2019年03月29日

緩和ケアチームとの話

2019.03.29.01s.jpg
今日の午前中、緩和ケアのドクターとナースが来てくれた。
ドクターは、18日前にも来てくれた人と同じなので、ヘレンの容態がかなり悪くなっていることを認識してくれた。
いろいろ話をして、今できることは次の3つ。
1,ペイン・コントロールのため、タペンタドール(オピオイドの鎮痛剤)を飲むこと。
この薬は、以前使っていたが、痛みが引いたので中断していた。オピオイドはできれば飲みたくないのだが、痛みを抑えるためには、しかたがない。
2.輸血については、来週月曜日に受けられるよう手配するとのこと。
今の状態で救急に行っても、ヘモグロビンの値が緊急を要するレベルまでは下がっていないので、輸血はしてくれないそうだ。
3.オキュペイショナル・セラピスト、フィジオセラピスト、ダイエティシャンを手配するとのこと
posted by Tats at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘレンの闘病生活
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185782975
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック