2017年04月27日

空へ還る日

2017.04.27.01.jpg
今日は奈良の葬儀場で叔父の告別式。
葬儀はごく内輪の家族でやることに決めていて、すべて、妹が手配してくれた。
昨日の納棺の時、剣道の達人だった叔父が愛用していた木刀や好きだった日本酒などをお供えしたそうだ。
幸い今日は奈良もシドニーも天気がいい。同じ青空を見上げているだろう。
叔父は海の男だったが、魂は空に還るような気がする。
posted by Tats at 13:42| Comment(3) | TrackBack(0) | 家族と友人たち
この記事へのコメント
奈良は海のない所だけど、新緑の美しい奈良公園の脇を、船が進むようにのびやかに、斎場へと向かいました。
集まってくれた人たちのおかげで、穏やかで和やかな一日でした。
Posted by hal at 2017年04月27日 21:53
良いお葬式であったこととを思います。最後までありがとう。
Posted by tats at 2017年04月28日 14:54
はい。来て下さったNさんご夫妻から、とてもよいお葬式だったと言ってもらいました。
Posted by hal at 2017年04月28日 20:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179572029
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック