2020年04月30日

一年前の今日

去年の4月30日にヘレンの葬儀をした。
あの日はとても良い天気で、青い空とバラの花がきれいだった。
変な言い方だが、良い葬儀だったと思う。
チャペルで葬儀社や家族が写真とビデオを撮ってくれたが、まだとても見る気になれない。
ヘレンのいないこの家に一人でいることが耐えられそうになかったので、葬儀の翌日、飛行機に乗り、日本へ逃げた。奈良の実家でぼんやりと過ごしていた。
思い出したくない記憶があると、思考も感情も膜がかかったようになる。
その不鮮明な感覚は少しずつ薄れてきてはいるが、今もまだ続いている。
まだ何かを麻痺させておく必要があるのだろうが、それは鎮痛剤を使うのと同じで、けっして良いことではない。まあそのことを自覚できているうちは大丈夫だろう。
posted by Tats at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニー日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187436526
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック