
タジーは、ぼくらがTVを見ていると、ソファの横に座って一緒に見ている。画面に鳥などが写るとちゃんと反応している。
アナが座ると、二匹とも横にくっついてべったり。小さな子供がマミーに甘える様子と一緒である。
2017.06.10.02.jpg
posted by Tats at 08:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年06月08日

リナーテ&アーヴィン宅でお茶

2017.06.08.01.jpg
今日は、曇り時々雨。この2日間の猛烈な雷雨がようやくおさまってくれてほっとした。
午後、お向かいのリナーテ&アーヴィン宅でお茶。
二人の娘夫婦の犬のサ二ーがいて、駆け寄ってきた。
娘夫婦は今、ギリシャの島巡りをしていて、二人の子供たちが留守番をしている。
サ二ーが寂しがるので、リナーテとアーヴィンが時々連れてきて遊んでやっているのだ。
コーヒーを飲んでいると、サ二ーは、テーブルの上に置かれているお菓子が欲しくて、膝の上に乗ってくる。
そうするとテーブルの上に、まず顎を乗せ、しばらくしたら前脚を一本、それからもう一本と、じりじりと乗り出してお菓子に近づこうとするので、サニーの身体を抑えていないとならない。
2017.06.08.02.jpg
リナーテの脚の状態は、まだまだリハビリに時間がかかりそうだ。
短時間ならサポートなしで立っていられるが、車に乗って出かけると疲れるとのこと。
posted by Tats at 20:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年06月04日

ポール宅で夕食

2017.06.04.01.jpg
今日はポールの家に遊びにいって、一緒に夕食。
3人の子供たちがはしゃぎまわる中で食べるのは楽しい。
ソムが作ってくれたタイ・チキン・カレーはいつものように本格的に辛いのだが、後を引く美味しさで、ついたくさん食べてしまう。ちゃんと甘めの照り焼きチキンも用意してくれていた。
猫のSweetieもぼくのことは憶えているので、食後は、膝の上に乗ってきてくつろいでいる。
2017.06.04.02.jpg
Sweetieの眼に斜めからフラッシュを焚いて写すと、眼の色が違って見えて面白い。
2017.06.04.03.jpg
お土産に、庭で獲れたカボチャをもらってきた。
まだ三つ、大きなのが生っているそうだ。
2017.06.04.04.jpg
posted by Tats at 21:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年05月27日

リナーテ&アーヴィンとコーヒー

今日も晴れて、絶好の洗濯日和である。
朝、掃除洗濯を済ませたあと、お向かいのリナーテ&アーヴィンとコーヒー。
アーヴィンは庭から車庫に上がる階段の横に、手すりを設置しているところだ。
手すりを支える棒を地中深く埋めないと行けないのだが、ちょうど下に水道管が通っていてじゃまになるので、どうしようかと悩んでいた。
リナーテはまだまだ思うように動けないが、家から出られないと退屈で死にそうになるタイプなので、来週、一緒に夕食に行くことになった。
posted by Tats at 22:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年05月25日

ジョージ&ファーンと夕食

2017.05.25.01.jpg
このところ晴天続きで気持ちがいい。
気温は20℃くらいだが、陽当りの良い所を歩くと汗ばむほどだ。
昨夜、近所のレストランで、友人のジョージ&ファーンと夕食。ホームステイしている男性二人も一緒に連れて行ってあげた。
食後は二人の家に寄って、お茶とケーキをごちそうになった。
いつもファーンが作ってくれるケーキはとても美味しい。
2017.05.25.02.jpg
猫のトフィーは人好きで、皆にしっぽを撫でられ、興奮して喜んで走り回っていた。
2017.05.25.03.jpg
posted by Tats at 18:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年05月19日

雨の一日

昨夜から降り出した雨が、今日も一日中続いている。残念ながらこの週末はずっと雨のようだ。
午後、お向かいのリナーテ&アーヴィンとコーヒー。友人のセシリアも来ていた。
リナーテは、手術した脚の痛みは軽減してきたそうだが、やはり家から出て、外を出歩けないので、相当フラストレーションが溜まっているようだ。
地道にリハビリするしかないのは本人もわかってはいるのだが。
posted by Tats at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年05月17日

101歳のジョイス

2017.05.17.01.jpg
今日も快晴で気持ちの良い青空だった。
午後、うちの近くのクラブのビストロで、Cancer Councilのランチの会。
101歳のジョイスはうちのすぐ近所に住んでいるので、いつも迎えに行ってあげる。
杖をつきながらだが、ジョイスは家からビストロまで、ちゃんと歩いて行く。
2017.05.17.02.jpg
ジョイスはオーダーしたラム・シャンクをきれいに平らげていて、皆びっくり。
やっぱり人間、食べて歩けるうちは、まだまだ大丈夫である。
2017.05.17.03.jpg
posted by Tats at 22:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年05月12日

リナーテ&アーヴィンとランチ

今日は雨が降ったり止んだりで、薄ら寒い一日。
クイーンズランドにいるヘレンによると、あちらも雨が降りそうな天気だとのこと。
午後、お向かいのリナーテ&アーヴィンがランチに呼んでくれた。
リナーテは元気な様子で、昨日は、フィジオ・セラピストが来てくれて、歩く練習をしたそうだ。
残念ながら、まだ両脚ともうまく曲がらないので、車には乗れない。
通院するのにも、車椅子ごと乗れる特殊な車を呼ぶしかないので不便だとのこと。
posted by Tats at 21:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年05月10日

退院してきたリナーテ

今日も天気が良く、絶好の洗濯日和だった。
クイーンズランドに向かって車を走らせているヘレンとチェスターによると、内陸部は今朝、霜がおりて、雨だとのこと。
午後、お向かいのリナーテ&アーヴィンとコーヒー。
リナーテは骨折した両脚の術後経過が良くなったので、一昨日退院してきた。
ウォーカーにつかまって、少しずつ歩く練習をしているとのこと。
こわばっていた脚が元通り動くようになるには、まだまだ時間がかかりそうだが、家に帰れて本当にうれしそうだった。
posted by Tats at 19:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年05月09日

ヘレンとチェスターはクイーンズランドへ

今朝、ヘレンとチェスターがクイーンズランドへ向けて出発した。
ぼくは3人いるホームステイの面倒を見ないといけないので、またシドニーに居残りである。
クイーンズランドはもうすぐストロベリーの収穫シーズンなので、ファームで働きたい人たちが泊まりに来るし、チェスターは自分の家の補修がまだまだ残っている。
一ヶ月毎に、むこうとこちらを行ったり来たりする生活はまだ続きそうだ。
posted by Tats at 14:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年05月08日

Bornte Beach

2017.05.08.01.jpg
昨日はポール一家が遊びに来たので、子供たちを連れて近所のブロンテ・ビーチまで散歩に行ってきた。
うちから15分ほど、小川が流れる森の中を歩いて、ビーチの方へ降りてゆく。
2017.05.08.02.jpg
晴天の日曜日とあって、ビーチ沿いの公園は、BBQをしたり、ピクニックに来た人たちでいっぱい。
2017.05.08.03.jpg
秋のビーチは陽が優しいので、日光浴にはもってこいだ。砂に横たわると暖かくて気持ちが良い。
2017.05.08.04.jpg
数ヶ月前の嵐で砂に埋まっていたロックプールもきれいに改装され、賑わっていた。
2017.05.08.05.jpg
子供たちは岩登りをしたり、
2017.05.08.06.jpg
磯辺でウニやカニを探したりして、なかなか帰ろうとしなかった。
2017.05.08.07.jpg
posted by Tats at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年05月07日

ジュリエットのバースデイ・パーティ

2017.05.07.01.jpg
シドニーから北へ1時間半ほど車で走ると、海沿いにきれいなビーチが連なっている。
そのエリアの一つ、Mona Valeというところで、昨日はジュリエットのバースデイ・パーティーをしてきた。
2017.05.07.02.jpg
パーティー会場は森の中の家のテニスコートで、余興にエリザベスが、ポニーを手配しておいてくれた。
2017.05.07.03.jpg
Pony(ポゥニィと発音する)はいろいろな種類があるが、これはShetland Ponyという品種で、頭が良く、人懐っこく、とても可愛い。
長い毛が美しく、ブラッシングをしたり、なでてやると、こちらの手をはぐはぐ噛んで甘える。犬や猫のように尖った歯を持っていないので、不思議な感触だ。
2017.05.07.04.jpg
ポニーとこれだけ長く遊べるチャンスはなかなかないので、子供たちはとてもうれしそうだった。
2017.05.07.05.jpg
posted by Tats at 18:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年05月05日

ポール一家と夕食

2017.05.05.01.jpg
今日はきれいな青空が広がり、気持ちのよい一日だった。
夜、ポール一家と一緒に、チャイニーズレストランで夕食。
2017.05.05.02.jpg
子供たちを見ていると、だいたい5歳を越えると、育ち盛りになるのか、大人並にぱくぱく食べるようになる。
一番下のソフィアはまだ4歳なので、上の二人に比べると圧倒的に少食だ。
2017.05.05.03.jpg
今夜は夜遅くに、アナ&エイドリアンが犬たちを連れて泊まりに来る予定だ。、
明日は、家族皆でPalm Beachの方へ遊びに行く。
posted by Tats at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年05月04日

どんよりとした一日

昨夜は雨で、今日も一日中、曇が多く、どんよりとした天気だった。
午後、友人のセシリアとお向かいのアーウィンが遊びに来たので、一緒にコーヒー。
アーウィンによると、入院中のリナーテは順調に回復してきたせいか、早く家に帰りたいと駄々をこねているそうだ。
当分の間、車椅子生活になるのだが、彼らの家は段差が多いので、あちこちに板を敷いて対応するしかない。
あまり見栄えは良くないが、しかたがないなとアーウィンは嘆いていた。
posted by Tats at 15:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年05月03日

メリー&アイヴァン宅でお茶

2017.05.03.01.jpg
今日は朝から曇りがちで、昼頃から雨が降ってきた。丸一日、陽が射さないので、薄すら寒い。
午後、友人のメリー&アイヴァンのところに遊びに行ってきた。
ヘレンのバナナマ・フィンとメリーのウォールナッツ・ケーキを食べながらお茶。
2017.05.03.02.jpg
アイヴァンはスポーツ関係の本を何冊か書いているが、つい最近、次の本を脱稿したとのこと。
88歳になったが、まだまだ元気だ。
posted by Tats at 16:41| Comment(3) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年05月02日

リナーテのお見舞い

2017.05.02.01.jpg
お向かいのリナーテは、両足の骨が折れたりヒビが入ったため、2週間ほど前に手術をした、
術後の経過は良く、昨日、リハビリテーション用の施設に移動できたので、今日、お見舞いに行ってきた。
リナーテは、脚の痛みが引いてきたとのことで、元気そうな顔をしていたが、まだ立ち上がることもできない、
完治するには時間がかかりそうだ。
2017.05.02.02.jpg
posted by Tats at 14:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年04月28日

ポール一家と夕食

2017.04.28.01.jpg
昨夜はポール&ソム宅に遊びに行って、子供たち3人と猫が走り回る中でで夕食。
メインはソムが2時間ローストしたポーク。外側の皮はパリパリ、中はしっとり柔らかく仕上がっていた。
大きな塊を焼くと美味しいのだが、オーヴンの中が油まみれになるので、後片付けが大変なのだが。
2017.04.28.02.jpg
下は、ローストポークの残り物をもらって満足げなSweetie。
2017.04.28.03.jpg
posted by Tats at 14:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年04月27日

空へ還る日

2017.04.27.01.jpg
今日は奈良の葬儀場で叔父の告別式。
葬儀はごく内輪の家族でやることに決めていて、すべて、妹が手配してくれた。
昨日の納棺の時、剣道の達人だった叔父が愛用していた木刀や好きだった日本酒などをお供えしたそうだ。
幸い今日は奈良もシドニーも天気がいい。同じ青空を見上げているだろう。
叔父は海の男だったが、魂は空に還るような気がする。
posted by Tats at 13:42| Comment(3) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年04月26日

4月25日は忙しい

2017.04.26.01.jpg
毎年4月25日は忙しい。
まずは朝からANZAC Day Paradeを見に、シティへ。
勇壮なバグパイプやブラスバンドの演奏を聴き、ポールも友人のアレンと一緒にパレードしていた。
2017.04.26.02.jpg
午後は、ジュリエットの5歳の誕生日祝い。
2017.04.26.03.jpg
マルーブラ・ビーチで遊んだ後、ケーキを切ってお祝いした。
2017.04.26.04.jpg
posted by Tats at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年04月25日

Rest in peace

昨夜、ぼくの叔父が90歳で永眠した。
一年ほど暮らしたナーシングホームから病院へ移って、約一ヶ月のことだった。
1月末に危篤状態になったので、急遽日本へ行ったのだが、持ち直して、3月には90歳の誕生日を迎えることができた。
それから昨日まで、もう危ないと言われた叔父の生命力の強さには、医者も感嘆していた。
遠く離れているぼくは何もできなかったが、この一年間、母と妹が付き添って世話をし、最期も妹が病室で看取ってくれた。
叔父はぼくにとって第二の父親のような存在だった。物心両面からたくさんのことを与えてくれた叔父には感謝しきれない。
下は、2ヶ月半ほど前、ナーシングホームで。まだ寝たきりではなく、車椅子に座れた頃。
2017.04.25.01.jpg
posted by Tats at 21:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年04月23日

リナーテは二回目の手術

お向かいのリナーテが転んで左脚を骨折し、入院してから一週間たった。
左脚の手術はうまくいったのだが、毎日お見舞いに行っているアーヴィンに様子を聞くと、検査の結果、右脚にも骨折が見つかったので、明日、手術することになったとのこと。
リナーテは早く家に帰りたいと言っているそうだが、残念ながら当分退院できそうにないだろう。
手術が終わってリハビリ施設の方へ移動できたら、ぼくらもお見舞に行こう。
posted by Tats at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年04月20日

ジョイスは101歳

2017.04.20.01.jpg
昨日は友人のジョイスの101歳の誕生日を祝って、うちの近所のクラブのビストロでランチ。
彼女の誕生日は25日なのだが、一足先に、Cancer Council Support Groupのランチの会のメンバーで集まって、お祝いすることにした。
2017.04.20.02.jpg
ジョイスは100歳を越しても、まだ歩けるし頭もしっかりしている。
週一回ヘルパーに来てもらい、彼女のお父さんが建てた古い家で、今も一人で暮らしているのはすごいことだ。
ジョイスのような高齢になっても、自分で身の回りのことができる人はそうはいない。
2017.04.20.03.jpg
posted by Tats at 15:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年04月18日

リナーテが骨折

一昨日、お向かいのリナーテが骨折して、病院に運ばれた。
娘夫婦の家で夕食後、家を出る時に階段で転んで脚を折ったそうだ。
手術は無事に終わったが、まだ入院している。
残念ながら80歳という年齢からして、治りは遅いだろう。
しばらくしたら、リハビリセンターに移るとのこと。
posted by Tats at 11:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2017年04月17日

セシリア宅で夕食

2017.04.17.01.jpg
昨夜は、友人のセシリアが夕食に招いてくれた。
アスパラガスのスープで始め、
マッシュルームのリゾットにサラダを付け合わせに、
2017.04.17.02.jpg
メインは魚のフライ。
キスのようなデリケートな白身魚で美味しい。セシリアの友人が、朝、釣ってきてくれたものだそうだ。
2017.04.17.03.jpg
デザートはプラムケーキとアイスクリームで、お腹いっぱいである。
2017.04.17.04.jpg
猫のモイラはもう17歳になる。
ちょっと痩せてしまったが、まだ元気で、ぼくらを出迎えてくれる。
2017.04.17.05.jpg
posted by Tats at 17:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち