2019年06月13日

悲しいニュース

悲しいニュースが二つ飛び込んできた。
昨日、妹から連絡が来て、奈良のナーシングホームに入っている叔母の具合が悪いとのこと。
叔母は、今日、病院へ移送されて検査を受けた。
右肺が真っ白で、左肺には少し水が溜まっているそうだ。
肺炎を起こしているのだろう。
この3日ほど、熱のため食欲がなく、口からモノを摂取していなかった。
今は入院して、点滴を受けているところだ。
抗生剤が効いて、熱が下がり、少しは食欲が出てくれるといいが。

叔母と同じナーシングホームに居た叔父は二年前に亡くなった。
最期まで妹が看取ってくれたが、僕は葬儀にも行けなかった。
先月、日本へ行った時、叔母にも会ったが、もう一度会っておきたい。
いつ奈良へ行くか、明日、医者の診断を聞いてから決めようと思う。
遺言の検認申請を済ませてから行きたいのだが。

もう一つの辛い知らせは、今日の夕方、友人のセスから電話がきて、飼い猫のモイラが昨夜死んでしまったとのこと。
昨夜、モイラが突然痙攣を起こした。すぐに獣医に連れて行ったが、もうダメだと言われたそうだ。
モイラは19歳だった。病気もせず、長生きしてくれた。
とても優しくて人懐っこい性格で、セスの家に遊びに行くと、いつも触らせてもらった。
モイラは庭の片隅に埋めてあげた、と、セスはすすり泣きながら話してくれた。
ヘレンが逝ってしまってからまだ二ヶ月もたたないうちに、どうしてこんなに悲しいことが続くのだろう。
posted by Tats at 20:23| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記
この記事へのコメント
19歳は長生きなんだけど、大事な家族をなくす辛さはいつだって悲しいよね。
モイラの可愛い姿は写真でいつも見ていたよ。
Posted by hal at 2019年06月14日 08:56
今年タジーを亡くしたアナもそう言っていた。
一緒に時を過ごしたモノがなくなるのは、ヒトだろうがペットだろうが車だろうが服だろうが、悲しいものです。
Posted by tats at 2019年06月14日 15:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186134861
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック