2017年06月05日

冬の花々

2017.06.05.01.jpg
6月に入って最低気温が10℃を切るようになってきたが、シドニーは、霜が降りたり雪が降るほどは寒くはならない。
ブーゲンビリアは冬でも花が咲いているし、うちの近くのCentennial Parkでは色とりどりの花が見られる。
2017.06.05.02.jpg
今日は良い天気なので、温かい陽ざしを求めた人々が散歩し、花を楽しんでいた。
2017.06.05.04.jpg
ローズガーデンは今改装中で、花壇の半分以上が掘り返されていた。
バラは真夏の暑さは苦手だが、今の時期は花をつけている。
2017.06.05.05.jpg
2017.06.05.06.jpg
2017.06.05.07.jpg
カンナの花は赤と黄色があるのだが、これはちょっと枯れ始めていた。
2017.06.05.08.jpg
2017.06.05.09.jpg
少し前までは紅葉していた樹も葉を落とし始め、冬の到来を告げている。
2017.06.05.10.jpg
posted by Tats at 19:43| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記
この記事へのコメント
明るくて美しい花たちの写真きれいです。
片面が先に落葉している樹。日当たりの関係かな。とても面白いね。
Posted by hal at 2017年06月05日 21:29
たぶん日当たりのせいでしょう。日陰になるほうが落葉していました。
Posted by tats at 2017年06月05日 22:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179956743
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック