2019年12月05日

隣家のジギー

2019.12.05.01s.jpg
先月、北米旅行から帰って来て、しばらくして、隣家の猫のジギーの姿を見ない事に気がついた。
いつも昼時にはうちに遊びに来ていたのに、どうしたのかなと思い、隣家の奥さんのミッシェルに尋ねたところ、犬に噛まれたらしく、左脚を引きずりながら家に帰ってきたそうだ。手術をして家で静養していると告げられた。
今日ミッシェルに会った時、ジギーの様子を聞くと、大分良くなったので、遊びに来てやってと言われた。
隣家の庭で寝ていたジギーは僕のことを憶えていてくれたようで、すぐに寄って来てすりすりしくれた。
2019.12.05.02s.jpg
左脚を引きずって歩いているが、他の脚は健常なので、テーブルの上くらいまでジャンプできるようになっていた。
でももう外に出せない、とミッシェルは言う。確かにまた犬に襲われた時、脚が悪くては、さらに逃げられない。
これからは家と庭だけがジギーの生活世界になる。時々遊びに来てやろう。
posted by Tats at 14:42| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記
この記事へのコメント
かわいそうに。噛んだ犬を恨みます…
せっかく、遊びに来ていたのにね。
でも覚えてくれていて嬉しいね。
Posted by hal at 2019年12月06日 00:11
犬はねえ基本的に猫を襲うものです。
小さな頃から一緒に暮らしていない限り。
ともあれ、ジギーが元気になったことが、なによりです。
Posted by tats at 2019年12月06日 21:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186884022
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック