2020年09月10日

ニャーとなくようになったジギー

2020.09.10.01s.jpg
隣猫のジギーは昼前にうちに来て、日向ぼっこしたり、家の中を探索するのが日課になった。
頭を撫でてやるとゴロゴロ喉を鳴らすし、エサが欲しいときは、猫が人に要求する時に発するニャーという声でなくようになった。最初の頃は警戒していたので、ニャーともなかず、いつでも逃げられる体勢で緊張していたものだ。
今日はトイレまでついてきて、洗面台に飛び乗って、蛇口から流れる水をちょいちょいと触って遊んでいた。
2020.09.10.02s.jpg
鏡に写った映像を見て、向こう側があると思ったのか、鏡に向かって飛び上がろうとしていたのが可笑しい。
2020.09.10.03s.jpg
posted by Tats at 22:41| Comment(3) | TrackBack(0) | シドニー日記
この記事へのコメント
すっかりうちの子ですね。
Posted by kumiko-nya at 2020年09月11日 12:27
そうかぁ。にゃぁ、と鳴くまでには段階があるんだね。なんかとても感激するね!
Posted by hal at 2020年09月11日 21:57
甘えてもいい人である、と認識しないと、猫はニャアとなきません。
Posted by tats at 2020年09月11日 22:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187900282
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック