2020年06月27日

お向かいさんとランチ

2020.06.27.01s.jpg
今日は雨が降ったりやんだりで寒い。
午後、お向かいのリナーテ&アーヴィンがランチに呼んでくれた。
liver caseを買ってきたので、フライにするという。liver caseと言っても、肝は入っていない。
なぜそう呼ぶのか知らないが、オーストリアではそう呼んでいるそうだ。
leberwurst(liver sausage)というのは本当に肝が入っているのだが。
liver caseはスライスして、小麦粉をはたいてから、フライパンで軽く揚げる。
2020.06.27.02s.jpg
まずはレンティルとジャガイモのスープ。寒い日にはこういう温かいスープがいい。
2020.06.27.03s.jpg
カリフラワー、マッシュルーム、ビーンズを付け合せに、liver caseにマスタードをつけて食べる。軽い食感なのでぱくぱく食べて、お腹いっぱいである。
2020.06.27.04s.jpg
リナーテは歯の治療がうまくいってほっとしていた。
二人が戻ってきてくれて嬉しい。
posted by Tats at 17:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち
この記事へのコメント
おっきなソーセージのかたまりってこと?
日本じゃ見たことないねぇ。
リナータのお料理はいつもあたたかくて家庭的でいいですね。
Posted by hal at 2020年06月28日 06:41
フライシュケーゼと同じ。
ゆちゃんとこでも作っている。
Posted by tats at 2020年06月28日 17:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187639509
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック