2018年07月17日

リナーテ&アーヴィンと夕食

2018.07.17.01s.jpg
ホームステイしていた人たちが日曜日に移動していったので、晩御飯を一人で食べるのは寂しかろうと、お向かいのリナーテ&アーヴィンが夕食に呼んでくれた。とてもありがたい。
ヌードルスープに、
2018.07.17.02s.jpg
メインはポーク・ネックをオーヴンでゆっくりローストしたもの。
付け合せは、マッシュポテト、ザワークラウト、ほうれん草、マッシュルーム。
どれもドイツの家庭料理で、とても美味しい。寒い夜にはぴったりだ。
2018.07.17.03s.jpg
posted by Tats at 19:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 家族と友人たち
この記事へのコメント
ローストポーク、美味しそうですね。こういうお肉が売っているのはいいですね。お向かいさんのあたたかい素敵な家庭料理ね。
Posted by hal at 2018年07月19日 10:33
肉はポーク・ネックの塊を1.5kgほどです。
日本でも売ってるでしょ?
Posted by tats at 2018年07月19日 18:38
豚の首の肉?表に出ているのは見たことはないです。お肉屋さんで頼めばあるのかな・・
Posted by hal at 2018年07月20日 17:18
そう、首の肉です。
日本でなら、手に入りやすい肩ロースでいいと思う。
Posted by tats at 2018年07月20日 18:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183925976
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック