2016年10月04日

金柑をもらった

2016.10.04.01.jpg
先日、ジョージ&ファーンの家に遊びに行った時、金柑を1Kgくらいもらってきた。
彼らの家の裏庭に大きな金柑の木があり、今いっぱい実をつけているのだ。
金柑は英語では、カムクォットと呼ぶ。スペルリングは「Kumquat」か「Cumquat」。中国名をそのまま英語の綴りにしたらしい。
とりあえず、水洗いしてから、アク抜きのため一晩水に漬けておく。
コンポートと金柑酒を作る予定だ。面倒くさいので種取りはしない(^^;)。
故郷の奈良の家にも昔は金柑の木があって、祖母が甘露煮などを作っていた。
金柑の独特の甘さはとても懐かしい。
posted by Tats at 12:28| Comment(2) | TrackBack(0) | シドニー日記
この記事へのコメント
形が全然違う!あんまり丸くないのですね。
Posted by hal at 2016年10月04日 22:48
ちょっと細長いよね。
今うちにステイしている子に、小型のトマトみたいと言われました。
Posted by tats at 2016年10月05日 10:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177131176
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック