2012年05月04日

マイケルのお葬式

2012050401.jpg
今日の午後、マイケルのお葬式に行ってきた。
マイケルは海が好きで、ボンダイ・ビーチのそばに家を買ってセシリアと一緒に住み、4人の子供たちを育てた。毎朝ビーチへ散歩に行き、近所の人達と話すのを楽しみにしていた。
2012050402.jpg
葬儀はLa Perouseのビーチが見えるチャペルで行われた。
マイケルが息を引き取った時、彼の足元には普段と変わらず愛犬のカップチーノが寝そべり、横のソファでは愛猫のモイラが丸くなっていた。
2012050403.jpg
セシリアはカップチーノを葬儀に連れてきていた。彼はチャペルで僕らと一緒におとなしく座っていた。
2012050404.jpg
葬儀の後、マイケル&セシリアの息子アンソニーの家に移動して、アフタヌーンティー。
キッチンには皆が持ち寄った手作りのケーキやサンドウィッチが並び、シーフード・ショップを経営しているアンソニーは、新鮮なオイスターやスモークサーモン、エビを用意していてくれた。
2012050405.jpg
マイケルが亡くなったのは4月30日。彼の79才の誕生日の一日前だった。セシリアは、少し遅れたけれど今日は彼の誕生日を祝ってね、と言ってケーキを切り、皆でハッピー・バースデイを歌った。
2012050406.jpg
セシリアは、マイケルの遺灰を持って彼の故国にいる兄弟や親族を訪ねようかと言っていた。彼の故国ユーゴスラビアはもうないが、故郷はまだある。
posted by Tats at 22:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち
この記事へのコメント
ほんとうに突然に逝ってしまわれたとのこと、セシリアはしょっくだったでしょうね。看病や苦しい時間が少なかったことは家族にとって少しはなぐさめになるでしょうか。
お葬式の後?自宅でケーキなどを出してティーパーティ風なのが精進落としみたいなもの?
Posted by hal at 2012年05月05日 11:10
こちらでは葬儀の後、親族の家やクラブなどに集まって、飲み食いしながら、故人を偲んで思い出話をします。
「have a chat and remembrance of his life」
Posted by tats at 2012年05月05日 20:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]