2013年03月25日

「Opera in the Arboretum」at Pearl Beach

2013032501.jpg
先週の土曜日、うちから2時間くらい北にあるPearl Beachへ「Opera in the Arboretum」を聴きに行ってきた。
この野外オペラはとてもリラックスした雰囲気で、毎年楽しみにしている。
オペラを聴くためブッシュ・ウォーキングするのはオーストラリアだけかもしれない。皆、折りたたみイスや小さなテーブルを担いで歩いてゆく。もちろんワインやシャンパンを入れたバスケットも。
2013032502.jpg
コンサート会場は森の中の広場。周りには大きな樹木が覆い繁り、地面には落ち葉が積もっている。
人が自分たちの楽しみにために森の一郭を少しだけ貸してもらうという慎ましさがいい。
楽しいことがあるなら、人はどこへでも集まる。
平城宮跡の草原をセメント舗装したら観光客が来ると主張する日本の国交省は建築会社の儲けしか考えていないのだろう。
2013032503.jpg
コンサートはヴィヴァルディの四季の夏で始まった。この曲はオーストラリアの明るい陽射しにぴったりだ。
4人のオペラ歌手はいずれも有名なヴェテランである。
テナーのBen MakisiとソプラノのMichaele Archer、
2013032504.jpg
バリトンのDallas Watts、
2013032505.jpg
そして、メゾ・ソプラノのDominica Matthews。
2013032506.jpg
第二部はモーツァルトのフルートとハープのコンチェルトで始まった。
2013032508.jpg
Central Coast Chamber Orchestraのメンバーはハイスクールの生徒が多いが、なかなかの腕前。若い子たちにとって人前で演奏するよい機会だ。
2013032507.jpg
そして最後は観客も一緒に「フニクリ・フニクラ」を歌ってお別れ。本当に楽しい3時間だった。
2013032509.jpg

オペラは何も着飾ってオペラハウスで聴かなければならないものではない。
こんな森の中で鳥の鳴き声や風の音に囲まれて聴くのもいいし、下のビデオでベンが歌った素晴らしい「Nessun Dorma」のように、子供たちが走り回る公民館の余興でもいいいのだ。
この記事へのコメント
ああ、いいですねえ。こういうコンサート。共に音楽の時間を楽しむ。ほんとうに幸せだなあ。
Posted by hal at 2013年03月25日 21:55
野外コンサートは歌い手にとっては大変でしょう。
自然の音に拮抗できるほど力強く美しくないと負けてしまいます。
Posted by tats at 2013年03月26日 17:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64048784
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック