2018年11月30日

放射線療法

2018.11.30.01s.jpg
今日も丸一日病院で過ごしていた。
午前中は、放射線療法を受けるための下準備。
CTで照射部位を正確に特定し、ペンで皮膚にマークする。
昨日面談した放射線治療医がやってきて、チェックしてくれた。
このドクターは名前がマイケル・ジャクソンというのだが、歌ったり踊ったりはしないよー、と笑っていた。
2018.11.30.02s.jpg
病院では待ち時間が長い。
待合室には、TVと雑誌が置いてあり、お茶も飲めるし、できるだけ快適に過ごせるよう工夫されている。
病院内には無料Wifiが飛んでいるのでネットも使える。
ランチを食べ、屋内に居るのが飽きたら、外のコートヤードに出て、太陽の光を浴びに行ったりして、待っていた。
2018.11.30.03s.jpg
午後2時すぎ、ようやく名前を呼ばれて、トリートメント・ルームへ。
10分間、照射するという。以前、ブリスベン病院で受けたときは、ごく短時間だったので、ちょっと驚いた。
照射中は部屋に入れないので、外にあるコントロール・ルームで、放射線技師と一緒にモニターでヘレンの様子を見ていた。
10分もじっとしていると不安になる人もいるので、5分たったら中断し、話しかけに行くとのこと。
2018.11.30.04s.jpg
これで、左肋骨の痛みが軽減されてくれればいいが。
posted by Tats at 14:17| Comment(2) | TrackBack(0) | ヘレンの闘病生活
この記事へのコメント
病院は病気を治してもらいに行くところなのに、居るととても疲れますよね。
きっと痛みは良くなりますよ!
マイケル・ジャクソンさんは、ネタになっていいですね。
Posted by hal at 2018年12月01日 09:24
病院はねー、やっぱり、まず、建物全体の雰囲気が病んでいるような感じがして嫌なんだ。
ぼくは病院で働くのは無理だなあ。
Posted by tats at 2018年12月01日 19:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185102976
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック