2020年09月13日

花粉症

2020.09.13.01s.jpg
春になってあちこちで花が咲き始めると、花粉症が出る。
くしゃみと鼻水が出て、首のあたりが痒かったり、時々、目や頭が痛くなる。
日本に居たとき、40歳をすぎた頃から花粉症が出始めた。
オーストラリアに来てからしばらくは発症しなかったが、10年くらいすると、枯れ草の多いファームに行くとくしゃみが出始めた。
毎日、抗ヒスタミン剤を1錠飲んでおけばいいが、朝方には薬が切れる。
朝起きると鼻水でずるずるなので気持ちが悪い。
上の写真は、オーストラリアのNational Flower(国花)のGolden Wattle。今が花盛りだ。
posted by Tats at 20:46| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記
この記事へのコメント
花粉症はうっとおしいでしょうね。薬を飲み続けるのも嫌だし、常に鼻がズルズルも嫌だよねぇ。
ワトルの黄色は春を告げるものなのですね。明るくてきれい。
Posted by hal at 2020年09月14日 06:53
まあ薬が必要なのは、長くて一ヶ月位でしょう。
Posted by tats at 2020年09月14日 21:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187909910
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック