2020年03月22日

ビーチが閉鎖された

昨日は良い天気だったので、いつものようにBondi Beachにたくさんの人が繰り出してしまい、オーストラリア政府は急遽、閉鎖命令を出して、ビーチから人を追い払った。
Covid-19の感染を防ぐため、「social-distance」といって、人と人とは1.5m以上離れるようにとの指令が出ているのだが、とうてい守られそうにないから仕方がない。
今朝、Clovelly Beachへ泳ぎに行ったら、こちらも、このように閉鎖になっていた。
2020.03.22.01s.jpg
Bondiだけかと思っていたので、あわてて調べてみたら、Eastern Suburbsのビーチは全部閉鎖になっていた。
隣のビーチのBronteへ行ってみたら、ビーチ沿いにはフェンスが置かれ、
2020.03.22.02s.jpg
プールも閉まっていた。
2020.03.22.03s.jpg
それでも、人々は崖の上からのんびり海を眺めたり、
2020.03.22.05s.jpg
公園でフットボールの練習をして楽しんでいた。
2020.03.22.04s.jpg
posted by Tats at 19:14| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年03月21日

ソファの脚が完成

2020.03.21.01s.jpg
ソファの脚が全部完成したので、取り付けた。
高さもちょうどいい。
次は、ソファにかけるカヴァーをどうするか考えないといけない。
三人がけのラウンジには大きな布が必要だ。
シーツを二枚つなぐとか、カーテン用の生地を買うか?
posted by Tats at 16:42| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年03月19日

Clovelly Beach

2020.03.19.01s.jpg
今日は晴れて、気温も27℃と、久しぶりの夏日になった。
朝、Clovelly Beachへ、今うちにステイしている人も一緒に連れて、散歩に行ってきた。
岩壁に打ち寄せる白波を見ながら、崖の上を歩く。
新型コロナウイルスのせいで、引きこもり生活を強いられてうんざりの毎日だが、空と海は変わらず美しい。
2020.03.19.02s.jpg
posted by Tats at 21:18| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年03月18日

オーストラリアは行動制限を強化

今朝、オーストラリア政府は新型コロナウイルス対策として新しい施策を発表した。
MEDIA STATEMENT 18 Mar 2020 Prime Minister
首相のスコット・モリソンは、このウイルスは100年に1度の問題だと述べ、この先6ヶ月続くと仮定して、2つの制限を加えた。
・海外渡航は禁止
・屋内での100人以上の集会は禁止
政府は、生活用品の買いだめをしないようにと要請しているが、今日、買い物に行ったら、スーパーマーケットの棚は、以前よりもっと欠品が多い。
トイレットペーパーやパスタが棚に並んでいるのは長らく見ていないが、肉のコーナーもからっぽだった。
2020.03.18.01s.jpg
今のところ、学校を閉鎖するかどうかは、各学校の判断に任されている。
うちにステイしているエミリーはシドニー大学に通っているのだが、教室や図書館も閉鎖され、授業はオンラインに切り替わったとのこと。
できるだけ、家にひきこもれと言われているので、ほとんどの勤め人も在宅で仕事をしている。
インターネットと携帯電話があって本当によかった。
大人数が集まる催しは軒並みキャンセルされている。
僕が来週末に予約していた野外オペラも中止になってしまった。
来月はイースターで、イースター・ショーとANZAC Dayパレードという、オーストラリアにとって重要なイヴェントあるのだが、これも中止だ。
それでも水道・電気・ガスはちゃんと稼働しているし、家でやること、やれることはいくらでもあるので、しばらく引きこもり生活でもそう困らない。
トイレットペーパーがなくなっても、バケツに水をくんでおいて、インド方式で手で洗えばいい、ポルトガルでもそうやってるらしいよ、とエミリーに提案したのだが、「それはヤダ」とあっさり強烈に拒否されてしまった(笑)。
posted by Tats at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年03月16日

ソファの脚作り

2020.03.15.01s.jpg
以前やりかけて中断していた、ソファの脚作りを再開した。
ポケットホールの穴を開け、切って、ヤスリとサンドペーパーで磨き、オイルを塗る。
ソファは3セットあるので、合計12個も同じモノを作らないといけないので、面倒だが仕方がない。
2020.03.15.02s.jpg
左側が脚をつけたソファ。これくらいの高さでいいかな。
2020.03.15.03s.jpg
posted by Tats at 21:38| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年03月15日

14-day self-isolation for foreign arrivals


今日、オーストラリア政府は、新型コロナウイルスの感染を防ぐため、新しい規制を発表した。
・海外から入国した人は全員、14日間、自己隔離すること(14-day self-isolation for foreign arrivals)
・クルーズ船は30日間、寄港禁止
自己隔離については、ニュージーランドがすでに同じ制限を設けている。
どの国から来たか、何国人かには関係なく、海外から来た人全員が対象だ。
オーストラリアに住んでいて、外国から帰ってくる人なら、2週間の引きこもり生活は、まあなんとかやれるだろうが、滞在日数が限られた旅行者にとっては、旅行自体をキャンセルするしかないだろう。
今現在、オーストラリアでの、感染者は298名、死者5名だ。
この先、イタリアやスペインのようにあっという間に蔓延しないことを願うしかない。
posted by Tats at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年03月13日

オーストラリア政府の要請

今日、ヨーガのレッスンの時、先生のメイの提案で、除菌ティッシュでヨーガ・マットを拭いてきれいにした。
今の状況では、皆が直接触れるモノに対しては、ちょっと神経質なくらい注意するのいいことだ。
今日、オーストラリア政府は、F1グランプリもイースター・ショーも中止すると発表した。
500人以上の集まりや、海外旅行に行くのは、考え直しくれと要請している。
今はまだ要請だが、これが命令になるような状況にならないことを祈るしかない。
posted by Tats at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年03月11日

あれから9年

2011年の今日、東日本大震災が起きて、地震と津波で福島の町と原発が破壊された。
TVとインターネットで配信されるニュースに釘付けだったあの日のことは、今でもよく憶えている。
あれからもう9年も経ったとは信じられない思いだ。
新型コロナウイルスで世界中が大騒ぎをしている2020年の今も似たような様相だ。
放射能とウイルスはよく似ている。どちらも根絶することはできない。
放射性同位体はどこにでもあるモノだし、ウイルスは変異し続けて生き残るだろう。
空気・水・土、無生物から生物、すべてを通じて広がっていく。

福島が故郷の遠藤ミチロウは、震災のすぐ後、「プロジェクトFUKUSHIMA!」を立ち上げ、コンサートを開催した。
歌い続けていた数年後、ミチロウは膠原病を患い、そして、去年、すい臓ガンで逝ってしまった。
彼の病気が放射能が原因だったのどうかはわからない。
これは、ミチロウが亡くなる一年前に歌った「浪江」。
posted by Tats at 21:49| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年03月10日

ヘレンの教材を片付ける

2020.03.10.01s.jpg
ヘレンの遺品の中で、昔、教材として使っていたプリントや本が、キャビネット一杯に残されている。
昨日から、キャビネットの箱を開け、捨てるもの、チャリティー・ショップに寄付するもの、エリーに使えそうなもの、に分ける選別作業をしている。
アナ&エイドリアンの娘のエリーはまだ2歳だ。これから文字や数字を憶えていく年代なので、役に立つ本があるだろう。
2020.03.10.02s.jpg
ヘレンは教師として誇りを持っていた。
通常の教師の資格に加えて、スペシャル・エデュケーションの資格も持っていた。
特別に工夫された教材を使って、主にスロー・ラーナー(学習障害者)の子供たちを教えていた。
ヘレンが長年かけて作り・集めてきた教材の数々を処分するのは悲しく、ヘレンが書き込んだ文字を目にするのは辛い。
posted by Tats at 20:10| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年03月09日

Maroubra Beach

2020.03.09.01s.jpg
この数日、曇り時々晴れ、時々シャワーが降るという不安定な天気が続いている。
洗濯や芝刈りをしたいのだが、なかなかタイミングがつかめず困ったものだ。
上の写真は散歩に行ったMaroubra Beach。
歩いているときは大丈夫だったが、午後から雨が降ってきた。
posted by Tats at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年03月07日

ホール・スタンドが完成

2020.03.07.01s.jpg
ようやくホール・スタンドが完成した。
レンガ壁に穴を開けるのが嫌だったので、鏡は壁に固定されていない。
鏡の背面下に30cmくらいの脚をつけ、足台にスクリューで留めてある。
これで、鏡がテーブルの上にちゃんと安定して、ほっとした。
家の入り口のドアを入ってすぐ左側に設置した。
この辺りが、すっきりきれいになって嬉しい。
2020.03.07.02s.jpg
posted by Tats at 19:45| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年03月06日

オーストラリアでも買いだめ

オーストラリアでも、新型コロナウイルスの不安にかられて、買いだめに走っている人が多く、トイレットペーパーなどが棚から消えていると、報道されている。
オーストラリア政府は「Stop Panic Buying, Australia is Fine」と、首相のスコット・モリソン自ら、毎日のように、大丈夫、モノは十分にあるから買いだめしないで、と訴えつづけているのだが。
そんなにたくさんの人が、新型コロナウイルスに感染したので、自宅で二週間自己隔離しようとして、生活必需品を買いだめしているとは思えない。なんとなく不安にかられた人が多いのだろう。
今うちにステイしているエミリーが、先週、Coles(コールズ)に行ったら、空き棚がいっぱいあって、全然モノがない、と嘆いていた。 
僕も先週、買い物に行ったが、それほどひどい欠品には気が付かなかった。それで、今日の午後、Maroubraへ買い物に行って様子を見て来た。
まずは、Maroubraで一番大きいショッピングセンターのPacific SquareにあるColesへ。
確かに、トイレットペーパー、テッシュペーパー、紙おむつ、
2020.03.06.03s.jpg
パスタ、
2020.03.06.01s.jpg
ライス、
2020.03.06.02s.jpg
は、在庫ゼロ。見事なまでの空っぽぶりだ。
オイル類も欠品が目立つ。
同じ建物内にある、ドイツ系スーパーALDI(アルディ)も、紙類は在庫なし、
2020.03.06.05s.jpg
特売品の棚も空っぽだ。ただし、他の品々は在庫なしにはなっていない。
2020.03.06.04s.jpg
Pacific Squareの向かい側に古いビルがあり、この1階にGreen Grocerという、ちょっと業務用スーパーっぽい店がある。僕がよく使うところだ。
こちらは、ライスの棚も、いつもよりは少し在庫が少ないが、まだまだ大丈夫。
2020.03.06.06s.jpg
トイレットペーパーは、バルク買いする人が多いのだろう、大きな箱ごとパレットに積み上げられていた。
2020.03.06.07s.jpg
店によって状況はかなり違うことがわかった。
たぶん、大手スーパーの、Coles, Woolworth, ALDIでは、まだしばらくは品不足が続くような感じがする。
posted by Tats at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年03月05日

ホール・スタンドの鏡の足台

この数日、シドニーは雨が降り続いている。
気温が下がったので、陽が暮れると長袖・長ズボンが必要だ。
先日からやっていたホール・スタンド作りはもうすぐ完了。
2020.03.05.01s.jpg
テーブルの上に鏡を設置するために足台が必要なのだが、その部材作りに時間がかかった。
ちょうど良いサイズのチークの端材があったので使ったのだが、固くて、切ったり削ったりするのに苦労した。
ハードウッドをきれいに曲線切りするのは難しい。
もっと柔らかくて加工しやすいパインにしておけばよかったと思ったが後の祭り。
苦心の末、ようやく足台の部材が3つ、揃った。
2020.03.05.02s.jpg
オイルを塗り重ねて、テーブルと同じような色合いにした。
こんなものかな。
2020.03.05.03s.jpg
posted by Tats at 18:50| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年03月03日

天気が急変

昨夜、急に冷たい風が吹き始め、気温が一気に15℃くらい下がった。
今日も朝から小雨が降り、肌寒い一日になった。
昨日に引き続き、家の中でホール・スタンドの作業していた。
こんな天気の悪い日に家にいるとうんざりするので、夜は、久しぶりに映画を観に行く予定だ。
posted by Tats at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年03月02日

ホール・スタンドの製作

2020.03.02.01s.jpg
今日は朝から熱風が吹き、日中は35℃を越える猛暑になった。
外で何かするには暑すぎるので、家の中で木工作業をやっていた。
先日から少しずつ作っているホール・スタンドだが、どうやって鏡を設置しようか、悩んでいた。
鏡はかなり重たく、縦型に設置するので、倒れないよう、足台も必要だ。
一番簡単で安くできる方法はと、いろいろ考えて、ようやくデザインが決まった。
今日はとりあえず、鏡の後ろに支柱を取り付けた。
明日は足台を作る。
posted by Tats at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年03月01日

快晴の一日

2020.03.01.01s.jpg
今日も快晴で、爽やかな一日。
風もあるので、洗濯にはもってこいだった。
強い雨風で落ち葉や小枝が家の周りに大量に散らばっていたのだが、ようやく全部掃除ができた。
この好天がしばらくは続いてくれればいいが。
2020.03.01.02s.jpg
posted by Tats at 21:40| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年02月28日

マレーシアの状況

毎週金曜日はヨーガのレッスン。
先生のメイはマレーシアに住むお母さんのお見舞いに二週間ほど行っていた。
マレーシアの様子を聞くと、やはり、新型コロナウイルスのせいで、皆、ピリピリしているとのこと。
世界各国の新型コロナウイルスの感染状況を、BNO Noticias Coronavirus trackerが、リアルタイムでまとめている。
これによると、
Japan 226(Cases) 5(Deaths)
Malaysia 25(Cases) 0(Deaths)
で、日本に比べて、マレーシアでは感染者数は十分の一、死者も出ていない。
それでも、マレーシア政府は感染を抑えるための方策を次々と打ち出し、国民に対して多額の経済援助を決めた。
マレーシアの状況によると、「新型コロナウイルスの経済へのダメージを軽減するための、合計200億リンギット(5千億円)の経済支援を発表」したとのこと。
さて、日本政府はこれからどうするのだろうか。
posted by Tats at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年02月27日

不安定な天気

2020.02.27.01s.jpg
昨日の日中は30℃を越えて暑かったが、夜になって強い風が吹き出し、気温が一気に下がった。
今朝、庭や家の周りにいっぱい積もった落ち葉を掃除し、芝刈りをした。
昨日の朝方は良い天気だったので、洗濯をしたのだが、午後から急にシャワーが降りだし、洗濯物がずぶ濡れになってしまた。
今日は午後に暗い雲が出てきたが、幸い雨は降らなかった。
夕方、晴れ間が見えてきて、夕焼けに染まり始めた雲がきれいだった。
2020.02.27.02s.jpg
posted by Tats at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年02月25日

夏日が戻ってきた

今日は28℃くらいまで上がる夏日になった。
ホール・スタンドにオイルを塗り、磨いていると、汗だくになった。
夕方からシティへ。
友人たち8人くらいと集まって、夕食に行く予定だ。
posted by Tats at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年02月24日

ホール・スタンド作り

先日から、家の入口辺りを片付けて、壁際に置くhall standを作っている。
2020.02.24.01s.jpg
古いバーニッシュを剥がすため、サンディングし、
2020.02.24.02s.jpg
ナチュラル・オイルを塗った。
テーブルの上に、大きな鏡を取り付ける予定。
こんな感じでいいかな。
2020.02.24.03s.jpg
このhall standは道に捨ててあるのを拾ってきた。
そんなに良い木材を使っているわけではないので、サンディングしても、きれいな木目や色が出なかったが、まあこれでいいだろう。
後は、オイルを塗り重ね、鏡の足台を作る。
久しぶりの木工で楽しい。
posted by Tats at 20:35| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年02月20日

Bronte Beach

2020.02.20.01s.jpg
今日も爽やかな一日。最高気温は25℃くらいか。
夕方、友人と一緒に海沿いを散歩に行ってきた。
Clovellyから、崖の上を歩いて、Bronte Beachへ。
ちょっと波が強いので、皆、ロックプールで泳いでいた。
2020.02.20.02s.jpg
日が陰ってくると、風が冷たく肌寒い。
なぜかカモメの大群が吹きっさらしの砂浜に集まっていた。
2020.02.20.03s.jpg
posted by Tats at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年02月19日

Cancer Councilのランチの会

2020.02.19.02s.jpg
昨夜は、猛烈な雷と暴風雨だった。
強い風にあおられて雨が吹き込んでくるので、窓を全部締め切ってまわった。
幸い今日は一転して、爽やかで青空が広がる良い天気になってくれた。
道路は吹き飛ばされた落ち葉と枝だらけだったが。
2020.02.19.01s.jpg
午後、Cancer Councilのランチの会。
皆と会うのは2ヶ月振りだ。
2020.02.19.03s.jpg
今日の参加者で最高齢は97歳の女性。
きれいな赤いマニキュアと同じ色のイアリングが素敵だった。
2020.02.19.04s.jpg
posted by Tats at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年02月15日

週末はCentral coastで

今日の午後から、Central coastへ。
友人宅に泊まり、コンサートに行く予定だ。
ちょっと雲が出ているが、晴れてくれるといいが。
posted by Tats at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年02月11日

掃除が大変

2020.02.11.01s.jpg
今朝は、晴れ間が見えたので、溜まっていた洗濯物を片付けた。
庭に散らばっていた木の葉や枝も掃除し、芝刈りをした。
あまりの大量の雨のため、庭の砂が流れ出して、家の周りに堆積している。
その周りはまだ水が溜まっていて、びしょびしょなので、もう少し水が引いてから掃除をしよう。
友人宅は雨漏りして、ネットも固定電話も使えなくなってしまったと嘆いていた。
たぶんケーブルの端末機が水に浸かったのだろう。
うちは掃除が大変なくらいですんだので、ラッキーだった。
posted by Tats at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年02月10日

暴風雨がおさまった

2020.02.10.01s.jpg
ようやく暴風雨がおさまって、今日は曇りの一日。
道には強風でちぎれ飛んだ街路樹の枝や葉が散乱し、路上駐車していた車のタイヤに絡みついていた。
うちの庭も落ち葉と小枝だらけで、掃除に時間がかかりそうだ。
posted by Tats at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年02月09日

暴風雨

2020.02.09.01s.jpg
昨日からずっと大雨が降り続いている。
激しい風が吹いているので、家がみしみし音を立て、壁や窓に雨が叩きつけられている。
薄ら寒いので、真夏だと言うのに、長袖・長ズボンが必要だ。
あまりの大量の雨のため、各地で洪水の被害が出ている。
少し前までブッシュファイアーで煙だらけで、気温が40℃まで上がり、早く雨が降ってほしいと願っていたとは想像もできないくらいだ。
posted by Tats at 11:29| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年02月08日

辛い手紙

1月に日本から戻ってきたとき、郵便物の整理をしていて、ヘレンの古い友人からクリスマスカードが2通、届いていた。
ヘレンの葬儀のあと、友人知人には全員連絡したと思っていたのだが、彼らは数年に一度くらい会う仲だったので、失念していた。
ヘレンが逝ってしまった経緯を書き、葬儀のときに作ったブックレットのコピーを同封して送った。
こういう手紙を書くのは悲しくてやりきれない。
今まで延ばし延ばしにしていたのを、ようやく書き終えてほっとしたが、古傷をえぐられるようで辛い。
posted by Tats at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年02月07日

雨の日に聴く唄

今日も雨の一日。
ちょっと前から観たかった「Jagatara2020 ナンのこっちゃい生サロン - お前たちはお前たちの仲間を作れ -」を、ようやく全部観た。

4時間もあるが、なかなか面白かった。
安冨歩や宮台真司のように、少し遅れてJAGATARAに出会った人たちも登場している。JAGATARAのことを知らずに、それでも、嗅ぎつけてくるような人に、JAGATARAのバトンを渡したいと言っていたOTOの思いが実現していた。
この生サロンはいわば二次会で、2020年1月27日に開催されたコンサート「虹色のファンファーレ」は、DVD化されるとのことで楽しみだ。
もちろんそのコンサートは、生サロンの中で宮台真司が語ったように、江戸アケミが在命中のJAGATARAが持っていた強度や輝きは持っていないだろう。それは皆承知の上、一時の同窓会を楽しみ、そして散会して、生き残ってしまった僕らにできることをするだけだ。

OTOと南流石のインタビュー

1983年11月23日、アケミが入院する直前の「タンゴ」は最高だ。


アケミは30年前、どんとは20年前、遠藤ミチロウは去年、あの世へ逝ってしまった。
JAGATARAの最後の曲「Super star?」。
こんな曲を作ってしまったらもう生きていなくてもいいと、アケミは思ったのかもしれない。

- 聴こえてくるのはあの唄
- 遠い日覚えたあの唄
- 聴こえてくるのはあの唄
- お前は口ずさみ歩く
- その時悩みはそよ風に溶けて
- あとかたもなくどこかへ消えていく

そんな唄にたくさん出会えた僕は幸せなのだろう。

Jagatara2020 新曲 個別事前練習用歌詞動画
posted by Tats at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年02月06日

もう一組のソファの脚の補修

昨夜、突然雨が降ってきて、朝には止んだが、今日も夜になってから雨が降り始めた。昼間は天気がいいのは幸いだ。
2020.02.06.01s.jpg
もう一組のソファの脚の補修を始めた。
ソファの下のフレームが傷んでいるので、まずはそこから修繕する方法を考えないとならない。
添え木を付けるだけですめばいいが。
2020.02.06.02s.jpg
posted by Tats at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年02月05日

さわやかな天気

2020.02.05.01s.jpg
今日もさわやかな良い天気で気持ちがいい。
一日、事務処理をしていたのでClovelley Beachへ散歩に行って来た。
隣のBronte Beachまで崖沿いを歩く。
歩く分には風が心地良いが、海から出るとかなり肌寒そうだ。
posted by Tats at 21:10| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記