2018年10月08日

オンコロジストと面談

今日は、ヘレンを連れて、POW(The Prince of Wales Hospital)のThe Bright Allianceへ。
ここはガンの研究&治療部門で、最新設備が整っている。
4年前ヘレンはここで放射線療法を受けた。
オンコロジストと面談し、この二ヶ月間のクイーンズランドでの容態や治療履歴について話した。
ニ日前から飲み始めたRibociclibの副作用をチェックするため、定期的な血液検査が必要なので、手配してもらった。自宅へ採血に来てくれるそうなので便利だ。
posted by Tats at 19:58| Comment(2) | TrackBack(0) | ヘレンの闘病生活
この記事へのコメント
自宅に来てくれるのはいいですね。
少しずつ日常を整えていく感じですね。痛みがうまく抑えられているようで本当によかった。
Posted by hal at 2018年10月08日 21:22
ほんと、ペイン・コントロールを重要さを目の当たりにしました。
ひどい痛みがあると何もできないんです。
Posted by tats at 2018年10月09日 17:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184631373
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック