2019年07月01日

不在の悲しみ

2019.07.01.01s.jpg
日中はできるだけ家の外に出るようにしている。
太陽の光を浴びて身体を動かすことが、家の中に独りで居ることよりは、ずっと心身に良いことはわかっている。
それでも、美しい海辺を歩いていても、きれいな花々を見ても、ヘレンがいないことを思い出さされて、よけいに辛い。
この先どれくらいかかれば、喪失感や不在の悲しみから抜け出せるのだろう。
2019.07.01.02s.jpg
posted by Tats at 19:31| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記
この記事へのコメント
なんてきれいな空と海なんでしょう。
悲しいよね。寂しいよね。でも誰も何も言ってあげられないのよ。
雄々しく耐えていってほしいと願っています。
Posted by hal at 2019年07月01日 23:29
いまはどんな言葉も不要です。
必要なのは時間だけなのでしょう。
Posted by tats at 2019年07月02日 19:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186217585
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック