2020年12月02日

E-Tagを付ける

2020.12.02.01s.jpg
注文していたE-Tagが届いた。
日本のETCと同じように、オーストラリアでも数年前から有料道路における料金支払い自動化が進んでいる。Tagなしで有料道路を使っても、後でネットで支払いできるのだが、やはり面倒だし、その度に、ナンバープレートの画像マッチング処理費用を加算される(ごくわずかだが)。それでようやく取り付けることにした。
E-Tollのサイトでアカウントを作り、デポジットとして$40を入金すると、E-Tagが郵送されてくる。
日本のETCのようなカード式ではなく、小さなタグを、車のフロント・ウインドウに、粘着テープで貼り付けるようになっている。
タグを貼り付ける前に窓ガラスをきれいに拭きましょうと書いてあって、アルコールをしみこませたペーパー・クリーナーもちゃんと付属している。
タグがちゃんと稼働するかは、今月、アナ&エイドリアンの家に行く時、M5というToll Roadを使うので、その時にわかるだろう。
posted by Tats at 21:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]