2007年06月05日

「Elysium」Italian&French

elysium.jpg
「Elisyum」エリシアム
133 Avoca St, Randwick NSW 2031
Tel(02)9398-7766

 うちの近所にRandwickというサバーブがあり、小さなレストランがたくさん集まっている通りがある。「Elisyum」は、その一郭に去年開店したばかり、それほど高くない値段で、イタリア料理をベースにした洗練された料理が食べられる貴重なレストランだ。実はこの「リーズナブルな値段で洗練された料理」というのが、オーストラリアではなかなか見つけられない。知人にフランス人の女性がいて、シドニーにはリーズナブルでおいしいフランス料理店や日本料理店がないねえ、一人$100以上出さないとまあまあのものが食べられないし、と嘆きあったことがある。
 「Elisyum」で最も安く3コースを食べると、前菜$16、メイン$25、デザート$9で、一人当たり$50。普通はこれでもうお腹いっぱいになる。各皿の値段は高いものでも$1〜3アップするだけだ。ワインは一本$20からある。ありがたいことにBYOもやっていて、コーケージは一人$3。
 今夜オーダーしたものは、前菜に、「ゴルゴンゾーラ・チーズをプロシュートで巻いて軽く焼いたもの、イチヂク添え」。これを二人で分けた。オリーヴ・オイルとバルサミコ・ヴィネガーがきいていて思ったよりさっぱりと食べられる。
 メインは、ぼくは「ブルー・アイ・コッド」、ヘレンは「子牛のオーソ・ブッコ」。
 デザートは、ぼくは「チョコレートとラムレーズン・アイスクリーム」、ヘレンは「プラリネとヌガーを詰めたパイ」。
 どれも現代的な軽めの味付けで、お腹にもたれない。付け合わせの野菜も丁寧に調理してある。単に茹でただけとか、ちぎった葉っぱではない。ただしデザートは日本人的には量が多すぎるかも。
 「Elisyum(エリシアム)」は、もとはギリシャ語の「Elysion(エリュシオン)」で、現世の英雄や名士であった人間のみが死後に行くことの許される、あらゆる悩みや苦しみから解放された永遠の理想郷のことだそうだ。
 日、月が休み。火曜日の夜6時の開店に合わせて行けばすいている。店の前の道路は、夜6時以降なら無制限なので、運が良ければ真ん前に車が停められる。
この記事へのコメント
今度オーストラリアに行ったらおいしいフレンチが食べたいな。
日本にはおいしいフレンチがたくさんあるけどね。
しかし最近食べてないよ〜
Posted by hal at 2007年06月14日 17:27
そんな無茶な期待はしないほうがいいです。オーストラリアでおいしいフレンチが食べられる時代が来るのと、インドで寿司を食えるようになるのとどっちが早いかなあ。
Posted by Tats at 2007年06月15日 20:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4264668
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック