2010年11月12日

シエナはもうすぐ幼稚園へ

2010111201.jpg
シエナは今年でもう4才半になるので、来年2月から幼稚園に行く。今行っているチャイルドケアは小学校と幼稚園の付属施設で、すべて同じ敷地内にあるので柵越しに見える。
今日の1時から、来年入学する子供たちと親を対象にしたオリエンテーションがあったのだが、ポールが仕事の都合で遅れるというので、ぼくとヘレンがチャイルドケアでシエナをピックアップし、幼稚園へ連れて行ってやった。
校庭には親子連れがたくさん集まっていた。受け付けをし、資料の入ったフォルダーと名札をもらう。その間、シエナは友達とずっと走り回っていた。今日は30℃近くまで上がる夏日だったので汗だくである。
全員の受付が終わったら、名札をつけてもらってうれしそうな子供たちは授業体験をするため教室へ移動。親たちはライブラリに集まって先生から説明を聞く。
ライブラリは古い建物で広くはないが、コーヒーやジュース、ビスケットなどが用意され、先生がパワーポイントで作った資料を大型スクリーンに映しだして、入学準備や学校生活について話してくれた。
続いて生徒会長・副会長の男の子と女の子がスピーチ。また、この学校にはユニフォーム(夏服・冬服・体操着)があるのだが、その説明の時には、1年生の小さな子供たちがファッションショーよろしく歩いて見せてくれた。
この学校で感心したのは、たくさんの子供たちが受付や案内を手伝っていたこと。それから、親たちも積極的に学校へ来て、ボランティアとして授業や学校行事を手伝ってほしいとのこと。子供の教育は、学校だけでも家庭だけでもなく、皆で参加してやろうという姿勢は好感が持てる。
posted by Tats at 20:03 | Comment(3) | TrackBack(0) | シドニー日記
この記事へのコメント
この写真で見るとシエナ、ほんとに大きくなったね〜日本のPTAのように、半強制的に参加させられるのと違って、ボランティアの参加を呼びかける形はいいね。
Posted by hal at 2010年11月12日 20:49
ボランティアっていうと誰も行かないのかな?
それに、日本で親が授業の手伝いに来てもいい、っていう学校はある?
Posted by tats at 2010年11月13日 17:17
運動会とかバザーとか学校行事は多少手伝うけど、授業には関われないよね。パソコンを使う授業の参観に行った時は、つい手伝ってしまったことあるけど・・・
Posted by hal at 2010年11月13日 22:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]