2021年02月17日

ジュリーとロスからのお土産

2021.02.17.01s.jpg
午後、エミリーのお母さんのジュリーとパートナーのロスがやってきた。一週間ほどパースへ行くので、うちに車を置かせてあげる。
ジュリーはガーデニングが好きで、野菜もたくさん作っている。
お土産にと、庭で採れたトマト、キュウリ、チリペパーに、トマトとオニオン、ガーリックのチャツネ、自分で摘んできて作ったブラックベリーのジャムをもらった。
トマトはフィオレンティーノという種類で、ひしゃげたような形が面白い。早速少し切って味見してみたら、果肉は真っ赤で、味は濃厚。甘みも酸味も強くて、とても美味しい。
今年はこのトマトがいっぱい採れたんだけど、美味しくてあっという間に食べてしまったと二人は笑っていた。
posted by Tats at 20:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち
この記事へのコメント
素晴らしい大地の恵みですね!美味しいに決まってる!トマトの赤いことったら。いいねえ。
Posted by hal at 2021年02月18日 12:45
やっぱり自家栽培の野菜はちゃんと熟していて美味しいです。
Posted by tats at 2021年02月18日 18:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]