2019年07月24日

ヘレンの写真を飾った

2019.07.24.01s.jpg
昨日からヘレンの写真をフォトフレームに入れて、キッチンのキャビネットに飾ってある。
やはりヘレンの笑顔が見られるのは良いものだ。
これまでは写真を見るのも辛かったのだが、三ヶ月経って、ようやく少し気持ちが落ち着いてきたのかもしれない。
幸い今も、家族や友人たちが、食事やお茶に誘ってくれて、ありがたい。
今日も友人のグレンと一緒にコーヒーを飲みながらおしゃべりをした。
ぼくが、まだヘレンの遺品に触れる気持ちになれないので、放ったらかしにしてある、と言うと、彼は、いやそれはもう一気に片付けたほうがいいよ、5年経っても手がつけられない人もいるんだよ、悲しみに囚われていても誰も喜ばないよ、と言う。
グレンは、お父さんが年老いて具合が悪くなった時、当時住んでいた札幌に家族を置いて、お父さんの面倒をみるため、シドニーへ戻って来た。そしてお父さんの最期を家で看取った。
両親が遺した家や遺品を、グレンは一ヶ月で片付けたそうだ。いつまでも悲しい思いで、それらを見ていたくなかったからだ。
ぼくがグレンのように思い切って遺品整理をできるかどうか、まだわからないが、ともあれ、いろいろな人の意見を聞くのは面白い。
posted by Tats at 21:45| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記
この記事へのコメント
お父さんと妻では、違うよね。でもいろんな人の意見を聞くことはいいと思うよ!
Posted by hal at 2019年07月25日 21:23
親と配偶者とでは、失ったときの悲しみが全然違うというのが身にしみてわかりました。
Posted by tats at 2019年07月26日 21:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186322962
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック