2022年05月29日

La Perouse

2022.05.29.01.jpg
今日は素晴らしい快晴なので、今ステイしている子を連れて、La Perouseへ散歩に行ってきた。
Bare Islandの橋の近くへ行くと、ちょうどダイバーたちが海から上がって来るところだった。風が強かったので、海の中も結構荒れていただろう。
2022.05.29.02.jpg
ビーチ沿いを歩き、Danny'sに寄ってFish&Chips。僕らと同じように陽射しを求めてきた人たちで賑わっていた。
2022.05.29.04.jpg
帰りにフォートがある丘に上がると、まだまだ人が集まって来る様子が見えた。
2022.05.29.03.jpg
posted by Tats at 16:40 | Comment(0) | シドニー日記

2022年05月26日

ジギーとの3年間

2022.05.26.01.jpg
3年前の今頃、隣猫のジギーがやってきた。
隣家との間の塀の隙間からうちの裏庭に入り込み、物陰から僕の様子をずっとうかがっていた。
2022.05.26.02.jpg
それから少しずつ近づいて来るようになり、そろそろと階段を登ってバルコニーに上がってきた。
僕はバルコニーでランチを食べて、匂いで釣っていたが(笑)。
2022.05.26.03.jpg
そして今は、毎日うちにやってきて、キャットフードを食べている。
2022.05.26.04.jpg
ヘレンが逝ってしまったあと、ジギーがうちに来てくれるようになったのは、本当にありがたいことだった。
だから、別れと再起を描いた、桜井海の「おじさまと猫」やカレー沢薫の「きみにかわれるまえに」は涙なしには読めない。
posted by Tats at 22:12 | Comment(0) | シドニー日記

2022年05月24日

つかの間の晴れ間

2022.05.24.01.jpg
今朝も雨模様だったが、午後から急に晴れ間が出て、陽が射してきた。少しでも青空が見れるのは嬉しい。
まだ雲が多いが、遠くに小さな虹が出ていた。
2022.05.24.02.jpg
posted by Tats at 19:40 | Comment(2) | シドニー日記

2022年05月23日

まだまだ雨の毎日


今年は異常に雨が多い。オーストラリアの東海岸側は大雨で、今も洪水の被害が出ている。
シドニーでも少し天気が良くなったかと思うと、この一週間、また雨が降り続いている。昨夜は稲妻で窓が光っていた。
庭の土は水を含んで、ずくずくだ。このままだと根腐れする植物があるかもしれない。
posted by Tats at 18:49 | Comment(0) | シドニー日記

2022年05月22日

Laborが政権奪還


昨日の国政選挙の結果、Laborが勝ち、9年近く続いていたLiberal-National Coalitionから政権を奪回した。
やっぱり皆もう、前首相のスコット・モリソンにうんざりしていたのだろう。これからLabor政権がどういう政策をうっていくのか楽しみだ。
新しくPrime MinisterになったAnthony Albaneseは、父親に恵まれず、母親の障害手当と祖母の年金で暮らしていたそうだ。今もMarrickvilleという、いわゆる労働者階級の町に住んでいる。
今現在開票されて決まった議席数などは「Australian Federal Election 2022 Live Results」で見られる。
こういう選挙を見ると、やっぱり二大政党制のほうが、健全だなと思う。
政権担当者に、変なことをしたら政権交代させるぞという、緊張感を持たせることができる。人間は弱いものなので、常に監視・評価するシステムが備わっていないと、権力機構は必ず腐敗するものだ。
posted by Tats at 20:57 | Comment(0) | シドニー日記

2022年05月21日

Australia Federal Election Day


今日はオーストラリアのFederal Electionの投票日。
学校などに設けられた投票所に、たくさんの人達が集まっていた。
先月からキャンペーンのため、街角にポスターが貼られていたが、日本のように選挙カーが走り回って候補者の名前を連呼したりはしない。
2022.05.21.01.jpg
こちらでは投票は権利であり義務でもある。僕はオーストラリアのCitizenship(市民権)を取っていないので、投票できないのが残念だ。
posted by Tats at 19:41 | Comment(0) | シドニー日記

2022年05月19日

Japanese divers in Broome

2022.05.19.01.jpg
以前うちにホームステイしていた人から、smsと写真が、移動先のブルームから送られてきた。
赤い土とコバルトブルーの海が綺麗だ。30℃を越す良い天気だそうで、寒くなってきたシドニーからすると、うらやましい。
かつて、ブルームはThursday Island(木曜島)についで、真珠産業で栄えた町だ。一攫千金を求めて、たくさんの日本人が真珠を採りにやってきて、劣悪な環境で働いていた。
Japanese pearl diversは優秀だと評価されたが、潜水病(急な減圧で血管中の窒素が気泡化して詰まる)や海難事故で亡くなった人も多い。御木本幸吉が養殖真珠に成功するまでは命がけの仕事だった。
2022.05.19.02.jpg
ブルームには日本人墓地がある。
2022.05.19.03.jpg
和歌山県から働きに来た人が多く、和歌山県太地町とブルームは姉妹都市だ。いつかぜひ行ってみたい。
posted by Tats at 16:08 | Comment(2) | シドニー日記

2022年05月17日

La Perouse

2022.05.17.02.jpg
今日は、今ステイしている友人をLa Perouseへ連れて行ってあげた。
風にあたると少し肌寒いが、素晴らしい快晴だ。
橋を渡ってBare Islandの周りを散策し、ビーチ沿いのカフェへ。
気の置けない友といろいろな話をするのは楽しくて、時間を忘れる。
2022.05.17.01.jpg
posted by Tats at 20:24 | Comment(0) | シドニー日記

2022年05月11日

Art & Activism in the Nuclear Age

2022.05.11.01.jpg
「Art & Activism in the Nuclear Age」という展示会を見てきた。
場所は、シドニー大学の一郭にあるTin Sheds Galleryで、裏門の向かい側にある。
2022.05.11.02.jpg
さほど広くないスペースだが、広島、長崎の原爆投下から、南洋の島々などで行われた核実験、チェルノブイリや福島の原発事故まで網羅されている。
2022.05.11.03.jpg
当時の悲惨な状況を市民が描き残した絵が胸を打つ。
2022.05.11.05.jpg
マンガも、手塚治虫や水木しげるから、大友克洋、こうの史子まで、置いてある。
2022.05.11.04.jpg
圧巻なのは、壁一面に展示されたHiroshima Panel。原画は埼玉県東松山市の「原爆の図 丸木美術館」にある。
2022.05.11.06.jpg
入り口で店番をしている男から、カタログどう? ドネーションでいいよ、と言われたので、箱に$10入れて買ってきた。
2022.05.11.07.jpg
これが100ページあって、写真も文章も良くできていて感心した。
2022.05.11.08.jpg
この展示会は今うちにステイしている人に教えてもらったのだが、行ってみてよかった。
posted by Tats at 20:44 | Comment(0) | シドニー日記

2022年05月10日

車の点検日

今日は車の点検日。朝、乗って行って預け、夕方受け取りに行ってきた。
僕の車は3年前に買ったHONDA JAZZで、ディーラーで、年に2回、半年ごとに点検・整備をしてもらっている。
今回、費用は5万円近くかかった。やはり新車の頃より、整備する箇所が増えるので、年々費用が上がっていく。
あと、税金は年に3万円くらい払わないといけない。車の維持にはお金がかかるが、今のところしかたがない。
posted by Tats at 21:48 | Comment(0) | シドニー日記

2022年05月09日

ソファカバーの交換

2022.05.09.01.jpg
今日は雨が降ったりやんだりして薄ら寒い。
ダイニングのソファのカバーを付け替えた。前からやりたかったのだが、数年間放ったらかしにていた。
さっそく隣猫のジギーが飛び乗って、邪魔をしにきた。猫は新しいモノが好きだな。
2022.05.09.02.jpg
カバーがちょっと大きいので、シワが多いが、まあ、こんなものかな。
2022.05.09.03.jpg
posted by Tats at 16:45 | Comment(2) | シドニー日記

2022年05月07日

初雪

2022.05.07.01.jpg
今朝起きると寒いと思ったら、10℃だった。
Thredboという、オーストラリアの数少ないスキー・リゾートでは、-5℃まで下がり、初雪が降り始めたそうだ。
今年は冬の訪れが早いかもしれない。
posted by Tats at 17:48 | Comment(2) | シドニー日記

2022年05月06日

Centennial Parkの紅葉

2022.05.06.01.jpg
今日は素晴らしい快晴。ただし最高気温は18℃くらいなので、日陰に入ると薄ら寒い。
午後、友人のジョージ&ファーンとCentennial Parkへ散歩に行ってきた。
このあたりは常緑樹がほとんどだが、紅葉する落葉樹も少しある。赤く色づき始めた葉が青い空に映えてきれいだ。
2022.05.06.02.jpg
人が大勢集まっていたので、なんだろうと思ったら、映画の撮影をやっていた。結婚式の様子を撮るようだ。
2022.05.06.03.jpg
posted by Tats at 22:00 | Comment(2) | シドニー日記

2022年05月05日

三日月

2022.05.05.01.jpg
今朝は雲が出ていたが、シャワーは降らず、次第に晴れてきた。夕暮れ時には、雲ひとつない空に、きれいな三日月が出ていた。
家の片付けをしているので、来週の金曜日に粗大ごみの回収を頼んだ。古いマットレスや家具などを出す予定だ。
うちの辺りでは、年に3回、粗大ごみの回収をしてくれる。1回は決められた日、あとの2回は必要な時にこちらから予約する。ゴミ回収はCouncil Rates(住民税みたいなもの)に含まれているので、別途費用はかからない。日本のように、特別なシールを貼ってとかの面倒くさい作業もいらないし。
posted by Tats at 16:58 | Comment(0) | シドニー日記

2022年05月04日

秋のClovelly Beach

2022.05.04.01.jpg
今日も朝から家の片付け。いい加減うんざりしてきたので、夕方、Clovelly Beachへ散歩に行ってきた。
海の水はきれいだが、さすがに冷たい。それでも泳いでいる人はいる。
外気温が20℃なので、たぶん水の中のほうが暖かいだろう。
2022.05.04.02.jpg
日が暮れる頃になると、少し雲が出てきた。明日はまたシャワーが降るとの予報だ。
2022.05.04.03.jpg
posted by Tats at 17:12 | Comment(0) | シドニー日記

2022年05月03日

ステイ用の部屋の準備

2022.05.03.01.jpg
ほぼ4年間放ったらかしだったステイ用の部屋を片付けていて、あと一部屋、準備すれば完了だ。
今のところ、ベッドは、シングル2部屋、ダブル1部屋、クイーン1部屋にしてある。ダブルバンクはもういらないかなと思う。
2022.05.03.02.jpg
posted by Tats at 17:26 | Comment(0) | シドニー日記

2022年05月01日

久々の快晴

2022.05.01.01.jpg
今日は朝から晴れて、真っ青な空がまぶしい。
たまっていた洗濯物を片付け、窓を開けて家の中に風を入れた。
この好天はあと2,3日続くとのこと。
ジギーも嬉しそうに日向ぼっこしていた。
2022.05.01.02.jpg
posted by Tats at 16:59 | Comment(0) | シドニー日記

2022年04月28日

キッチン用品の整理

2022.04.28.01.jpg
ステイ用の部屋のセッティングがほぼ完了。
連鎖的にキッチン周りの片付けを始めた。古いソースパンなどのキッチン用品を整理する。
こういう作業は。誰かがステイに来てくれないと、やる気がでない。僕一人だと動機づけがされないので、まったく他力本願である。
posted by Tats at 19:50 | Comment(2) | シドニー日記

2022年04月27日

まだ雨が続く


今日は一日中雨。少し小ぶりになったかと思うと、また激しい雨が叩きつけてくる。
この雨はもう2ヶ月も続いている。天気予報によると、来週も断続的に雨が降るとのこと。例年なら猛暑と乾燥で、ブッシュファイヤーの時期なのに、今年は記録的な長雨だ。
NSWの北部で発生した洪水で、家屋やファームが水浸かりになり、大きな被害が出た。
通りを埋め尽くしていたデブリをようやく片付け、ローカルのカウンシルが集まって再建計画を立てている。

それから、オーストラリアは、イースターから一昨日のアンザック・デイにかけて、10日間ほど休みで、家族で旅行に出かけた人も多い。
ところが、アウトバックの道が雨でどろどろになり、大きなキャラヴァンなどは泥濘にはまると、立ち往生してしまう。運良く誰かに助けてもらえればいいが、せっかくのホリデイが台無しになった人もいるだろう。
posted by Tats at 19:49 | Comment(0) | シドニー日記

2022年04月25日

ステイ用の部屋を片付ける

昨夜は雨が降っていたが、今朝には上がり、日中は良い天気になった。
ジギーも陽の光を浴びて嬉しそうにしていた。
2022.04.25.03.jpg
来月、ホームステイに来る方がいるので、ステイ用の部屋を片付け始めた。ここは3年間使っていなかったので、まずは家具を動かして、大掃除からしないとならない。
2022.04.25.01.jpg
その部屋に放り込んでいたジャンクも整理することにした。誰かが来てくれないと、モチベーションがわかないものだ。
2022.04.25.02.jpg
posted by Tats at 17:07 | Comment(0) | シドニー日記

2022年04月24日

日常復帰中

この前の月曜日にシドニーへ帰ってきて、いろいろと家事や事務処理をこなし、ようやく日常生活が戻ってきたようだ。
買い物に行ったスーパーでは、タトゥーを入れた肩をさらした、若いお母さんが、二人の男の子を連れて、僕の前に並んでいた。小さい子の方はショッピングカートに入って座り、上の子は裸足で歩きまわっている。
そんな様子を見ると、ああ、オーストラリアに帰ってきたなあと思う。
2022.04.24.01.jpg
近所の海へ行き、青い空と海を見ながら、崖の上を散歩している時も、帰ってきたなあと思う。
2022.04.24.02.jpg
隣猫のジギーも当たり前のように、以前と同じく毎日遊びにくる。日本の猫はほとんど室内飼いだろう。
2022.04.24.03.jpg
やはりここでの日常生活は最高だと思う。何もお金を使うわけでもない。それでも感じる楽しさや豊かさを、なぜか日本では感じないのだ。
posted by Tats at 20:44 | Comment(0) | シドニー日記

2022年04月23日

三周忌

2022.04.23.01.jpg
ヘレンが逝ってしまってから、今日で3年が過ぎた。
文字通りの三周忌だが、特に何もしていない。
ダイニングルームの片隅に祭壇を作り、そこにヘレンの写真を飾って、いつでも見られるようにしてある。遺灰を入れた箱もそのままだ。墓を作ってもいいのだが、まだ気が乗らない。
夜、キャンドルに火を灯した。
僕は何をしてもいいし、どこへ行ってもいい。旅行に出かけ、レストランやコンサートに行くこともできる。ただしすべて、ヘレンと共にではない。ヘレンと一緒に何かをすること、体験を共有することは、もうできない。そのことが辛くて悲しい。身体の半分が欠落したような喪失感は今も続いている。
posted by Tats at 19:23 | Comment(2) | シドニー日記

2022年04月21日

Bronte Beach

2022.04.21.01.jpg
昨日今日と時々シャワーが降ったりするが、晴れ間が出ると真っ青な空が美しい。
近所のブロンテ・ビーチへ行くと、初秋の風が肌寒いが、泳いでいる人もいた。
2022.04.21.02.jpg
ちょうど21年前もここに来た。そして、ヘレンと出会った日だ。空と海は今も変わらず、きれいで青い。
2022.04.21.03.jpg
posted by Tats at 19:40 | Comment(0) | シドニー日記

2022年04月20日

友人4人がコロナに

今日はようやく掃除・洗濯をすませ、芝刈りをした。庭はまだこれから、伸びすぎた枝葉を刈ったり、雑草の処理をしなければならない。
何人かに、シドニーへ帰ってきたよーと電話してみたところ、お向かいのリナーテ&アーヴィンと、友人のセス&ヴァルがコロナにかかっていることがわかった。
4人とも、入院が必要なほどではないが、咳が出て喉が痛み、発熱がある。薬を飲んで自宅で自主隔離中だ。
皆高齢者なので、重症化しないことを願うしかない。
下は、朝は必ずベッドの上に乗ってくるジギー。目が覚めると目の前に猫がいるのはいいものだ。
2022.04.20.01.jpg
posted by Tats at 19:42 | Comment(0) | シドニー日記

2022年04月19日

荒れ放題の庭

IMG_20220418_080654_116.jpg
昨日、日本からシドニーへ帰ってきた。
NSWはずっと雨続きだったそうだが、この数日は25℃くらいまで上がる陽気だ。きれいな青空が見れてうれしい。
IMG_20220418_095805_438.jpg
今日は事務処理のため、いろいろな所を丸一日中歩き回って疲れた。
5週間放ったらかしになっていた庭は、芝生が伸び放題、雑草が生え、パームツリーの枝が落ちて散乱している状態だ。早く手入れをしたいのだが。
2022.04.19.01.jpg
隣猫のジギーは僕を忘れないでいてくれたようで、すぐに寄ってきて、
2022.04.19.02.jpg
ブラッシングしてくれとねだってきた。
2022.04.19.03.jpg
posted by Tats at 17:14 | Comment(0) | シドニー日記

2022年03月11日

PCR検査

2022.03.11.01.jpg
今日も天気が良くて気持ちがいい。
午後、コロナのPCR検査に行ってきた。
明後日、日曜日の夜の便で日本へ行くので、72時間以内の検査で陰性でないと飛行機に乗れない。
うちから一番近い検査場のMaroubraのHeffron Parkへ着くと、がらがらで、検査はすぐに終わった。ここへは以前も来たことがあるが、その頃は無料だったので、長蛇の列ができていたものだ。
事前にアプリで申し込み・支払いを済ませてある。登録完了のQRコードを見せて、スキャンしてもらう。
アプリで、パスポートやフライト情報を登録し、日本用の証明書希望にチェックを入れてあり、結果はメールとスマホに送られてくる。PCR検査と証明書で、費用は$79だ。
家に戻り、3時間後に結果が送られてきた。陰性でほっとした。これでとりあえず、日本行きの飛行機に乗れる。
posted by Tats at 21:54 | Comment(0) | シドニー日記

2022年03月10日

久しぶりの快晴

2022.03.10.01.jpg
今日は待ちに待った快晴の一日。3週間ぶりか。気温は23度℃くらいなので、風が爽やかだ。湿度が下がったので心地良い。
朝、友人のジョージ&ファーンを誘って、近所のCentennial Parkへ散歩に行ってきた。園内はところどころに水が溜まり、ずくずくになっているので、舗装された道を歩いていった。
2022.03.10.02.jpg
公園の中央にあるカフェに立ち寄ってコーヒーとケーキ。日本へ行く前のお別れにと言って、二人がおごってくれた。
2022.03.10.04.jpg
カフェを出ると、馬が二頭いて、陽の光を浴びながら草を喰んでいた。天気が良くなって、馬も気持ち良さそうだ。
2022.03.10.03.jpg
posted by Tats at 20:24 | Comment(0) | シドニー日記

2022年03月08日

強風と大雨

2022.03.08.10.jpg
昨夜から激しい雨と風が続いている。
今日も一日、強風と大雨で、空が唸っているようだ。
隣猫のジギーも朝からずっとうちで寝ていた。
シドニーの南西部には避難命令が出ている地域もある。洪水の被害が出なければいいが。
posted by Tats at 21:05 | Comment(0) | シドニー日記

セス&ヴァル宅で夕食

2022.03.08.01.jpg
昨日は友人のセス&ヴァルが夕食に呼んでくれた。
セスが作ってくれたラザニアを食べながら、来週の日本行きのことなどを話した。
二人がシドニー空港まで車で送ってくれるという。
今年のバスルート変更のため、うちの近くから国際線ターミナルへ行くバス便がなくなってしまい、どうしようかと思っていたので、とてもありがたい。
2022.03.08.02.jpg
数ヶ月前に心臓の血管の手術をしたヴァルは、術後の経過もよく、元気そうで安心した。痩せてしまった身体も筋肉を取り戻しつつある。
2022.03.08.03.jpg
帰り道、稲妻が光り、大雨が降ってきた。
posted by Tats at 20:50 | Comment(0) | シドニー日記

2022年03月06日

3月13日から日本へ

3月から日本入国時の行動制限が緩和されたので、一週間後の13日から4月17日まで日本へ行くことにした。
5週間の日本滞在は、僕がこちらへ来て21年間で最長だ。親族や友人たちと会えるのを楽しみにしている。
緩和されたとはいえ、日本もオーストラリアも、コロナ対策で検査が必要だ。僕はワクチンを3回接種しているので、出国前と入国時にPCR検査を受けて陰性であれば、あとは自由に行動できる。隔離もなく、公共交通網も使えるのでありがたい。
とはいえ、下のような動画を見ると、3日くらいならホテル隔離を体験してもよかったかなと思ってしまう。自己負担ゼロだし(笑)。

posted by Tats at 21:27 | Comment(2) | シドニー日記