2012年04月04日

A day in Tamworth (2)

2012040401.jpg
タムワースに居る時はほとんどのんびり過ごしているのだが、いつも何か一つだけは仕事をする。
ファームの小屋の横の地面が窪んで雨が降るとドロドロになる。粘土質なのでなかなか水がはけないのだ。
それで、gravel(砕石)を買ってきて敷くことにした。
建築の教師であるグレアムに教えてもらった町外れの砕石所へ行ってみたが、30トン以上じゃないと売れないと言われ、ランドスケープ・ショップを教えてくれた。砕石所で買ったほうがずっと安いが仕方がない。
幸いランドスケープ・ショップで注文するとすぐにトラックで運んできてくれた。
その翌日、グレアムに頼んでブルドーザーで来てもらい、gravelの山を平らにならしてもらった。
グレアムはブルドーザーやトラクターなどの重機をいっぱい持っているのだ。扱いも手馴れたものである。
2012040402.jpg
gravelの大きな山を小分けにし、ブルドーザーをバックさせて平らにする。
2012040403.jpg
最後に棒を使ってきれいにならして、
2012040404.jpg
出来上がり。
2012040405.jpg
posted by Tats at 20:59| Comment(2) | TrackBack(0) | Travel: ちょっと遠出
この記事へのコメント
マイ重機!!さすがオージーですね。
なんかすごい。
Posted by kumiko-nya at 2012年04月04日 23:51
やっぱり自分で家を建てたり、ちゃんとファームをやるには、重機を持っていないとだめですね。
ぼくらが訪ねた時、グレアムは愛車のバイク(ホンダの750cc)を全部バラして掃除していました。
Posted by tats at 2012年04月05日 22:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54807239
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック