2018年12月01日

家で静養

昨日、ヘレンは放射線治療の後、疲れたようで、うちに帰るとすぐに横になっていた。
夕食も食欲がないと言って、ほとんど食べなかった。
夜8時半ころ、ベッドに座って着替えようとした時、断続的に咳が出て、吐いてしまった。
急いでバケツにお湯を入れ、汚れてしまったパジャマとシーツ、床を掃除をした。
吐き気がするのは放射線治療の後遺症なのだろう。
今朝は、少し回復したようだが、背中の右側に痛みがあると言うので、オイルマッサージをしてあげた。
今日もすばらしい快晴だが、ヘレンは外に出ず、家で静養していた。
放射線治療が効いたのか、左肋骨あたりにあった痛みは軽減されたようだ。
背中の痛みはまだあるが、食欲はあるので、大丈夫だろう。
posted by Tats at 20:01| Comment(3) | TrackBack(0) | ヘレンの闘病生活
この記事へのコメント
抗がん剤は吐き気の後遺症がつきもので、本当に辛いことだと思います。
それでも痛みが軽減されることは、最優先ですものね。食欲も戻ってよかったです。
マッサージはとても優しい、気持ちの伝わるケアだと思います。
Posted by hal at 2018年12月02日 11:33
ヘレンがやっているのは、ホルモン療法です。
なので、化学療法(狭義の抗がん剤)のように、ガンそのものを攻撃するような強い作用はないです。
それでも副作用はあるので、2週間毎に血液検査をして、モニターする必要があります。
Posted by tats at 2018年12月02日 17:29
なるほど、そうでしたか。抗がん剤と思い込んでました。どんな治療も、個人差があるから手探りは否めないのですね。
Posted by hal at 2018年12月03日 22:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185109507
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック