2019年12月27日

夏らしい一日

2019.12.27.01s.jpg
今日も夏らしく暑い一日でうれしい。
明日の夜は日本へ向けて出発するので、その準備や掃除洗濯をしていると、汗だくになった。
朝、お向かいのリナーテ&アーヴィンが朝食に呼んでくれた。
二人は明日の朝、南の方にある別荘へ行く。古い友人たちと年末年始を過ごしてくるとのこと。
夜はポール一家と彼の友人たち12人と一緒に、近所のパブで夕食。
夜風が心地良いので歩いて行った。
2019.12.27.02s.jpg
posted by Tats at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年12月25日

ポール宅でクリスマス・ディナー

2019.12.25.21s.jpg
昨夜、チェスターがクイーンズランドからやってきた。
以前彼に頼んでおいたように、クイーンズランドの家に置いてあった家具などをトレーラーに積んで運んできてくれた。
それで、夜はチェスターも一緒にポール宅に集まってクリスマス・ディナー。
ブッシュファイアーで煙たかったシドニーは、このところ以前よりずっとましになっている。
今日も心地良い夜風が吹いていて、外で夕食にするのは快適だった。
posted by Tats at 20:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

クリスマス・ランチ

2019.12.25.11s.jpg
今日のお昼は友人宅でクリスマス・ランチ。
大人10人子供2人犬4匹がうろうろしている中で飲み食いするのは賑やかで楽しい。
2019.12.25.12s.jpg
ロースト・ハムや魚、イカ、サラダなど、どの料理も美味しかったが、とりわけクイーンズランドのKing Prawnが気に入った。さっとグリルするだけでエビの甘みが口いっぱいに広がる。
2019.12.25.13s.jpg
posted by Tats at 20:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年12月24日

うちでディナーパーティー

2019.12.24.01s.jpg
昨夜は、友人たちが夕食に来てくれて、総勢10人で飲み食いして4時間楽しんだ。
途中、皆でラウンジに移動して、余興に音楽。
若い友人たち二人はミュージシャンで、ギターを弾いて歌い、カホン (Cajón) という楽器を演奏してくれた。
2019.12.24.02s.jpg
カホンは、もともとはペルーの楽器だそうで、見かけはスピーカーのガワというか、ただの木箱である。
この箱の上に座って演奏する。これ一つでかなり多彩な音が出せるので面白い。
下のヴィデオのように、ストリートでバスキングをやるにはもってこいだ。
posted by Tats at 16:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年12月18日

セス宅でヘレンの誕生日祝い

2019.12.18.01s.jpg
今日はヘレンの誕生日なので、一緒にお祝いをしようと、セス&ヴァルが夕食に呼んでくれた。
セスの孫娘二人も遊びに来ていた。
セスはヘレンの好きだったロースト・ラムを作ってくれていた。
オーブンで二度火を入れた肉は柔らかく仕上がり、ジューシーでとても美味しい。
2019.12.18.02s.jpg
セスはヘレンの一番古い友人で、お互いに知り合ったのはもう50年以上前だ。
去年の今頃もセスの家に集まって食事をした。
家の中で車椅子は使えないので、ヘレンはウォーカーを使って裏庭のテーブルまで歩き、身体の痛みにじっと耐えて座っていた。
その時のことを思い出すのはとても辛い。
posted by Tats at 21:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年12月17日

明日はヘレンの誕生日

2019.12.17.01s.jpg
明日18日はヘレンの誕生日なので、うちに誰かを呼んでディナーにしようと思ったのだが、都合で今夜やることになった。
ポール一家と友人のロス&キャロルが来てくれて、ゆっくり夕食を楽しんだ。
ソムがバラの花を持ってくれたので、ヘレンの写真の横に飾った。
ヘレンが好きだった濃いピンク色で、とてもきれいだ。
2019.12.17.02s.jpg
posted by Tats at 20:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年12月16日

リナーテ&アーヴィン宅でディナー

2019.12.16.01s.jpg
今夜はお向かいのリナーテ&アーヴィンがディナーに呼んでくれた。
二人はしばらく別荘に行っていたのだが、一昨日帰ってきたところだ。
彼らの娘夫婦一家と今日オーストリアから遊びに来た友人と一緒に、総勢7人で夕食。
アーヴィンが揚げてくれたチキン・シュニッツェルはいつもながらとても美味しい。
デザートはアイスクリームにチェリーソースをかけて、もうお腹いっぱいである。
2019.12.16.02s.jpg
posted by Tats at 19:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年12月14日

楽しい食事会

2019.12.14.01s.jpg
今日は若い友人たちが3人遊びに来てくれた。
昨日から作っておいたチキンカレーとサラダ、つまみを皆、ぱくぱく食べてくれてうれしい。
ワインを3本空け、7時間近く飲み食いして話をしていたのだが、あっという間の楽しい時間だった。
posted by Tats at 21:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年12月12日

エドナ&オディとランチ

2019.12.12.01s.jpg
今日はエドナとオディが入っているナーシングホームを訪れて、クリスマス・ランチ。
二階のラウンジに食事が用意され、ギターと歌が出迎えてくれた。
エドナは脚が悪くなったのでほとんど出歩けないが、頭も口もまだまだ達者だ。
彼女が好きなチョコレートをプレゼントに持っていってあげた。
オディは来年94歳になる。残念ながら彼とはもう会話がほとんど成り立たない。認知症がゆっくりとだが確実に進んでいる。ひげを剃るのも面倒くさいらしく、顔は真っ白なひげで覆われていた。
2019.12.12.02s.jpg
途中でサンタクロースも登場。皆にお菓子を配ってくれた。
2019.12.12.03s.jpg
posted by Tats at 18:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年12月08日

Aさん夫妻とランチ

2019.12.08.01s.jpg
昨日は友人のAさん夫妻が娘を連れて遊びに来てくれた。
ランチなので軽く、サラダとキッシュにしておいた。
キッシュは、焼き上がりがちょっとユルくなってしまって残念。
オーヴンの温度を少し下げて、あと10分くらい焼けばちょうどよかったな。
2019.12.08.02s.jpg
デザートはAさんが作ってきてくれた美味しいアップルケーキ。
こういうしっかりした焼き菓子は大好きだ。
2019.12.08.03s.jpg
posted by Tats at 18:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年12月07日

セス宅で夕食

2019.12.07.00s.jpg
昨夜は友人のセス&ヴァルが夕食に呼んでくれた。
隣人のロバート&マーガレットもやってきて、5人で楽しんだ。
2019.12.07.01s.jpg
メインはフィッシュ・カレー。スパイスが利いていて、とても美味しい。
魚はフラットヘッド(コチ)を使ったとのこと。
2019.12.07.02s.jpg
食後、僕のカナダ旅行の写真をTVに映して、お土産話。やはりホワイトホースの雪景色と犬達の様子はウケがいい。
ロバート&マーガレットは昔、アメリカのミシンガン州に住んでいた。カナダのすぐ近くなのだが、ユーコンは行ったことがないそうだ。
posted by Tats at 19:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年11月30日

ポール宅で夕食

2019.11.30.01s.jpg
今日はポール一家と夕食。
三人の子どもたちと三匹の猫がうろうろしている賑やかな食卓は楽しい。
下は、ソファで寝ていたロキ。
よう久しぶりと、お腹をなでてやると、びっくりした顔で見上げたが、僕のことは憶えていたようで、うれしい。
2019.11.30.02s.jpg
posted by Tats at 21:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年11月26日

ロス&キャロルとお茶

2019.11.26.01s.jpg
今日は、友人のロス&キャロル宅でお茶。カナダの写真を見ながら、お土産話をした。
ロスはカンタス空港に勤めていたので、世界中あちこちに飛んでいた。アラスカへも行ったことがあるが、ホワイトホースは知らなかったとのこと。
二人ともユーコンの雪景色と犬たちに感激していた。
posted by Tats at 20:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年11月24日

リナーテ&アーヴィン宅で夕食

2019.11.24.01s.jpg
昨夜は、お向かいのリナーテ&アーヴィンが夕食に呼んでくれた。
二人の友人夫婦カール&シルヴィアも来ていた。僕は初めて会うが、気さくな人たちで楽しかった。
カールはオーストリア人なのに、赤ワインしか飲まない。仕事で日本へも行ったことがあり、とても面白かったとのこと。
リナーテ&アーヴィンは明日から南の方にある別荘に行くので、しばらくお別れだ。
posted by Tats at 22:14| Comment(3) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年11月23日

今日で7ヶ月目

2019.11.23.01s.jpg
ヘレンが逝ってしまってから、今日で7ヶ月経った。
今も心にぽっかり空いた喪失感を埋めることができず、時折、悲しみに不意打ちされて落ち込む。
以前より音楽は聴けるようになってきたが、歌はまだまだ辛くて聴けないものが多い。人の声の生々しさに耐えられない。
下は、やっと聴けるようになった、ショパンのノクターン。


一昨日、奇妙な夢を見た。
南イタリアかスペインにあるような薄暗い教会の中で、突然、ヘレンを見つけた。僕は嬉しくて、ヘレンをハグしてキスし、いつまでいるの?と訊ねた。なぜか、僕らはもうお互いに会えないことを知っていた。ヘレンは、15日まではここにいるから、と言った。
夢の記憶はここで途切れている。
へレンの夢を見るのは辛い。『夢でもし逢えたら素敵なことね』という歌があったが、まだそんな気にはなれない。

毎年、家族の写真を入れたクリスマスカードを作っていたのだが、今年はやめることにした。
日本では喪中の場合、年賀欠礼状を出すので、僕も何かカードを出そうかと思い、作業を始めてみたのだが、どうしてもできなかった。写真を選んだり文章を書くことができない。
申し訳ないが、このブログや僕のfacebookで、欠礼の告知をするだけにする。
posted by Tats at 13:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年11月22日

モーリーン&ジョン宅で夕食

2019.11.22.01s.jpg
今日は、友人のモーリーン&ジョンが夕食に呼んでくれた。
息子夫婦一家も来て、子どもたちと一緒に、賑やかな食卓は楽しい。
TVにカナダの写真を映して、お土産話をした。
下は、猫のトンカ。
ジョンが座っている椅子の上がお気に入り。
2019.11.22.02s.jpg
posted by Tats at 20:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年11月21日

Cancer Councilのランチの会

2019.11.21.01s.jpg
昨日はCancer Councilのランチの会。
先月は北米旅行のため欠席したので、皆と会うのは二ヶ月ぶりだ。お土産話をし、近況を訊ねた。
ナーシングホームに入っている、エドナ&オディの様子を、シャーリーに聞いた。エドナは脚が痛くてほとんど歩けないし、オディは認知症が進んでいるが、なんとかやっているそうだ。
来月、ホームでクリスマスパーティーがあるとのことなので、シャーリーと一緒に、二人を訪ねてみようと思う。
posted by Tats at 14:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年11月20日

ジョージ&ファーン宅で夕食

2019.11.20.01s.jpg
昨夜は友人のジョージ&ファーンが夕食に呼んでくれた。
ジョージが作るハンガリー料理と、ファンのケーキはいつもながら、とても美味しい。
猫のトフィーと会うのは久しぶりだが、僕のことは憶えていてくれる。
2019.11.20.02s.jpg
食事中、トフィーがしっぽを立ててすり寄ってくるので、背中をなでてやると、うーん、と気持ち良さそうにそりかえったり、お腹をわしわししてやると、カプッと噛み付いて、ひっくり返って、後ろ脚で蹴る。
2019.11.20.03s.jpg
この噛み方が、痛くないギリギリの力の入れ方で、感心する。
こういう風にヒトと遊んでくれる猫はいいな。
posted by Tats at 15:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年11月17日

楽しい午後

2019.11.17.01s.jpg
今日は昼12時から、友人たちが三々五々集まってきて、皆でランチ。
心配していた雨も、午前中に少し降っただけなので、助かった。
総勢、大人18人・子供2人と犬一匹がわらわらと入り乱れて、最後のゲストが帰るとき、時計を見たらもう夜7時という、あっという間の楽しい時間だった。
posted by Tats at 20:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年11月16日

9人で夕食

2019.11.16.01s.jpg
アナ一家に加えて、今夜はポール一家が遊びに来たので、皆で一緒に夕食。
大人5人、子供4人で囲む食卓は賑やかで楽しい。
明日の午後は、友人たちがうちに15人以上来てくれそうでうれしい。
ただし天気予報によると、明日は気温が下がり、最高気温22℃で雷雨の可能性あり、とのこと。
庭がカラカラに乾燥しているので雨は欲しいが、なんとか夜のうちに降ってほしいものだ。
posted by Tats at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年10月11日

リナーテ&アーヴィン宅でディナー

2019.10.11.01s.jpg
僕らの共通の友人、ロバート&トレイシーが遊びに来た。
二人はシドニーから車で6時間くらい南に住んでいて、ロバートの仕事の都合で、年に一回くらいシドニーへやってくる。
夜、お向かいのリナーテ&アーヴィンがロバート&トレイシーも一緒に夕食に呼んでくれた。
メインは、アーヴィンが作ってくれたチキン・シュニッツェル。
からっと揚がっていてとても美味しい。
2019.10.11.02s.jpg
デザートは、プディング。
2019.10.11.03s.jpg
ロバートは仕事の関係で日本に行ったことがあり、それ以来、日本酒が好きになった。
今年の年末に日本へ行くので、お土産に美味しい日本酒を買ってきてあげようと思う。
posted by Tats at 20:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年10月08日

リナーテ&アーヴィン宅で夕食

2019.10.08.01s.jpg
昨夜は、リナーテ&アーヴィン宅に友人たちと一緒に集まり、総勢8人で夕食。
スープの後、ロールキャベツやピーマンの肉詰め、サラダとパン、
2019.10.08.02s.jpg
デザートは、クレームブリュレとナッツのケーキで、皆もうお腹いっぱいである。
2019.10.08.03s.jpg
三時間半、飲み食いしておしゃべりして、とても楽しい夕べだった。
posted by Tats at 17:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年10月06日

昨日のランチとディナー

昨日の午後、雨模様の中、シティのサリーヒルズへ。
シティの南、セントラル・ステーションの東側にあり、独特の雰囲気が残っている面白いエリアだ。
近代的なビルが立ち並ぶ、シティの北側とは違って、小さな店やシアターなどが生き残っている。
2019.10.06.01s.jpg
毎月、第一土曜日に開かれているマーケットに合わせて、図書館の二階にあるレストランがオープンする。
ここで友人たち4人と待ち合わせてランチ。
そのうち二人は10年以上アメリカに住んでいたので、現地事情をいろいろと教えてもらった。
といっても、二人はシアトルとかカナダに近いところは寒くて嫌だったから、シリコン・ヴァレーに住んでいたそうだが。
2019.10.06.02s.jpg
夜は、ビーチ沿いのクラブで、ポール一家と夕食。
2019.10.06.03s.jpg
先日届いた遺言の検認書類と、僕が準備した再承認依頼申請書を、ポールに手渡した。
これで、10日後、僕が北米に発ってからも、事務手続きを進められる。
2019.10.06.04s.jpg
posted by Tats at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年09月19日

ブーツが前立腺癌

夜、次女のアナが泣きながら電話してきた。
ブーツが前立腺癌で、あちこちに転移しており、もう救いようがないとのこと。
犬が前立腺癌になるとは、全然知らなかった。かなり稀な例らしい。
ブーツの具合が悪そうなので、獣医で検査したところ、癌が見つかったそうだ。
お腹の調子が悪く、おしっこをするのが困難で、苦しそうだとのこと。
今は薬を飲ませているが、近いうちにお別れすることになるだろう。
僕も涙を抑えられない。
アナ&エイドリアンは、去年タジーを13歳で亡くしたばかりだ。
ブーツはまだ8歳なのに。
posted by Tats at 21:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年09月18日

やはりミニ・ストローク

お向かいのアーヴンのお見舞いに行ってきた。
アーヴィンは昨日、MRIを撮り、夜遅く病院から帰ってきた。
やはり脳梗塞を起こした痕が見られるとのこと。
アーヴィンは椅子に座って、身体の左半身を刺激するため、マッサージ器を当てていた。
舌が少し麻痺しているので、発音がちょっと不明瞭になる。
口の中の左側もあまり感覚がないので、噛まないよう気をつけないといけない。
とりあえず、軽度の脳梗塞でよかった。
ダメージを受けた脳細胞はどうしようもないので、地道にリハビリをするしかない。
少しずつでも機能が回復することを祈るばかりだ。
posted by Tats at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年09月15日

アーヴィンが半身麻痺

2019.09.15.01s.jpg
今朝、お向かいのリナーテから電話が来て、アーヴィンの具合が悪いと言う。
昨日の朝、突然、アーヴィンは左半身が麻痺したような状態になった。
頭痛がし、左脚の感覚が全くないとのことで、リナーテがすぐに救急へ連れて行った。
CTを撮ったが、何も異常は見つからなかったので、夕方、一旦、家に帰ってきた。
僕が様子を見に行くと、二人の娘夫婦も来ていた。
アーヴィンはなんとか話すことはできるが、身体の左側が麻痺していて、腕や脚にはほとんど感覚がない。
動かせるが、触ってもわからないという。
僕らの意見は、たぶんミニ・ストローク(軽度の脳梗塞)だろうということで一致した。
感覚がないと、歩くときにバランスを崩しやすいので、ヘレンが使っていたウォーカーを貸してあげることにした。
明日、また病院で診てもらうことにしているそうだ。大事に至らなければいいが。
posted by Tats at 14:50| Comment(3) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年09月14日

昨夜のディナー

2019.09.14.01s.jpg
昨夜は総勢8人で、3時間、飲み食いしておしゃべりして、とても楽しい夜だった。
セスはオイスターを持ってきてくれた。小ぶりだが、味が濃くて美味しい。
2019.09.14.02s.jpg
ローストポークは、150℃くらいでゆっくり加熱したので、柔らかく仕上がってよかった。
2019.09.14.03s.jpg
デザートは、またリナーテが作ってきてくれた。
ティラミスみたいな感じのチョコレートクリームケーキで、アイスクリームと一緒に食べるとぴったりだ。
2019.09.14.04s.jpg
昨夜来てくれた友人たちは、皆、ヘレンが逝ってしまった後、僕を食事やお茶に呼んでくれたり励ましてくれた。
彼らとの良い関係をこれからも大切にしていきたい。
posted by Tats at 18:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年09月13日

夕食の仕込み中

今夜は友人たちを夕食に呼んだので、午後から仕込み中。
一人増えたので、総勢8人になる。
メインはロースト・ポークを作ることにした。
昨日の夜からガーリックとローズマリーをすり込んでマリネしておいた。
これからオーブンに入れて、一時間半ほど焼く。
2019.09.13.01s.jpg
スープはクラムチャウダー。
アサリが小粒で、殻から身を剥がすのが面倒くさいが、仕方がない。
2019.09.13.02s.jpg
後は、野菜を切って、オーブンで焼けば完了だ。
posted by Tats at 16:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年09月08日

昨日は叔母の四十九日

2019.09.08.01s.jpg
昨日は、7月に亡くなったK叔母の四十九日。
奈良の実家で妹たちが法要を執り行ってくれた。
叔母は認知症を患い、車椅子生活だったが、ピアノだけは最期まで弾いていた。
記憶が曖昧になり言葉を失っても、人は音楽を忘れないらしい。
叔母はもう長い曲は弾けなくなっていたけれど、ブルグミュラーの練習曲やモーツァルトやショパンの小曲を弾くのが好きだった。
僕が5月に叔母を訪ねて行った時も、叔母は妹と一緒にピアノを弾いてくれた。
これは、Burgmüller 25 Étudesの全曲。
久々に全部通して聴いてみたが、改めて感激した。こんなに短い練習曲なのに、素晴らしい曲ばかりだ。
叔母のことを思い出してしまって涙が出るが。

ナーシングホームに叔母のピアノを寄付して本当に良かった。
これから先、また誰かが弾いてくれるいいのだが。
posted by Tats at 20:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち

2019年09月07日

ベルナデッタとマリーとランチ

2019.09.07.01s.jpg
ベルナデッタとマリーとPenrithのクラブでランチ。
二人と最後に会ったのはヘレンの葬儀の時なので、4ヵ月以上前だ。
このクラブは、昔から二人と待ち合わせて、ヘレンと一緒にランチを食べに来たところなので、なんだか懐かしい。
チャイニーズ・レストランでランチを食べ、ラウンジでコーヒーを飲み、お互いの近況やヘレンの思い出話をしていると、あっという間に3時間半たっていた。
ヘレンのことを気兼ねなく話し合える人たちがいてくれるのはありがたい。
2019.09.07.02s.jpg
ベルナデッタの旦那さんのイーアンは6年前、脾臓ガンで亡くなった。
後片付けは大変だったと聞くと、イーアンは株や投資をやっていたのだが、具合が悪くなってからはいろいろな手続きを放ったらかしだったそうで、その事務処理が煩雑で、もう半年くらい、毎日アタマにきていたわよ、とベルナデッタは笑っていた。
posted by Tats at 22:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち