2019年02月10日

Brisbane Botanic Gardens Mt Coot-tha

s-2019.02.10.01.jpg
昨日、うちから南西へ1時間ほどのところにある、Brisbane Botanic Gardens Mt Coot-thaに行ってきた。
チェスターはブリスベンに住んでいたこともあるので、この辺りの見所はよく知っているが、ぼくとヘレンは初めてだ。
ブリスベンのシティから西側は急に山道になり、Mt Coot-tha(マウント・クータ)という山に、広い森が広がっている。その山の斜面に、植物園が作られていて、プラネタリウムやライブラリもある。入場料は無料。
まずは入り口近くのカフェでランチ。
s-2019.02.10.02.jpg
このカフェは園内を見下ろせるので、見晴らしがいい。
s-2019.02.10.03.jpg
ランチを食べ、地図を見ながら、車椅子でも行きやすそうなところをピックアップ。
園内は広いので、歩いて見て全部を回るのはまず無理だ。
s-2019.02.10.04.jpg
ランチの後、カフェの近くにある熱帯植物のドームを目指して歩く。
s-2019.02.10.05.jpg
道の途中には、食虫植物や
s-2019.02.19.06.jpg
サボテンの大群。
s-2019.02.19.07.jpg
面白いサボテンがたくさんあって見飽きない。
s-2019.02.19.08.jpg
s-2019.02.19.09.jpg
熱帯植物を集めたドーム。
s-2019.02.19.10.jpg
中へ入ると、アフリカから来た撮影隊がファッションの写真撮影をしていた。
男性モデルはコンゴから、女性のスタッフはジンバブエから来たそうだ。
気のいいモデルの男がヘレンの車椅子をスロープの上まで押して行ってくれた。
s-2019.02.19.11.jpg
ドームの真ん中には池があり、睡蓮が咲いていた。
s-2019.02.19.12.jpg
水辺にはカエルではなくて、ウォーター・ドラゴンが寝そべっていた。
s-2019.02.19.13.jpg
ドームの向かい側には、Farnhouseがあり、シダ類が見られる。
s-2019.02.19.14.jpg
熱帯雨林の中を歩いているような大きなシダ。
s-2019.02.19.15.jpg
次は、日本庭園へ。
1988年に万博がブリスベンで開催された。ブリスベン・リヴァーの辺りに各国のパヴィリオンが建ち並び、World Expo 88は大成功を収めた。
万博が終わった後、日本館にあった庭園を、この植物園に移動したそうだ。
s-2019.02.19.16.jpg
庭園の名前は「遊翠園」。
s-2019.02.19.17.jpg
店内は良く手入れされて、気持ちがいい。桜やサツキの花が咲く頃にまた来たいものだ。
s-2019.02.19.18.jpg
茶室があるといいのだが。
s-2019.02.19.19.jpg
池に鯉がいないのは残念。代わりにウォーター・ドラゴンがここでものさばっている。
昔、チェスターが来たときはランチを狙って、大きなドラゴンたちがぞろぞろ寄ってきたそうだ。静謐な日本庭園にトカゲがうようよいるのは可笑しい。
s-2019.02.19.20.jpg
日本庭園の後は、樹や花をみながら出口へ向かう。
s-2019.02.19.21.jpg
花の蜜を求めてロリキートがたくさん群がってた。
s-2019.02.19.23.jpg
これは火山岩を利用したオブジェ。
s-2019.02.19.22.jpg
大きなカボチャが飾られていたインフォメーションセンターでひと休み。
s-2019.02.19.24.jpg
壁に貼ってあったMt Coot-thaの地図。山の周りを回ってから帰ることにした。
s-2019.02.10.19.jpg
まずは山の頂上へ。ここは人気のスポットらしく、観光客で賑わっていた。
s-2019.02.10.20.jpg
ブリスベンの街が一望できる。
ぼくが生まれた神戸とブリスベンは姉妹都市だ。六甲山から見下ろす神戸の街並みが似ている。六甲山牧場にはオーストラリアの羊もたくさんいるし。
s-2019.02.10.21.jpg
帰りは山の中をのんびり走り、所々で停まりながら景色を楽しんで、うちに戻ってきた。
s-2019.02.10.22.jpg
この記事へのコメント
これは素敵な場所ですね!いくらでも楽しめます!日本庭園に鯉ではなく、いるのはトカゲ・・・
Posted by hal at 2019年02月10日 21:41
この庭でトカゲに囲まれながら花見をしている様子を思い浮かべて可笑しくなりました。
Posted by tats at 2019年02月11日 17:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185532742
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック