2016年12月03日

ウイリアムのピアノコンサート

2016.12.03.01.jpg
今日はウイリアムが習っているピアノの先生が主催するコンサートに行ってきた。
ボンダイビーチの近くにある、ナーシングホームのホールで、小さな子供たちからお婆さんまで、10人くらいがピアノの発表会をする。
2016.12.03.02.jpg
このホールで演るのは二度目なので、ウイリアムは落ち着いて、クリスマスソングを弾いた。
2016.12.03.03.jpg
コンサート終了後は、ホームが用意してくれた、飲み物やサンドウィッチをつまみながらおしゃべり。
まだ弾き足りない子供たちは、ピアノの周りに集まって、いろいろな曲を弾きまくっていた。
ウイリアムが弾いていると、先生がアコーディオンで伴奏をつけてくれた。
2016.12.03.04.jpg
このホームに入っている人たちは、ほとんど寝たきりだ。
車椅子やベッドで移動してもらって、子供たちのたどたどしい演奏を楽しそうに聴いている。
そんな姿を見ると、日本のナーシングホームに居る88歳の叔母のことを思い出してしまう。
叔母は今日もピアノを弾いているかな。
posted by Tats at 19:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族と友人たち
この記事へのコメント
ナーシングホームでピアノの発表会をするのはとてもいいですね。年寄りには子供の存在だけでも、とても力になると思います。
K子叔母は今日も機嫌よく弾いてきましたよ!
ピアノのほかは読書ですが、最近は「ちいさいももちゃん」を読んでますね。先日までは「陰陽師」の漫画だったのですけど。
Posted by hal at 2016年12月03日 19:59
そう、子供たちと一緒にいるだけでエネルギーをもらえます。
甲高い声とパタパタ走り回る音を聞くと活気が出るのです。
Posted by tats at 2016年12月04日 17:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177913559
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック