2018年12月06日

半年ぶりに料理

2018.12.06.01s.jpg
白内障の手術の後、一ヶ月以上かかったが、ヘレンの右眼がようやく回復して、ちゃんと見えるようになった。もう痛みもない。
今朝、行きつけのメガネ店に行って、右側のレンズを、素通しレンズに変えてもらった。
度が入っているレンズのままだと、視力が良くなった裸眼に合わないないからだ。
2018.12.06.02s.jpg
午後は、パンプキン・スープを作りたいと言って、キッチンへ。
立って料理をするのはまだ無理なので、椅子に座って野菜を刻んだりしていた。
ヘレンが料理をしたいと言ってくれたのは半年ぶりだ。
毎日、少しずつ快方に向かっているヘレンを見るのは本当にうれしい。
posted by Tats at 19:23| Comment(2) | TrackBack(0) | ヘレンの闘病生活
この記事へのコメント
ホントに嬉しいです。料理がしたい・・
当たり前の日常が送れることの幸せに気付くことが出来ました。
Posted by hal at 2018年12月09日 22:18
何でもいいから、何かをしたい、何かができるようになりたい、というのは、人にとって基本的な意志なのだと思います。
Posted by tats at 2018年12月10日 14:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185149887
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック