2019年06月17日

叔母のお見舞い

今朝、10時半前に奈良の実家に着いた。
関空を出るともう空気が湿って暑さを感じたので、上着と長袖シャツを脱いでスーツケースにしまった。
寒かったシドニーから、蒸し暑い梅雨時期に日本へ来たのは初めてだ。
2019.06.17.01.jpg
午後、妹と一緒に、病院へ叔母のお見舞いに行ってきた。
運よく主治医と面談できたので、叔母の容態を聞いた。
入院した4日前より、ずっと良い状態だとのこと。
右肺に肺炎、左肺に少し水が溜まっている。
腎臓と心臓は大丈夫。白血球数は下がってきたが、まだ高い。
口から食べられないので、点滴で栄養と水分を摂取している。
真っ黒だった便の色が正常に戻ってきたので、内出血は治まったのだろう。
一応、小康状態のようなので、ほっとした。
しかし、叔母は僕と妹の顔を見てもあまり反応がなかった。
すっかり細くなり血管が浮いた手と指を、妹がマッサージしてあげたが、声も出さない。
2019.06.17.02.jpg
また明日も様子を見に来る。
posted by Tats at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本でのこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186153343
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック