2020年06月22日

アナ一家との週末

2020.06.22.00s.jpg
週末を過ごしたアナ&エイドリアンの家は、キャンベラ近くのファームエリアにある。道路から遠くに牛や羊の群れが見え、ブッシュではカンガルーが飛び跳ねている。ファームの横に車を停めると、牛たちに不審げに睨まれる。
2020.06.22.01s.jpg
アナ&エイドリアンの家に来るのは久しぶりだ。家の周りに植えた樹木が育ってきて、いい雰囲気だ。
2020.06.22.02s.jpg
半年前に設置したプール。今は零下になるので、見ているだけで寒いが。
2020.06.22.03s.jpg
エリーはすっかりおしゃべりになり、僕の名前もちゃんと言えるようになっていた。久しぶりに僕に会ってちょっと興奮しているのだろう、いろいろなモノを持ってきて見せて説明してくれる。なぜか女の子は財布が好きだな。
2020.06.22.04s.jpg
新しく家族に加わった子犬のビグジー。スパニエルとプードルのミックスで、茶色の巻毛が柔らかい。
2020.06.22.05s.jpg
すぐに仲良くなって一緒に遊んだ。まだ子供なので、手や靴下をがじがじ噛んでくるが(笑)。
2020.06.22.06s.jpg
アナ一家が住んでいる土地は歩くと一周2時間くらいかかる。ブッシュやダムがあり、カンガルー、ウォンバット、エキドナ、キツネが住んでいる。
2020.06.22.10s.jpg
夜のうちに降った大雨で、ダムが溢れて濁流が流れていた。
2020.06.22.11s.jpg
子供にとって親と一緒に森の中を歩くことは良い体験になる。危険に対して注意することや自分のできることの範囲を知り、必要な時には助けを得ることを学べる。
2020.06.22.15s.jpg
一時間もするとさすがにエリーが疲れてきたので、エイドリアンがバックパックにして担いでやった。
2020.06.22.16s.jpg
毎日卵を生んでくれるチキン。以前、フェンスの下から入り込んだキツネに襲われて、3羽が殺された。
2020.06.22.17s.jpg
土曜日はキャンベラへ遊びに行った。アナが次の車はジープを買いたいと言うので、ディーラーに見に行った。
2020.06.22.18s.jpg
ランチは二人がお気に入りの、豚骨ラーメン。ここは、ちゃんと日本の味だった。値段は$18と、日本の倍くらいするが。
2020.06.22.19s.jpg
食後は、National Arboretum Canberraへ。アーボリータムと言うのは、樹木が中心の植物園で、まだできて7年なので森にはなっていない。
2020.06.22.20s.jpg
丘の上からガーデンを巡って歩く。
2020.06.22.21s.jpg
世界各国の植物もあるが、基本的に外で育つモノだけで、温室はない。
2020.06.22.22s.jpg
素晴らしい盆栽のコレクションも見られる。
2020.06.22.23s.jpg
Village Centreには、カフェやショップがあり、
2020.06.22.24s.jpg
外にはプレイグラウンドが併設されている。ここの遊具はどれも工夫してあって、いかにもな子供っぽい色や素材、デザインとは一線を画している。
2020.06.22.25s.jpg
これはバンクシアのデザイン。エリーはなかなか帰りたがらなかった。
2020.06.22.26s.jpg
ほんの数日だけだったが、子供たちと過ごすのはやはり楽しい。皆そうだと思うが、自分の家もいいが、外に出かけるのもいいものだ。
posted by Tats at 21:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち
この記事へのコメント
いい写真ばっかりねー!
こんな所でこんな風に自然と愛に囲まれて育つエリーとわんこ。いいねえ!
Posted by hal at 2020年06月23日 10:48
ファームエリアに住んでシティで働くのはいいよね。
Posted by tats at 2020年06月23日 19:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187624056
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック