2017年06月22日

Cancer Councilのランチの会

2017.06.22.01.jpg
昨日はCancer Councilのランチの会。
ヘレンとチェスターと一緒に、うちの近所に住む主催者のジョイスを迎えに行ったら、ケアラーのアマンダがいて、ジョイスに出かける用意をさせていた。
ところが、ジョイスは服を着替えたものの、なんだか気分がダウンしているので、家に居たほうがいいかもと言う。
手が冷たいというので、チェスターが手をさすって温めてあげた。
アマンダが、少しでも歩いたほうがいい、身体も温まるし、となだめ、ジョイスはようやく腰を上げて、出かける気になってくれた。
近所のクラブのビストロまで、杖を突き、アマンダの腕に支えられて、ゆっくりゆっくり歩いて行った。
4月にこの同じビストロで、ジョイスの101才の誕生日をお祝いした時の写真をあげた。
ジョイスは写真を一枚ずつ丁寧に見ながら喜んでくれた。
ジョイスは、ランチにローストポークを頼み、ちゃんと食べていた。食べられるうちはまだまだ大丈夫だ。
2017.06.22.02.jpg
posted by Tats at 22:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち
この記事へのコメント
高齢になると、毎日のように体調も気分も違ってそれが行動を左右します。でもジョイスが周囲の励ましで気力を出して活動ができるのはとても良いことですね。
Posted by hal at 2017年06月26日 09:01
ジョイスがあと何回、このランチの会に来られるか、誰にもわかりませんが、その時が来るまでは続けていきたいものです。
Posted by tats at 2017年06月26日 10:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180127030
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック