2020年07月29日

冬の陽気

2020.07.29.01s.jpg
昨日から雨が上がり、今日は朝から晴れて陽射しが心地良い。
陽気を浴びて、ラヴェンダーも気持ちよさそうだ。
Spanish Lavenderという種類だそうで、花持ちがいいので気に入っている。
2020.07.29.02s.jpg
庭の木の枝を払って、ゴミ箱に詰め込んだら、すぐ満杯になってしまった。またお隣さんに頼んで借りよう。
2020.07.29.03s.jpg
posted by Tats at 16:05| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年07月28日

COVID-19の感染拡大

オーストラリアのVIC州でのCOVID-19の感染拡大がまだ止まらない。今日は、384名の感染者が見つかり、6人が死亡した。
僕が住んでいるNSW州で今日見つかった感染者は14名だ。VIC州の感染が桁違いなのがわかる。
オーストラリア全体で、具合が悪いと思ったらすぐに検査に行けと勧めている。
検査しまくって、ホットスポットを洗い出し、その場所と日時を一覧にしてサイトにアップし、注意を促している。対処が明確になるのでありがたい。
NSW州のCOVID-19のサイトの最新情報はここ。
Latest COVID-19 case locations in NSW
ほとんどのホットスポットは教会や墓地、クラブ、フィットネス・ジム、レストランだ。どこもうちからかなり遠いが、一番近いのは、Potts Point。二駅先のキングス・クロスの辺りで、The ApolloとThai Rock Restaurantという、二軒のレストランで感染者が見つかった。
やはり人が集まる機会が増えると、感染を食い止めるのは難しい。
posted by Tats at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年07月27日

ヘレンの確定申告

オーストラリアで収入を得る人は、必ずTFN(タックス・ファイル・ナンバー)を取得し、納税者は全員、確定申告をしなければならない。毎年、前年の7月1日から今年の6月末までの収入や経費をATO(オーストラリアン・タックス・オフィス)に申告する。税金を過剰に払っていれば、Tax Returnが返ってくる。申告作業は、ネットでできるので楽だ。
去年、ヘレンが4月に逝ってしまった後、確定申告をしなかった。日本に二回行ったり、遺言の検認作業で忙しく、締切の10月末を過ぎてしまった。
今年の確定申告の時期になり、死亡者でも申告が必要かどうかATOに問い合わせてみたところ、返事が来て、やはり、申告せよとのこと。事務作業が面倒だが仕方がない。
posted by Tats at 18:06| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年07月26日

湿気ないように

2020.07.26.01s.jpg
天気予報通り、昨日から小雨が降りだした。
今日は一日中雨。時折、強い風が吹き、雨が横殴りに窓を叩きつけてくる。
こういう時は家も身も心も湿気てくるので、暖炉を焚いて温める。
寒い夜には火を見ているだけでも落ち着く。
posted by Tats at 17:43| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年07月25日

見積もりを集める

この2週間ほど、家の補修をしてもらう業者を探している。
1つ目の仕事は、雨水の排水パイプをつなぐこと。
sewage(下水)用のsewer pipeには雨水を流してはいけない事になっている。雨水はstormwater pipeへつないで排水しなくてはならない。
うちにはレインウォータータンクがあって、それに雨水を溜めて、庭の水やりなどに使っている。夏の乾季には重宝しているが、大雨が降ると、満杯になったレインウォータータンクから溢れ出た水が、家の横に流れ、川のようになる。雨がやんでも、日陰なのでなかなか乾かず、いつまでも濡れている。苔が生えてつるつる滑るし、一階の部屋が湿気る。
2020.07.25.02s.jpg
2つ目は、バルコニーの階段を作り直す。
ハンドレールの根本と、いくつかのステップの端が腐食している。階段を踏んだ途端、ガクッと崩壊するかもしれないので、あぶなくてしょうがない。35年前にポールが作ったのだが、今まで、よくもったものだ。
2020.07.25.01s.jpg
見積もりを3つ取って、比較する。
信頼できそうな業者を探して、連絡し、現場を見に来てもらって、見積もりを出してもらうのだが、時間がかかる。今までに10人くらいにコンタクトを取ったが、返事が来ない、やりたくない、とかで、なかなか揃わない。来週も数人、見に来る予定だ。
posted by Tats at 19:32| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年07月24日

Bronte Beach

2020.07.24.01s.jpg
今日はブロンテ・ビーチへ散歩に行ってきた。
うちから歩いて15分ほど、坂を下ってゆくと、Bronte Gullyという小さな峡谷に出る。
森の中に滝が流れている。
2020.07.24.02s.jpg
子どもたちの遊び場になっていて、これは誰かが落ち枝で作った小屋。
2020.07.24.03s.jpg
滝から流れ落ちた水は水路に入り、海へ続いている。
2020.07.24.04s.jpg
ビーチの近くに公園があり、
2020.07.24.05s.jpg
BBQエリアがある。
2020.07.24.06s.jpg
天気が良いので、陽射しが暖かく、気持ちが良い。砂の上には太陽を求めてきた人が寝転がっている。
2020.07.24.07s.jpg
結構波が高く、水温も17℃くらいしかないが、それでも泳いでいる人がいる。
2020.07.24.08s.jpg
シドニーの冬は、家の中より外のほうが暖かい。座って海を見ていると眠たくなってきた。
明日からまた天気が崩れるとの予報なので、今日、散歩に来て良かった。
posted by Tats at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年07月23日

粗大ごみの収集の準備

明日の朝、粗大ごみの収集に来てくれるので、その準備。
バルコニーから剥がした穴だらけの古いルーフシートはそのままだと長すぎて、収集してくれないので、サーキュラー・ソーで短くカットした。バリバリと盛大な音がして、猛烈にうるさい。破片は飛び散るし。
2020.07.23.01s.jpg
ハンドリングしやすいよう、4枚ずつまとめて、テープでとめる。
2020.07.23.02s.jpg
古い冷蔵庫、壊れたイスやオモチャなどを積み上げた。
一回あたりの収集量は2立方メートル以内という規定があるので、こんなものか。
2020.07.23.03s.jpg
まだまだ捨てたいモノがあるが、次回の粗大ごみ収集の10月まで待とう。
posted by Tats at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年07月21日

18年目の結婚記念日

18年前の今日、家に家族や友人たちを30人くらい招いて、ヘレンと結婚式をした。
日取りを決め、セレブラント(結婚式執行人)と打ち合わせ、招待状を作り、ウエディングドレスは自分で作ると言うヘレンと生地を探しに行ったり、ジュエリー・デザイナーの家に行って指輪をオーダーしたり、準備は忙しかったが、手作りのホーム・ウエディングは楽しかった。
式の数日前、奈良の両親と東京の叔父叔母がやってきて一緒に過ごせたことも、とても良い思い出だ。
facebookのポストには写真を上げたが、ヘレンの写真を見るのはまだ辛い。集合写真の中にも、僕の父を始め、他にももう会えなくなってしまった人が何人かいるし。
posted by Tats at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年07月20日

ゴミ箱詰め

2020.07.20.01s.jpg
カウンシルに粗大ゴミのピックアップを今週金曜日に頼んだので、箱詰め作業をしている。壊れたオモチャなどを8箱に詰めた。
粗大ゴミの収集は年一回決まった日にあるが、それ以外に年に二回、自分で依頼できる。冷蔵庫やマットレスも出せるが、一回に2㎥しか出せないので、そう大量には捨てられない。
地方によっては、Tipと呼ばれるゴミ捨場に何でも捨てに行けるが、シドニーのような都市では無理だ。
posted by Tats at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年07月19日

Kurnellを散歩

今日も晴れて、暖かい陽射しが心地良い。
朝、うちから南へ30分ほど行った家に、廃材をもらいに行ってきた。暖炉の薪にするのにいいサイズだ。6箱分もらって、車に積みこんだ。
2020.07.19.01s.jpg
帰り道、ちょうど良い場所なので、Kurnell(カーネル)へ寄って散歩をしてきた。
ここは、Captain Cook's Landing Placeと言って、1770年4月28日に、イギリスからキャプテン・クックが率いた船が上陸した場所だ。Botany Bayに面した半島のような地形で、波が穏やかなので、船をつけるのにはちょうど良かったのだろう。
モニュメントと石碑が建っている。
2020.07.19.02s.jpg
石碑の近くに、新しいオブジェが展示されていた。
多分、クックたちが乗ってきた船 Endeavourのイメージなのだろうが、クジラの骨にも見える。子どもたちが大喜びで、よじ登ったり寝転んだりして遊んでいた。
2020.07.19.03s.jpg
この辺り一帯は、Kamay Botany Bay National Parkという広大な公園になっている。
Visitor Centreの中にはミュージアムがあるのだが、残念ながら、コロナのせいでまだ再開していなかった。
2020.07.19.04s.jpg
posted by Tats at 19:00| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年07月17日

寒い日は暖炉を焚く

2020.07.17.01s.jpg
この数日、雨が降ったりやんだりで天気が悪い。陽が射さず、最高気温が12℃位しかないので、家の中がしんしんと冷える。
暖炉を焚くと、家全体がほのかに暖かくて気持ちがいいのだが、よく乾燥した薪のストックがあまりないので、けちけち使っている。
明日は、友人たち4人がランチに来るので、暖炉を焚いておきたい。ランチは何を作ろうかな。
posted by Tats at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年07月16日

6年前のメール

数日前、突然、フロリダのパティからメールが来た。僕が6年間に送ったメールが、なぜか今頃、届いたそうだ。パティとは2014年の12月にメールを送った後、音信不通になっていた。クリスマスカードはやりとりしていたが、それ以降、メールは返ってこなかった。
6年前のメールで、僕らは、パティの旦那さんのノーマンが亡くなったことや、ヘレンが乳癌の手術をしたことを、書いていた。パティは乳癌サヴァイヴァーなので、ヘレンに励ましのメッセージを書いてくれた。
パティとノーマンに会ったのは、1997年のメイン州で、アーカディ音楽祭を観に行った時だ。僕の両親と他に数人と一緒に、ボストンからバンゴーという街へ出向いた。アーカディ音楽祭はピアニストの池宮正信さんが主催していた素晴らしい音楽祭で、パティとノーマンはこの音楽祭の運営のヴォランティアをしていた。
コンサートの中日、パティ夫妻が、日本から来た僕らをランチパーティーに呼んでくれた。庭のテーブルの上には、大小様々なベルが並べられていて、ベル・ミュージシャンのパティは数曲聴かせてくれた。パティは、ソロで、教会で演奏する機会が多いと言っていた。
たぶんこんなふうな感じなのだろう。


一人でたくさんのベルを奏でるのは大変だが、大人数ならもっと複雑な曲も演れる。
パティの家で、僕もベルに触らせてもらったが、大きなベルはなかなか重たくて、きちんと鳴らすには腕の力がいる。

Bohemian Rhapsody


Stairway to Heaven


パティとノーマンは歳を取るにつれて、メイン州の冬の寒さが身体にこたえるようになったので、暖かいフロリダに引っ越した。
ノーマンが亡くなったあと、パティは69歳の時、大学に行き、数年後、別の男性と再婚した。
最近の写真を見ると、昔よりすっきり痩せて、真っ白な長い髪が良く似合う。
パティは今年、75歳。まだまだ元気でいてほしい。いつか会いに行けるといいな。
posted by Tats at 21:37| Comment(3) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年07月15日

やっと竹ゴミが片付いた

2020.07.15.01s.jpg
3ヶ月かかって、ようやく庭の竹ゴミが片付いた。
うちのゴミ箱はもういっぱいなので、お向かいのアーヴィンにゴミ箱を借りて、竹を切って詰め込んだ。
そんな作業をしていると、路上で遊んでいた、近所の子供たちが寄ってくる。今はスクールホリデイ中なので、ヒマなのだ。なにしてるのー、この竹ちょうだいと持っていき、振り回して遊んでいる。
捨てようと思っていた、子供用の黒板をあげたら喜んで、チョークでお絵かきをしていた。
2020.07.15.02s.jpg
posted by Tats at 15:38| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年07月14日

COVID-19の感染が再拡大


オーストラリアのVIC(ヴィクトリア州)で、COVID-19の感染者が増えて、第二波が来たと騒ぎになっていたが、NSW(ニュー・サウス・ウエールズ州)にもホットスポットが現れてきた。
数日前、シドニーの南西にあるCasula(カシューラ)というエリアにあるCrossroads Hotelのパブで飲んでいた人たちが感染源のようだ。その近辺の、CampbelltownやLiverpoolも、ホットスポットに指定された。
少し規制を緩めて、人出が回復したとたん感染が見つかったので、政府はまた規制を強める方針だ。
NSWでは、今週金曜日7月17日から、一旦緩めたパブでの規制を強化すると、今日発表した。予約またはテーブル毎の人数を、現行20人までから、10人までに減らすとのこと。
VICと州を境にする、NSWとSA(サウス・オーストラリア州)は、州境を封鎖して警察が検問し、不要な移動をチェックしている。
なんとかホットスポットを拡大させないよう、感染を封じ込めようと努力している。
それから、海外からオーストラリアに到着した人は、二週間、指定されたホテルで自己隔離しないといけないのだが、7月18日からその費用が有料になる。宿泊費用と食事代で、大人1人A$3,000とのこと。
3月末からずっと自己負担ゼロで隔離場所を提供してきたし、帰るべき人たちはもうすでに帰ってきているはず、という判断なのだろう。
規制強化に対する金銭的な支援するため、政府は、低所得者や高齢者などに、A$750を振り込むと発表した。これは今年二回目の支援で、これから2週間くらいで支給完了するとのこと。
日本では特別定額給付金10万円を支給するのに、何ヶ月かかっているんだろう?
posted by Tats at 23:01| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年07月13日

バルコニーの階段

2020.07.13.01s.jpg
バルコニーから庭へ降りる階段のハンドレールの根本が腐って、ぐらぐらしている。
一昨年、一番下のステップと5番目は板の端が腐って、落ちてしまったので、チェスターが応急措置をした。
今回は、二番目の板が落ちてしまった。とりあえず、板の下にレンガを置いて、支えている。
この階段とバルコニーは、30年以上前にポールが作った。この20年間は、僕がペンキを何度も塗り替えた。全体はまだしっかりしているが、どうしても地面に近い部分は湿気で腐食しやすい。
全体を作り直すのは時間もお金もかかるので、なんとか部分補修で済ませられないかな。
posted by Tats at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年07月12日

Wifiスピーカーを買った

2020.07.12.01s.jpg
この前、アナ&エイドリアンの家に遊びに行った時、Wifiスピーカーを使っているのを見て、僕も欲しくなった。
家の中やバルコニーで気軽に使うには、Bluetooth接続よりもWifi接続の方が便利だし、音もいい。
キッチンに置いてあるCDラジカセはうん10年物で、スイッチが馬鹿になってきたので、買い替え時期だし。
買ったのは、August WS350という機種。ガワが茶色なので、黒一色よりも周りの雰囲気に合う。
スマホに、August Alinkという専用アプリを入れると、アプリからラジオ局を選んだり、スマホに入っている音楽を再生できる。
困ったのは、スマホに入っている他のプレイヤーから、どうやって接続できるかわからない。
youtubeや、クラウドに保存してあるファイルを再生したいのだが。Bluetoothで接続すればできるだろうが、それではWifiスピーカーとしての意味がない。
Android自体で、スマホ内蔵スピーカーを使うか、Wifiスピーカーを使うかを切り替える方法はないのだろうか。
それから、Windows10が入っているデスクトップ・パソコンからも接続できない。
LAN上に置いてあるWifiプリンターは、PCでもスマホでも印刷可能なのに、なぜこのWifiスピーカーは、どちらからもOSレベルで認識されないのか不思議だ。もう少し調べてみることにして、今日はここまで。
ともあれ、ラジオは良い音で鳴ってくれている。
posted by Tats at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年07月10日

Harold Reid Reserve

2020.07.10.01s.jpg
今朝、ノースの方に用事で行ったので、ついでにHarold Reid Reserveでブッシュ・ウォーキングをしてきた。
このリザーヴはものすごく広く、いくつかの遊歩道がある。今日はNorth Arm Walking Trackの一部を歩いてきた。
左手に穏やかなSugarloaf Bayが見える。
2020.07.10.04s.jpg
まだ雨で濡れているので、崖の上を歩く時は気をつけないといけない。
2020.07.10.03s.jpg
右側は丘になっていて、巨大な樹木や
2020.07.10.05s.jpg
岩がごろごろしている。
2020.07.10.06s.jpg
冬なので小さな花が咲いているだけだ。来月になればワトルが咲き始めるだろう。
2020.07.10.09s.jpg
2020.07.10.08s.jpg
2020.07.10.07s.jpg
このトラックは全長5kmくらいなのだが、アップダウンがあるし、雨上がりで湿気が多いので、汗だくになる。
2020.07.10.10s.jpg
この赤っぽい岩は、ナウシカに出てくるオームのように見える。
2020.07.10.11s.jpg
この朽ち果てた木も腐海にありそうな。
2020.07.10.12s.jpg
ようやく丘の上の出口に到着。ここからもと来た入り口へ降りる細い道がある。
途中休憩を入れて二時間、良い運動だった。
2020.07.10.13s.jpg
posted by Tats at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年07月09日

バックシェッドのルーフ張替え

2020.07.09.01s.jpg
今日は雨が上がって、良い天気になった。
朝一で、ポールが部下を連れて、バックシェッドのルーフの張替えに来てくれた。
古いルーフを剥がし、新しいルーフパネルとアルミのジョイントとエッジングを切り、ラバーのインシュレーターを挟んで、パネルをつないでいく。
各部材のサイズを正確にカットするのに、結構手間がかかる。
2020.07.09.02s.jpg
90%完了したところで、ポールたちは他の現場へ行く用事ができたので、今日の作業は終わり。
2020.07.09.03s.jpg
posted by Tats at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年07月08日

L字型コーナーキャビネットの解体

昨夜から雨が降り始め、今日も、曇時々シャワー。陽がささないので、寒さがこたえる。
バルコニーの隅に置いてあるL字型のコーナーキャビネットの天板を剥がした。
天板の中はチップボードなので、暦年の風雨でぼろぼろに崩れている。
2020.07.08.01s.jpg
金槌とノミで天板を浮かし、バーを突っ込んでばりばり引き剥がす。
2020.07.08.02s.jpg
釘やスクリューを抜き、扉も外し、スケルトンにした。
これをどうしようか考え中。全部捨てるか、バラして薪にするか、あるいは何かに利用するか。
2020.07.08.03s.jpg
posted by Tats at 19:57| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年07月07日

VIC州でCOVID-19感染増加

この二ヶ月間、オーストラリア全体でCOVID-19の感染者数が減るに従い、各州は少しずつ行動規制を緩和してきたが、VIC州のメルボルン周辺で、感染者数が再び増えだした。
昨日7月6日は、検査数2,660名で、感染者127名だったとのこと。
それで、明日7月8日から、NSW州とVIC州のボーダーを閉鎖することになった。
一時、緩めた規制も、また厳しくせざるを得なくなったし、州境の街に住んでいる人たちはとても不便だ。
posted by Tats at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年07月06日

まだまだ片付けもの

2020.07.06.01s.jpg
今日も快晴で真っ青な空が素晴らしい。丘の上から海がきれいに見える。
暖かい陽射しの中、バルコニーの隅に長い間放置されていたL字型カウンターの中と、周りに積んであったオモチャ箱を整理をした。
2020.07.06.02s.jpg
引き出しや箱の中には、アリやゴキブリや得体のしれない虫が住み着いていて、開けるたびに、うぎゃあとなりながら全部片付けた。
2020.07.06.03s.jpg
ふと後ろを振り返ると、隣家の猫のジギーがいて、なにしてるの?という顔で見ていた。
2020.07.06.04s.jpg
posted by Tats at 16:20| Comment(4) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年07月05日

夕焼け雲

2020.07.05.01s.jpg
今日も快晴で気持ちがいいが、陽が暮れると一気に寒さがこたえる。
家の中が10℃近くまで下がるので、分厚いセーターを着て、下はスキーパンツをはいている。
夕方、少し雲が出てきて、きれいな夕焼け雲が見られた。
2020.07.05.02s.jpg
posted by Tats at 18:14| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年07月03日

冬の花々

2020.07.03.01s.jpg
このところ快晴が続いていて、真っ青な空がきれいだ。
日中は陽射しが暖かく、20℃くらいまで上がるので、庭仕事をしていると汗だくになる。
好天のせいか、新しく植えた植物の花が咲いてくれて嬉しい。
2020.07.03.02s.jpg
2020.07.03.03s.jpg
2020.07.03.04s.jpg
2020.07.03.05s.jpg
posted by Tats at 21:26| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年07月02日

隣家の子犬

2020.07.02.01s.jpg
隣近所に頼んでゴミ箱を3つ借りたが、まだ竹を捨てきれない。
あと一回、二週間後でやっと片付きそうだ。
夕方、ゴミ箱に竹を詰め込んでいると、散歩中の犬たちに会う。触らせてくれるのでうれしい。道端で遊んでいる近所の子供たちも犬と会うと大喜びだ。
上の写真は隣家の犬。まだほんの子供なのに、情けない皺くちゃな爺臭い顔で可笑しい。
posted by Tats at 19:56| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年07月01日

まだ捨てきれない竹

2020.07.01.01s.jpg
庭の竹の根っこ掘りは2ヶ月前に完了し、2週間毎の収集に合わせて捨てていたのだが、取り除いた竹はまだ捨てきれていない。
最近の雨で、バケツに立てて保管していた竹が濡れてしまった。そのままにしておくと腐ってしまう。今日、天気が良くなったので、庭に広げて乾燥させた。
今週金曜日の収集日には全部捨てたい。
うちのゴミ箱はもう満杯なので、また隣近所に頼んでゴミ箱を貸してもらわなければならないが。
posted by Tats at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年06月28日

暖炉用の薪

2020.06.28.01s.jpg
暖炉の薪に使う木をもらいに行ってきた。
現地に行ってみると、巨大なホワイト・ガムとペーパー・バークの二種類のガムトゥリーをチェインソーで切っていた。
適当な枝を拾って、車に積んで持って帰った。
ガムトゥリーの木質は緻密なので、薪にはもってこいだ。
うちの暖炉の幅に収まる長さに切らないといけないのだが、雨が降ってきたので、とりあえず箱に入れて、ガレージに置いてある。
2020.06.28.02s.jpg
posted by Tats at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年06月26日

閑散としたシティ

2020.06.26.01s.jpg
シティの日本領事館でヘレンの死亡届けを申出してきた。
相変わらずのお役所仕事で、いろいろ修正箇所があり、45分もかかった。
うんざりかつ悲しいので、気晴らしにサーキュラー・キーへ散歩に行ってみた。
金曜日だと言うのに、観光客が全くいないので閑散としている。
ロックスも人通りが少なく、マーケットも開かれていない
巨大なクルーズ船が停泊して、数千人の人たちが乗り降りし、賑わっていた頃が想像できない。
2020.06.26.02s.jpg
再開発中のBarangarooに行くと、建築現場以外では、ほとんど人影がない。
2020.06.26.03s.jpg
歩き疲れたので、この辺りに来たらいつも立ち寄るThe Lord Nelson Brewery Hotelで、ダーク・エールを一杯。
バーで、サーバーのおじさんに、もう再オープンしたんだね、コロナの影響はどう?と聞いたら、幸いここは有名店なので、客足も戻ってきているとのこと。
つぶれなくてよかった。
2020.06.26.04s.jpg
posted by Tats at 18:34| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年06月25日

日本の市役所にヘレンの死亡届を出す

日本の市役所にヘレンの死亡届を出すのをすっかり忘れていた、というか、考えたくもなかったし、やりたくもなかったのだろう。
この一年、すっかり心の隅に追いやっていたが、ようやく、シティにあるシドニー日本領事館に出向いて、届けを出すことにした。
オーストラリア人の配偶者の死亡届は申出と言うそうだ。
届け用紙を見たら、死亡時刻まで記入せよと書いてあって、それはヘレンの死亡証明書にも記載されていないので、医者の書いたメディカルレポートを入手した。
こちらで発行されたDeath Certificate(死亡証明書)と Cremation Certificate(火葬証明書)は僕が自分で和訳して提出しないとといけない。面倒だが仕方がない。
シドニー日本領事館はコロナのせいで完全予約制になっている。明日の午前中に予約を入れた。

僕の戸籍謄本からヘレンの名前が消されるのは、とてもつらくて悲しい。
今日も快晴で、書類の準備をしている僕の部屋の窓からは素晴らしい青空が見える。
こんな時は、ZABADAKの「生まれては別れに向かう私たちのために」でも聴こう。

- 目の前の空の色が 悲しい色と思わないように
- きれいな青に 映りますように
- 明日をいつでも 信じられるように
- 全てが失われる それまでは
posted by Tats at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年06月23日

変わった葉のジャスミン

一昨日の6月21日は冬至(winter solstice)で、最も陽が短い日だった。これから本格的な冬に向かい、寒さが厳しくなるが、晴れの日が多くなる。
今日も快晴で気持ちがいいが、雲がないと底冷えして寒い。
2020.06.23.01s.jpg
ちょっと変わった葉のジャスミンを見かけたので買ってきて植えた。葉が斑入りと言うか、濃い緑一色より変化があって面白い。
2020.06.23.02s.jpg
フェンスに這わせるよう、メッシュネットを取り付け、枝を誘引した。うまく育って、春には香り高い花が咲いてくれるといいが。
2020.06.23.03s.jpg
posted by Tats at 19:26| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記

2020年06月17日

サイトを作り直す

以前から懸案だった、僕のホームステイのサイトとブログを作り変えようと思っている。
もともとは2004年に作ったサイトなので、さずがに内容も古びてしまった。
ようこそ貧乏国へ、とか、日本は世界第二位の経済国で、なんて、もう書けない。この20年でオーストラリアは日本よりずっとリッチになってしまった。
へレンがいなくなってしまったので、記事を書き換えなければならない。
スマホ対応もされていない。
HTMLとCSSをエディターでちくちく打ってリキッドデザインで3カラムにしたので、幅の狭い画面では見にくい。
本家のサイトは2018年の8月から更新していないが、ブログは今も更新している。
今度は、Wordpressを使ってみようと思うが、今使っている「さくらのサーバー・ライト」では、Wordpressに対応していないので、一つ上の「さくらのサーバー・スタンダード」にアップしないといけない。
調べてみると、少し工夫すればライトにWordpressを入れることも可能だが、この先ずっと可動するか保証はない。
いきなり新しいサーバーを契約して、Wordpressを入れる前に、いろいろ触って試してみたかったので、Localというソフトを使ってWordpressを自分のPCに落として、ローカルにインストールした。
参考になるサイトがたくさんあるので助かる。たとえばここ
次に、Wordpressで使うテーマとして、定評のあるCocoonをインストールした。
今日はここまで。
ソフトの使い方に慣れるまでしばらくかかるだろうが、サーバーにアップする前にローカル環境にサイトを構築していろいろテストできるのはいい。
posted by Tats at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記