2007年07月28日

乾期のダーウィン

darwin01.jpg
今日は一日ほとんど寝ていて、夕方ようやく起きだしてきた。なにしろ、飛行機のスケジュールがひどくて、ダーウィン発が夜中の1時半、シドニーまで4時間のフライトだが、朝4時に朝食サービスで起こされ、ほとんど寝られなかった。シャトルバスで一緒になった、シンガポールへ帰るというインド人カップルも、午前3時発だそうで、どうして時間をつぶそうかと悩んでいた。
乾期のダーウィンは蒸し暑くなく、蚊や蝿も少ないので快適だ。ただ車がないと非常に不便だ。電車はないし、バスのルートは非常に限られていて本数も少ない。冬の今でも30℃を越えるので、長時間は歩けない。
今回の旅行については本家のホームページのほうで詳しく書く予定だが、とりあえず、上の写真はCrocodylus Parkで。ここでは小さなワニの子供を触らせてくれる。
posted by Tats at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel: ちょっと遠出

ダーウィンから帰ってきました

darwin00.jpg
今朝、6時にダーウィンからシドニーに帰ってきた。正味9日間という短い旅行だったが、Darwin市内から、Kakadu, Katherine, Lithfield, Tiwi Islandを見て廻れた。Northern Territoryは広大なので、ほんの一部をかすめた程度だ。
ダーウィンではティモール海に沈む壮大な夕日が見られる。陽が沈む頃になると、ビーチにたくさんの人が集まってくる。浜辺に座ってビールを片手に、シャンパンを抜いてディナーをとりながらレストランで、皆、この移り変わる空の色を楽しんでいる。何よりも素晴らしいショーだ。
posted by Tats at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel: ちょっと遠出