2008年08月24日

ケアンズ旅行 8月11日 Cape Tribulation

atherton45.jpg
今日でお姉さんとお別れ。4泊させてもらった間、いろいろな所を案内してもらってとても助かった。本当にありがたい。
Atherton Tablelandを後にして、今夜からCape Tribulation(ケープ・トリビュレーション:苦難岬)で2泊する。ハイウェィをひたすら北上し、くねくねの山道を登って降りて、約1時間45分、Mossmanという町に着いた。まわりにはSugarcane farm(サトウキビ畑)が広がっている。
atherton46.jpg
Sugarcane farmの横には収穫用のトロッコ列車が走っている。
atherton47.jpg
Mossman Gorgeという渓谷があるので行ってみたのだが、駐車場が一杯で車が停められない。狭い駐車場に大型観光バスが何台も停まっていた。ぼくらの後からも次々と車がやってくる。あまりの混雑に嫌気がさしてここは諦めた。
ランチを食べた後、さらに北へ30分。Daintree(デイントゥリー)という小さな村に着く。しばらく散歩。この辺りの山には紅茶畑があり、Daintree Teaとして有名だ。お土産に3袋買う。
atherton48.jpg
Daintree Riverをクルーズして、ワニを見るツアーが多い。いろいろな大きさのボートが行き交っていた。
atherton49.jpg
Cape Tribulationへ行くにはDaintree Riverを渡らなければならない。橋はなく、フェリーに乗る。フェリーといっても船のようなモノではなく、大きな板をケーブルで引っ張るだけだ。Daintree VillageからFerry Crossingまでは30分。Mossmanから来た道を途中まで戻り、下の看板を頼りにサトウキビ畑の中を走る。
atherton51.jpg
これがフェリー乗り場のゲート。往復$19は高いなあ。
atherton50.jpg
下は向こう岸からフェリーがやってくるところ。ちなみにフェリーに乗っている間は、車から出てはいけない。
atherton52.jpg
フェリーで川を渡ったあと、山道をさらに1時間北上し、ようやくCape Tribulationへ。ここはRainforestとGreat Barrier Reefという二つの世界遺産の森と海が出会う場所として有名だ。この町までは道路が舗装されているので行きやすい。
今夜から2泊するCape Tribulation Farmstayへチェックイン。The Farmhouseという共用で使う場所があり、朝食を取ったりお茶を飲んだりできる。キッチンもここにしかない。この辺りには電気のケーブルが来ていないので、すべてソーラー・パネルによる太陽光発電だ。だから電気使用量が多い電子レンジやトースターやヘヤー・ドライヤーはない。
atherton53.jpg
果樹園でもある広い敷地内に5つのキャビンがある。すべて満室とのこと。Cape Tribulationで、朝食付き$130/泊・キャビンというのは安いほうなのだ。キャビンには電話もTVもなく、夜は満天の星の下、ゲッコーとカエルの鳴き声しかしない。
atherton54.jpg
キャビンで荷ほどきした後、近くのビーチへ。ビーチ近くはマングローブだがボード・ウォーキングできるようになっている。
atherton55.jpg
夕暮れ時のビーチは散歩する人たちがちらほら。残念ながら夕日は山側へ沈むので見えない。
atherton56.jpg
浜辺の椰子の実。
atherton57.jpg
posted by Tats at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel: ちょっと遠出
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18334410
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック