2021年02月16日

バルコニーの部材

2021.02.16.01s.jpg
バルコニーを造り直すため、ポールが見積もりしてオーダーしてくれた部材が届いた。
まずは午前中に、木材(スポッティッド・ガム)を積んだ大きなトラックがやってきた。
Spotted gumはオーストラリアのhardwoodで、太陽光と風雨にさらされるデッキなどには最適だ。
2021.02.16.02s.jpg
長い部材は階段用。側板やステップ、ハンドレールなど。
2021.02.16.03s.jpg
短い方は、バラストレイド。
2021.02.16.04s.jpg
午後、バルコニーのフロアボードが到着。これは5.5mもあり、かなり重たい。
2021.02.16.05s.jpg
このフロアボードは樹脂と木材粉を混ぜて成型してあるそうで、従来のウッドデッキに比べて耐久性がある。オイルやペンキを塗らなくてもすむので、メンテがずっと楽になる。
2021.02.16.06s.jpg
posted by Tats at 15:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記
この記事へのコメント
着々と家中のメンテナンスが進んでいますね。すごい!
デッキ作り直す、って、自力で?
Posted by hal at 2021年02月17日 11:41
ポールが部下を連れてきて、撤去から施工までやってくれます。
僕にできるのは、ゴミの片づけと、オイル塗りくらいです。
Posted by tats at 2021年02月17日 19:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]