2017年03月14日

日本人シェフによるディナーの会

2017.03.14.01.jpg
昨夜は、シドニーにいる日本人の若手シェフ3人が企画したディナーの会に行ってきた。
会場はNewtownの日本料理店「Shinmachi」。
この夜は完全予約制。6時の開店と同時に入店すると、カウンターから見えるキッチンで、皆が忙しそうに準備をしていた。
2017.03.14.02.jpg
店内はモダンな居酒屋といった雰囲気の内装だ。
2017.03.14.03.jpg
料理は、前菜・魚・肉・デザートの4コース。
カクテルが2杯ついて$50はなかなかのお値打ちである。
今のシドニーでこの値段でFine Diningをやれる店はないだろう。
2017.03.14.04.jpg
前菜はグリルした野菜。
香ばしく焼かれた野菜に加えて、3種類のソースと醤油味を付けた塩が美味しい。
欲を言えば、キノコは、味気のないマッシュルームではなく、シイタケにすればもっとよかっただろう。
2017.03.14.05.jpg
続いて、鯛とカニの皿。
鯛はちょっと火を入れすぎか? 中をもう少ししっとり仕上げてほしかった。
2017.03.14.06.jpg
メインは、豚の角煮とメニューには書いてあったのだが、角煮はナス田楽の上に、ほんの一欠乗っていただけで、主素材はどうみても牛肉だった。角煮が売り切れたのかも(^^)。
この料理もソースやペッパーがとても美味しい。
2017.03.14.07.jpg
最後のデザートは力作。
ココナッツ・ケーキとアイスクリームにチョコレートとラズベリーソース、どれも素晴らしい。
見た目を豪華にする効果はあるが、味にも香りにも貢献しない金箔は不用だと思うが。
2017.03.14.08.jpg
魚や肉のポーションが小さいのでインパクトが弱いとか、素材を盛り込みすぎて料理の焦点がぼけるとか、いろいろと改善点はあるだろうが、料理人たちは皆まだ若い。これからも応援してあげたい。
posted by Tats at 21:22| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記
この記事へのコメント
いい会ですね。なるほど、納得の指摘の数々。これはシェフに伝えてあげられるの?とてもいい意見を聞くことが出来て将来の役に立つものね。
Posted by hal at 2017年03月14日 21:38
さて、料理の感想を伝えるのがいいのか悪いのか?
Fine Diningを目指すような料理人は、アーティストなので、他人の意見なんか聞かなくてもいいような気もします。
Posted by tats at 2017年03月15日 21:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179094601
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック