2018年11月09日

リナーテ&アーヴィン宅でお茶

2018.11.09.10s.jpg
午後、お向かいのリナーテ&アーヴィン宅でお茶。
家の前の道をヘレンが歩いて渡れたのは、ヘレンが車椅子生活になってから、今日が初めてだ。
歩行器が道路の段差に引っかかるので、横に付いて補助し、ゆっくり歩いて行った。
ヘレンが少しでも歩ける姿を見れるのはうれしい。
2018.11.09.11s.jpg
リナーテ&アーヴィンは数日前に別荘から帰ってきたばかりなので、家の掃除に追われている。
2018.11.09.12s.jpg
リナーテは両脚を骨折したので、骨を支えるため金属製のポールが入っている。X線写真を見せてくれた。
ヘレンも同じような手術をしたが、右脚だけで、腰から膝上までだが、リナーテは腰から足首まで金属棒が入っている。
手術痕がまだ痛むので、鎮痛剤が手放せないと言っていた。
2018.11.09.14s.jpg
posted by Tats at 15:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち
この記事へのコメント
すごーい!道路を歩いて渡ってる!
両脚に鉄の棒が入っていても、鎮痛剤を手放せなくても、旅行に行ったりする気持ちがあるのはとてもいいことですね。
Posted by hal at 2018年11月09日 16:00
そう、人間、身体に多少ガタが来ても、気力があればなんとかなるものですね。
Posted by tats at 2018年11月10日 14:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184899869
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック