2019年07月23日

さようならK叔母

昨夜、妹から連絡が来て、奈良の病院に入院中だったK叔母が亡くなったことを知らされた。
妹は病院から電話が来てすぐに駆けつけたが、もう逝ってしまっていたそうだ。
昨日の朝のヴァイタル・チェックでは何も異常はなかったのに。ヘレンの時もそうだったが、急変するものらしい。
叔母が90歳の寿命を全うし、苦しまず静かに眠りについたことは、せめてもの幸いだ。
下は、2002年にヘレンを連れて、叔父叔母の家へ泊まりに行ったときの写真。
ぼく以外の三人はもうこの世にいないと思うと悲しくて堪らない。
2019.07.23.01s.jpg
posted by Tats at 15:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち
この記事へのコメント
ほんの内輪の葬儀でしたが、とてもいい時間だったと思います。私たちふたりとも、K叔母とはとてもとても仲良しでしたね。
Posted by hal at 2019年07月25日 21:24
K叔母とA叔父には本当に感謝しています。
僕らにとって、第二の両親のようでした。
Posted by tats at 2019年07月26日 21:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186317687
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック