2019年09月01日

今もまだ自責の念

僕のホームステイのサイトは一年前から更新していない。
去年の8月、ホームステイの受け入れを中止するとサイトに書いて、ヘレンの看病をしにクイーンズランドの家に行った。
ヘレンの入院生活が始まり、毎日、家と病院を往復していた。
ヘレンのガンが広がり、体調が急激に悪化していく様子を見ているしかできなかった。あの頃のことは思い出すのも辛い。
僕らも医者も、できる限りのことをした、どうしようもなかったとはわかっている。
それでも、どうしたらよかったのかと、今も自責の念を抑えることができないのだ。
posted by Tats at 21:01| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記
この記事へのコメント
わかっていても、どうしたらよかったのか、と考えてしまうよね。
3か月が過ぎて、きっと今、一つの山に来ているような感じがします。今は苦しくても一歩一歩ひたすら歩を進めていくと、頂上にたどり着く日が来るから、ね。
Posted by hal at 2019年09月01日 21:41
うん、まだまだ時間が必要ですね。
Posted by tats at 2019年09月02日 19:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186502284
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック