2010年02月06日

The Edinburgh Military Tattoo

2010020601.jpg
昨夜8時、シドニーのシティに近いムーア・パークにあるフットボール・スタジアムは、小雨のぱらつく中、集まってきた人々で満員だった。
スタジアムの一郭にはエジンバラ城の模型がそびえ立ち、バグパイプとディジュリドゥが鳴り響くと、花火が上がってショーが始まった。城の門から1500人もの出演者が入れ替わり立ち代り登場して演奏する。スコットランドやオーストラリアはもちろん世界各国からやってきた出演者の一覧はこのページに出ている。
いわゆる鼓笛隊なので、基本はドラムと管楽器だ。ピアノやヴァイオリンはないが、どのチームも工夫があって面白い。あんな大勢のバグパイプが一糸乱れず演奏するのを見たのは初めてだ。スコティッシュ・ダンスを踊った女の子たちもかわいい。マオリ族のハッカを取り入れたニュージーランドのArmy Band、ドラムだけで見事なアンサンブルを奏でたスイスのTop Secret Drum Corpsは素晴らしかった。スティールドラムを使ったトリニダード・トバゴや美しいダンスを披露した中国のチーム、たくさんの馬を操ったAustralia's Federation Guardも良かった。
最後は盛大な花火で締めくくり。あっという間の楽しい2時間15分だった。
2010020602.jpg
ミリタリー・タトゥーがシドニーで公演するのは2005年に引き続き2度目。エジンバラ城の模型は倉庫に保管してあったそうだ。ヨソの都市には貸してやらない!とケチなことを言っているらしい(~_~)。
この記事へのコメント
へええこれは面白いショーですね。ちなみにいくらで観られるの?
Posted by hal at 2010年02月06日 21:35
僕らが買ったのは一番安いチケットで$79。
安い席はグラウンドに近いので、全体のパターンはちょっと見にくいけれど、その代わり演奏者は良く見えました。
Posted by at 2010年02月07日 08:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35166233
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック