2011年01月31日

Tamworth ~ Country Music Festival

2011013101.jpg
タムワースでは毎年1月中旬に「Country Music Festival」が開催される。普段は静かなこの田舎町が大勢の人で賑わい、大小様々なライヴ会場、パブやショッピングセンター、街角から音楽が流れてくる。選ぶのが大変なので、スケジュールの載っているフリーペーパーを手に入れるといい。
2011013102.jpg
街のメインストリートでは、一人で、子供たちで、家族総出で、皆ライヴをやっている。ストリート・ミュージシャンはbuskersという。
2011013103.jpg
2011013104.jpg
2011013105.jpg
外を歩いて暑くなったら、クーラーのきいたショッピングセンターへ。ここでも毎日無料のコンサートをやっている。
2011013106.jpg
2011013107.jpg
夜はパブの裏庭で食事をとりながらライヴを聴ける。
2011013108.jpg

ぼくらは、去年に引き続き「Andrew Clermont's Supper Club」を観に行ってきた。2メートル近い長身痩躯のアンドリューは今年50才、タムワースに住んでいる。彼はカントリー・ミュージック・フェスティヴァルの期間、タムワースの北にあるボウリングクラブを1週間ほど貸しきって、たくさんのミュージシャンを集め、毎晩6時と9時からライヴをやっている。13年も続いているのはすごいことだ。ここでは様々なスタイルの音楽が聴けるので楽しい。
youtubeにこのSupper Clubの様子がアップされているので、そこからいくつか。


第二部は夜9時から、Piano Night, Fiddle Night, Banjo Nightなどと、毎回趣向を凝らしている。これはジプシー・フィドルの競演。


「Supper Club」は二度観に行った。このライヴにいつも出演されている、アデレード在住の日本人バンジョー・プレイヤーMontz Matsumotoさんにお会いし、彼のCD「Banjo Moon」を買って、サインしていただいた。
Piano Nightの最後、John Butler Trioの名曲「Ocean」を若いギタリスト3人でやって、これがとても良かった。
2011013109.jpg

下はジョン・バトラーの原曲。波のうねりが見えるようないい曲だ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43117328
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック