2020年12月12日

キム・ギドクが逝ってしまった

今朝、韓国の映画監督、キム・ギドクが、COVID-19により亡くなったとのニュースを見て驚いた。ラトヴィアに滞在中だったそうだ。
キム・ギドクは、山野一に真鍋昌平を足したマンガのように、身も蓋もない、救いようのない作品を作ってきた。
暴力や理不尽に覆われた映画は、静かに納得するしかないような強さを持っていた。
また一人、稀代の鬼才を失ったのは残念だ。
posted by Tats at 22:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]