2011年04月05日

「Never let me go」Mark Romanek

2011040501.jpg
今日は一日、突然曇って雨が降ってきたかと思うと晴れ間が出るといった不安定な天気で、うっとおしい。
おまけに、午後「Never let me go」を観て、気分がどん底に落ち込んだ。カズオ・イシグロ原作のこの映画はとても良く出来ているが、後味が悪い。
背景を説明すると、ネタばれになるが、謂わば「闇の子供たち」が制度化されたイギリスで、特殊な寄宿学校で「飼育」された子供たちの物語だ。まあ基本のアイディアは、昔々たしか星新一が書いていて、それも衝撃的で痛切なエンディングだった。
誰かを助けるために誰かを犠牲にすることは、個人的な選択としてなら受け入れ可能だが、それを制度化してはならないと思う。
強固な制度に支配された人生は絶望的で、自由意志も、選択の余地もないように見えるかもしれない。それでもぼくはそれに抗う人の姿を見たい。人間は粛々と屠殺場へ連れてゆかれる牛とは違うはずだ。
上の写真が主人公の3人。これだけ見ると、ハリー・ポッターの映画みたいだが、実は世にも恐ろしい話である。
この記事へのコメント
あ!予告編を見たような。材料に・・・
Posted by kumiko-nya at 2011年04月05日 22:07
そう、文字通り、世のため人のために育てられた、役に立つ人材です。
Posted by tats at 2011年04月06日 20:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44154789
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック